「新聞離れ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「新聞」に関するアンケート

● 「紙」の新聞は、今もニュースを見聞きする主要な手段の一つ・・・普段の利用は61.8%● 「紙」か「電子版」かでは、今後も「紙」中心の利用?若い世代は新聞離れが顕著!インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「新聞」についてアンケートを行い、ネットニュース利用が広がりをみせる中での、「紙」の新聞の利用状況、「紙」と「電子版」の新聞についての今後の利用意向、「新聞」に関するエピソードなどについてまとめました。調査は2016年2月23日〜3月4日にかけて実施し、D

2016年4月9日プラネットフィードバック数:0マーケティング

新聞に関する意識調査

From プラネット Vol.35<新聞に関する意識調査>「電⼦版」含め“新聞離れ”進むも、 「紙」の新聞に代わるものなし〜⽣活に溶け込んでいる「紙」の新聞は、個⼈の思い出や記憶と結びついている〜国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社 長:田上正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第35号として、新聞に関する意識調査の 結果をご紹介します。■ 「紙」の新聞を読んでいる⼈…70代では88.5%

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

最近、新聞を読んでいますか?(2007/10)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査ここ最近、とかく若者の「新聞離れ」が進んでいるという話しを耳にします。考えてみれば、テレビ、インターネットのほか様々な情報源が増えた今日、新聞以外からニュースを入手している人も結構多いのではないでしょうか。そこで今回は、皆さんに新聞購読の有無についてご意見を聞きました。 7割以上の人が「ほぼ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ