「文化研究」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月19日クックパッド★フィードバック数:0ライフスタイル

100年の時を経て「ローストビーフ」が正月料理の新定番に

クックパッド株式会社クックパッドがレシピ検索データを活用した学術論文を発表100年の時を経て「ローストビーフ」が正月料理の新定番にクックパッド株式会社は、青山学院女子短期大学の宇都宮由佳准教授との共同研究により、20億件を超えるクックパッドのレシピ検索データと既存研究・文献を用いて分析した結果、ローストビーフなどの牛豚(以下肉)を使った特定のメニューが正月の新定番料理となりつつあることが明らかになりました。この研究成果が、2016年11月10日(木)に一般社団法人日本家政学会食文化研究部会の会誌

2014年10月21日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ハロウィンパーティとお酒の関係

【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】ハロウィンパーティとお酒の関係 2014年10月21日 【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】ハロウィンパーティとお酒の関係 2014.10.21株式会社酒文化研究所ハロウィンパーティとお酒の関係(酒文化研究所) 酒飲み1000人に聞く“酒飲みのミカタ”。今回のテーマは、「ハロウィンパーティとお酒」です。10月30日のハロウィンは、毎年メディアでも取り上げられるようになってきました。そもそもは子供が中心のイベントでしたが、扮装したパーティは非日常感が

2014年6月1日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

飲食店での「飲み」がどう変わるかの動向予測

【酒文化研究所による酒飲みのミカタ】(アンケート調査) 2014年5月30日 【酒文化研究所による酒飲みのミカタ】(アンケート調査) 2014.5.30株式会社酒文化研究所外飲みでボトルシェアが増える予兆 “酒飲みのミカタ”~5月レポート 酒飲み1000人に聞く“酒飲みのミカタ”。今月のテーマは、飲食店での「飲み」がどう変わるかの動向予測です。消費税の増税は外で飲むお酒に影響を及ぼしたでしょうか。飲食業界に関する報道では、飲み手の動向変化よりも外食産業の人手不足による閉店・営業時間の短縮など

2014年2月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ2014年2月】祝杯の酒~定番はビールだがシャンパンも浸透

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ2月】 2014年2月17日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ2月】 2014.02.17株式会社酒文化研究所「祝杯の酒~定番はビールだがシャンパンも浸透」 お酒は人間の喜怒哀楽に密接に関わりますが、その中でも人生の折々の喜びと共にあげる祝杯は特に思いの深いものです。ちょうどソチではオリンピックを開催中、応援している選手の活躍を喜び祝杯をあげる方も多いことと思います。今回は、直近一年間で祝杯をあげたときについて質問しました (※回答者は「さ

2014年1月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ホットで飲むお酒はお好きですか

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ1月】 2014年1月17日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ1月】 2014.1.17株式会社酒文化研究所酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ1月】 「ホットで飲むお酒はお好きですか」 寒い時期は、燗酒、焼酎やウイスキーのお湯割りをはじめ、温かくして飲むお酒が恋しくなります。ホットな酒を飲むというのは古くは万葉集の貧窮問答歌に出てくる糟湯酒をはじめ日本では昔から親しまれているお酒の飲み方です。近年ではワインやラム酒などホットで飲むお

2013年12月16日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ12月】「忘年会~景気回復の中で財布は緩む兆しも」

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ12月】 2013年12月16日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ12月】 2013.12.16株式会社酒文化研究所酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ12月】 「忘年会~景気回復の中で財布は緩む兆しも」 アベノミクスによる円安・株高の影響で大企業を中心に冬のボーナスの回復が伝えられています。過去数年のデフレ経済下でかなり収縮したと考えられる忘年会事情は好転したのかを聞いてみました。今年の忘年会の参加予定、やってみたい贅沢などはどのよ

2013年12月2日昭和女子大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

ブラック企業に対し、ホワイト企業です。

女子学生のためのホワイト企業ランキング(銀行・サービス業編)

女子学生のためのホワイト企業ランキング(銀行・サービス業編)発表会11月13日 「女性学生のためのホワイト企業ランキング(銀行・サービス業編)」の発表会を開催しました。 就活解禁日を目前に、「ブラック企業」の情報に不安を強いられる女子大生が多くなっています。そのような学生たちが自信を持って進路を選 び、働き続け、キャリアを積み、企業の意思決定を担うメンバーとして活躍してほしいと願い「ホワイト企業ランキング」を発表しました。女性文化研究所でプロジェクトチームを編成し、現代ビジネス研究所社会人研究員

2013年11月14日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ2013年11月】「和食の無形文化遺産登録の和酒への影響」

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ11月】 2013年11月13日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ11月】 2013.11.12株式会社酒文化研究所“酒飲みのミカタ”~11月号「和食の無形文化遺産登録の和酒への影響」 日本がユネスコの無形文化遺産への登録を目指していた「和食~日本人の伝統的な食文化」が、本年「登録」される見通しとなりました。正式決定は12月ですが、今回「登録」を勧告されたのでほぼ決定と考えてよさそうです。食関連では、「フランスの料理や食文化」「地中海周辺の

2013年10月21日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ2013年10月】「季節限定ビールはお好きですか?」

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ10月】 2013年10月12日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ10月】 2013.10.12株式会社酒文化研究所酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ10月】 「季節限定ビールはお好きですか?」秋から冬にかけては、ワイン、日本酒などでそのときだけ飲めるという季節限定の商品が数多く発売されます。そんな中で最も身近なビールでも季節限定品が各社から販売されてきましたが、今年は早くも8月下旬には大手4社が揃って秋季限定ビールを発売しました。

2013年9月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒飲みのミカタ2013年9月「人気が高まるワイナリー訪問」

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ9月】 2013年9月14日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ9月】 2013.09.14株式会社酒文化研究所「人気が高まるワイナリー訪問」昨年度の国内ワイン出荷量は、過去最高の34.4万KLに達しブームの兆しを見せています。実際にワインの増加をけん引しているのは輸入ワインで、全体の7割を占めていますが、国産ワイン、中でも日本産ぶどうを100%使用したワインにスポットが当たってきています。中高級品を中心に欧米での日本のワインの評価も高まって

2013年8月9日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

世界に飛躍する日本の酒

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ8月】 2013年8月9日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ8月】 2013.08.10株式会社酒文化研究所「世界に飛躍する日本の酒」(酒文化研究所モニターアンケート調査より “酒飲みのミカタ”~8月号 タイトル 「世界に飛躍する日本の酒」今秋以降いよいよTPP交渉も本格化してきます。日本からの輸出というとハイテク製品や自動車などに重点がおかれがちですが、日本酒をはじめ日本産の酒類(ワインやウイスキーも含めて)の輸出も増えており、政府もクー

2013年7月16日酒文化研究所フィードバック数:2ライフスタイル

酒飲みのミカタ7月【アフター晩酌の酒】

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ7月】 2013年7月12日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ7月】 2013.7.12.株式会社酒文化研究所酒飲みのミカタ7月【アフター晩酌の酒】酒文化研究所 “酒飲みのミカタ”~7月号酒文化研究所が実施するアンケート調査「酒飲みのミカタ第7回」は、「アフター晩酌の酒」を取り上げました。「サザエさん」の時代は、つまみを食べながら晩酌をスタートし締めでご飯という流れが多かったようですが、現代では晩酌と同時に食事もする方が一般的です。むしろ食

親を対象としたしつけと教育についての調査です。

しつけ・道徳教育に関する調査

[日本教育文化研究所] ,日本教育文化研究所

2010年12月14日アサヒビールフィードバック数:2ビジネス

今年の忘年会に関する意識調査

ニュースリリースアサヒビール株式会社のニュースリリース2010年12月07日アサヒビール株式会社 今年の忘年会に関する意識調査8割以上が忘年会参加に前向き! 〜アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)のアサヒビールお客様生活文化研究所は、11月24日(水)〜11月30日(火)にインターネットで、今年の忘年会に関する意識調査を実施し、3,495人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。■ 全

2010年3月23日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

お花見に関する調査

ニュースリリースアサヒビール株式会社のニュースリリース2010年03月19日アサヒビール株式会社 「お花見」の参加意向が2年連続で6割以上に!お花見に欠かせない飲み物は「ビール」が圧倒的1位! 〜 アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施 〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のアサヒビールお客様生活文化研究所は3月10日(水)〜3月16日(火)にインターネットでお花見に関する調査を実施し、4,773人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分

2009年8月24日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

ウイスキーについての調査

2009年08月17日アサヒビール株式会社ウイスキー市場に復調の兆し 2人に1人が「ウイスキー好き」愛飲者の3人に1人が「最近ウイスキーを飲む機会が増えた」〜 アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施 〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、本年8月5日(水)〜8月11日(火)にインターネットでウイスキーについて調査を実施し、3706人の有効回答を得ました。結果は下記のとおりです。 ウイスキーは、年齢とともに「憧れのお酒」から「実際に飲むお酒」

2008年12月9日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

お歳暮に関する意識調査

2008年11月21日アサヒビール株式会社お歳暮に贈りたいもの・もらいたいものナンバーワンは5年連続で「ビール」に! 〜 アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が意識調査を実施 〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、本年11月12日〜11月18日にインターネットでお歳暮に関する意識調査を実施し、4323人の有効回答を得ました。結果は下記のとおりです。■ 全体の7割近くがお歳暮ギフトを検討、ここ数年下降気味だった傾向に復調の兆し。■ お歳暮に贈りたいもの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ