「数量増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月22日財務省★フィードバック数:0ビジネス

近畿財務局のレポートです。

「近畿地区の輸出動向」を検証する -数量増加のプラス効果により輸出をけん引-

「近畿地区の輸出動向」を検証する -数量増加のプラス効果により輸出をけん引-

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の輸出動向について

最近の輸出動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクト円安にもかかわらず輸出の低迷が続いている。そのことに関して、①海外景気の停滞、②輸出企業が輸出数量増加を狙った価格設定を行っていないこと、③企業の現地生産拡大による空洞化、④日本企業の輸出競争力減退、などの理由が挙げられているが、以下ではそれぞれの理由についての妥当性を検証した。第1の海外景気との関連では、確かに最近の海外景気の停滞が日本の輸出低迷の要因になっているのは事実だが

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由過度の悲観は禁物。しかし短期と長期は慎重に。 ◆円安と海外経済の拡大が同時並行する中にありながら、輸出数量の伸びは振るわない。本稿ではその背景を探り、輸出数量増加のための条件を検証するとともに、日本経済への影響を整理する。◆円安と海外経済の回復が並行する中で輸出数量が伸びない理由としては、①輸出先の設備稼働率の水準が低いこと、②日本企業のPricing to M

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易赤字の拡大傾向が続いている。2013年11月の貿易赤字額は1兆2,941億円と、1979年の統計開始以来、3番目の赤字幅となった。また、赤字幅が2ヶ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めてのことである。貿易赤字の拡大傾向が続いている最大の理由は、2012年末以降、円安傾向が続いているにもかかわらず輸出数量がそれほど伸びていないことであろう。円安が進むと、円建て換算の輸入価格が上昇するため、一

2013年4月15日内閣府★フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

日本の貿易収支とそこに大きな影響を持つ化石燃料についてのデータです。

鉱物性燃料の輸入動向

今週の指標 No.1065 鉱物性燃料の輸入動向 ポイント2013年4月15日日本の貿易収支は、2011年4月に赤字へ転換し、2011年10月以降はほぼ横ばいで推移したものの、2012年後半以降は赤字幅が増加傾向にある(図1)。この間の輸出入金額の推移を見ると、(1)東日本大震災以降は輸出金額が減少する一方で輸入金額が増加し、(2)2011年10月以降は輸出金額が伸び悩む中で輸入金額が高止まりし、(3)足下では輸出金額以上に輸入金額が増加している。品目別輸入金額の推移を見ると、震災以降は他の品目

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ