調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新入社員意識調査

「新入社員意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

仕事センスに関する意識調査

動画を再生するにはvideoタグをサポートしたブラウザが必要です。 新入社員の教育で大切なことは何でしょうか?配属先から「今年の新人は違うね!」と評価されるような教育ができていますか?新入社員は、「正解のない難しさ」や「理屈どおりにいかない不条理さ」等の厳しい仕事の現実に直面していく中で、仕事ができる人材と伸び悩む人材にはっきりと分かれていきます。いったい何が違うのでしょうか。 その大きな違いは、単に知識・技術を持っているということよりも、「顧客や組織の様々な期待に応えるために、周囲の状況を感じ

2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【ニュースリリース】 2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果【ニュースリリース】 2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果~生活のバランスは「自分ファースト」。理想の上司は「寛容型」~ 2017年05月09日三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 秀延)は、「2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果」を発表いたします。詳細は全文紹介をご覧ください。本件に関するお問い合わせ

2016年8月9日マイナビフィードバック数:0ビジネス

2016年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2016年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~』を発表社会人生活に期待することは、自身の「成長」から「収入」へシフトし、「収入」は過去最高の56.0%株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2016年4月入社の新入社員を対象とした「2016年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~」の結果を発表しました。本調査は、当社がサービス提供する「

今年の新入社員は何を求めているのか?~2016年度新入社員意識調査より~

2016年新入社員調査より 今年の新入社員は何を求めているのか? 今年の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか?弊社では、毎年、新入社員に対して意識調査を行っています。本調査は、新入社員の期待や不安などの5つの質問について、それぞれの選択肢のうち、当てはまるものを最大3つまで選択する形式で行いました。2016年3月24日〜4月8日に、全国各地で開催した新入社員導入研修「8つの基本行動」の当該期間での受講者1,029名(男女比=約6:4/最終学歴:大

2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【ニュースリリース】 2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果【ニュースリリース】 2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果~給料の多さよりも働きやすさを求める新入社員。理想の上司は「いぬ」~ 2016年05月06日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果」を発表いたします。

2015年7月30日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2015年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~』を発表新入社員の約9割が「この会社に入社してよかった」と回答。社会人生活が「想像よりも厳しくなかった」という回答が、前年比6.4pt増の35.6%と増加株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年4月入社の新入社員を対象とした「2015年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~」の結果

2015年6月24日日本マンパワーフィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員意識調査2015

日本マンパワーWebサイト グローバル インデックス 日本マンパワーの広報発表情報をご覧いただけます 会社には良い人材を、人には良い仕事を。日本マンパワーにおける「人材」とは

滋賀県での調査です。

2015年 新入社員意識調査

2015年 新入社員意識調査

2015年5月25日西日本シティ銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員調査です。

2015年度九州・山口地区の新入社員意識調査アンケート

2015年度九州・山口地区の新入社員意識調査アンケート

新入社員調査です。

2015(平成27)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【プレスリリース】 2015(平成27)年度 新入社員意識調査アンケート結果【プレスリリース】 2015(平成27)年度 新入社員意識調査アンケート結果-定着する「ゆとり」意識、理想の上司は「寛容型」- 2015年05月01日当社では、毎年3月下旬~4月上旬に新入社員を対象とするセミナーを開催し、その受講者に対してアンケートを実施しています。今年度は、東京、名古屋、大阪にて合計40講座を開催し、1,400名の新入社員が受講しました。本アンケートの集計・分析結果をレポ

2015年4月27日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

マイナビの調査です。

2015年マイナビ新入社員意識調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 2015年度の新入社員は、「社会人生活への期待」が4年連続減少し、調査開始以来初めて「仕事よりもプライベート優先」が5割を超える株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年4月入社の新入社員を対象とした『2015年マイナビ新入社員意識調査』を発表しました。本調査は、マイナビ実施の新入社員研修に参加した各企業の新入社員2,786名にアンケートを実施

2014年7月24日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員調査です。

2014年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2014年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~』を発表~ 今年の新入社員の約9割が「この会社に入社してよかった」と回答。一方、「社会人になって厳しいと感じた」新入社員は約7割と増加傾向に ~ 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2014年4月入社の新入社員を対象とした「2014年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~」の結果を発表し

新入社員調査です。

2014年度「新入社員意識調査」

2014年度「新入社員意識調査」

新入社員調査です。

「今年の新入社員が求めていることとは?」~2014年新入社員意識調査より~

2014年新入社員調査より 今年の新入社員が求めていることとは? 今年の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか? 実際の研修場面で見られた特徴も踏まえながら、調査結果を解釈していきます。リクルートマネジメントソリューションズでは、毎年、新入社員に社会人としてのスタートをきるにあたっての意識調査を行っています。調査は、「新入社員の期待や不安を明らかにすること 」を目的に、5つの質問についてそれぞれの選択肢のうち、当てはまるものを最大3つまで選択する形

新入社員調査です。

2014(平成26)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【プレスリリース】 2014(平成26)年度 新入社員意識調査アンケート結果2014年05月02日当社では、毎年3月下旬~4月上旬に新入社員を対象とするセミナーを開催し、その受講者に対してアンケートを実施しています。今年度は、東京、名古屋、大阪にて合計38講座を開催し、1,338名の新入社員が受講しました。本アンケートの集計・分析結果をレポートとしてまとめましたので、ご報告します。【アンケート調査結果概要】○男性は出世意欲が強いが、女性は好きな仕事を楽しくする方が重

2013年7月25日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

入社3カ月での調査です。

2013年マイナビ新入社員意識調査~3カ月後の現状~

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2013年マイナビ新入社員意識調査~3カ月後の現状~』を発表~ 今年の新入社員は約9割が「社内にロールモデルがいる」「この会社に入社してよかった」と思ったと回答。一方、約7割がプライベート優先の生活を送りたいと回答し、増加傾向に ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2013年4月入社の新入社員を対象とした「2013年マイナビ新入社員意識調査~3

2013年新入社員意識調査

2013年新入社員意識調査 ゆとり世代の新入社員は何を求めているのか? リクルートマネジメントソリューションズでは、毎年、新入社員に社会人としてのスタートをきるにあたっての意識調査を行っています。今春の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか? 実際の研修場面で見られた特徴も踏まえながら、調査結果を解釈していきます。調査は、「新入社員が入社にあたり、どのような期待や不安を抱えているのかを定量的に明らかにすること 」を目的に、5つの質問についての選択肢

「どんな仕事でも一生懸命に」前向きな姿勢(「13年新入社員意識調査」より)

「どんな仕事でも一生懸命に」前向きな姿勢(「13年新入社員意識調査」より)

2011年度新入社員意識調査結果報告

2011年度新入社員意識調査 厳しい“就活”は、新入社員を積極的にした? 一層厳しさを増した就職活動をくぐりぬけた2011年の新入社員。弊社の新入社員研修「8つの基本行動」の各会場で、自らを「ゆとり世代」と称する一方で、「だからこそ、“これだからゆとりは・・・”と言われないように頑張りたい!」と、前向きで積極的な姿勢を見せていた彼/彼女たちは、今、何を感じているのでしょうか。彼/彼女たちについて理解を深めるために、これからご紹介する弊社のデータをご活用いただければ幸いです。 調査概要 弊社のリク

2011年5月2日マイナビ★フィードバック数:4キャリアとスキル

マイコミによる新入社員調査です。

2011年マイコミ新入社員意識調査

2011年マイコミ新入社員意識調査

2010年5月17日日本生産性本部フィードバック数:6キャリアとスキル

第21回 2010年度 新入社員意識調査

1.内定が出た会社数は「1社」(就職した会社のみ)とする回答が直近4年で最高(61.7%)2.「就職した会社は第1志望」とする回答が最も多いが、減少に転換(71.5%)3.就職活動のとき、会社を選ぶ基準にしたことは・・・(新設問)1位「仕事に魅力を感じた」(37.1%)2位「経営・業績の安定」(14.9%)3位「社員・社風に魅力を感じた」(11.8%)4.有益な情報を入手した際、「周りの上司、先輩に対して積極的に情報を提供する」が過去最高(75.0%)5.「今の会社に一生勤めようと思っている」が

2009年4月27日日本生産性本部フィードバック数:5キャリアとスキル

第20回 2009年度 新入社員意識調査

1.担当したい仕事は「チームを組んで成果を分かち合える仕事」が過去最高(83.5%)2.「今の会社に一生勤めようと思う」が昨年に比べ大幅に増加、過去最高(55.2%)3.「良心に反する手段でも指示通りの仕事をする」が過去最高(40.6%)4.「仕事を通じてかなえたい『夢』がある」が4年連続で増加、過去最高(71.6%)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ