調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国債券

「新興国債券」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

過去の好パフォーマンス資産から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月9日2014年の金融市場は、米国の景気回復と主要先進国の低金利政策の継続により、株式や債券は底堅さを見せる一方、一部の新興国の景気減速や地政学的リスクの高まりなどを背景とした投資家のリスク回避的な動きが目立ちました。特に、年後半は、原油価格の大幅な下落などを背景に、産油国を中心とする新興国経済への影響が懸念され、新興国株式は軟調となる場面が多くありました。REITについては、米国の景気回復基調の強まりや日本の脱デフレ政策などに

2014年の振り返り(世界の債券市場) QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2014年の振り返り(世界の債券市場)QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】 2014年の振り返り(世界の債券市場)QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】2014年12月26日相対的に高い米国国債利回り ■米国は、量的金融緩和(QE)の縮小と終了という金融政策の大きな転換点を迎えました。景気は回復基調を辿りましたが、期待インフレ率が高まらない中、相対的に高い利回りに注目が集まり、米国国債利回りは若干低下しました

戻り基調の新興国債券

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月23日新興国債券は、2013年9月頃から戻り基調となっており、足元では昨年の高値水準に近づきつつあります。昨年5月以降、米国の量的緩和縮小懸念の高まりから、米国金利が急上昇するとともに、新興国債券市場から資金が流出しました。これに伴ない、信用リスクを示すとされるスプレッド(新興国債券利回り-米国債利回り)も拡大するなど、新興国リスクが強く意識されたことで、新興国債券は大きく下落しました。しかしながら、その後、資金流出に見舞われ

エマージング市場の動向と投資見通しについて

エマージング市場の動向と投資見通しについて2014年2月5日情報提供資料エマージング市場の動向 昨夏にFRB(米連邦準備理事会)が金融緩和の縮小に言及した際はエマージング資産は大きく売り込まれたものの、実際に金融緩和縮小が決定された2013年12月以降の数週間は比較的落ち着いた動きとなっていました。しかし、2014年1月中旬から中国のシャドーバンキングに対する懸念、トルコ・リラの不安定な動き、アルゼンチンの通貨切り下げ、ウクライナおよびタイにおけるデモといった各国のニュースが重なったことで、市

Market eyes No.116【2014年『新興国債券』の投資環境】

Market eyes No.116【2014年『新興国債券』の投資環境】

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ