調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国市場

「新興国市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度 新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(新興国における主要物品の需要拡大予測を踏まえた国際展開モデルの構築に関する調査))調査報告書

平成26年度 新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(新興国における主要物品の需要拡大予測を踏まえた国際展開モデルの構築に関する調査))調査報告書

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(インド:IT・エレクトロニクスに係る日印政策対話))

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(インド:IT・エレクトロニクスに係る日印政策対話))

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(ロシア:日露投資促進のための枠組みの在り方に関する調査事業))最終報告

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(ロシア:日露投資促進のための枠組みの在り方に関する調査事業))最終報告

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新興国市場開拓事(技術実証を通じた相手国での新技術等の普及促進事業(中東、東南・中央アジア:我が国IT・エレクトロニス技術による新興国の社会的課題解決ため政策対話及び性能“見える化”セミナー))報告書

平成26年度新興国市場開拓事(技術実証を通じた相手国での新技術等の普及促進事業(中東、東南・中央アジア:我が国IT・エレクトロニス技術による新興国の社会的課題解決ため政策対話及び性能“見える化”セミナー))報告書

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(インドネシア:知日派育成))(日本語版)

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(インドネシア:知日派育成))(日本語版)

自動車部品メーカーのM&A動向

2014年後半、独ZFによる米TRWの買収や、トヨタによるグループサプライヤーの再編が報道された。自動車産業を取り巻く環境は劇的な変化を続ける中、日系自動車部品メーカーの視点から近年のM&A動向を検証し、今後の産業全体の潮流を踏まえ生き残りに向けた示唆を提示する。(Automotive Newsletter Vol.21 2015/2) M&Aのすゝめ昨今の自動車業界を取り巻く競争環境は劇的に変化し続けている。2014年後半には、独ZFによる米TRWの買収や、トヨタによるグループサプライヤ

2014年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(新興国市場獲得に向けた法制度等の基礎調査)調査報告書(和文)

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(新興国市場獲得に向けた法制度等の基礎調査)調査報告書(和文)

世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える 2014年に入ってからの主要国の国債(現地通貨建て)の動きをみると、新興国および高金利国の強い動きが目立っています。昨年は、米国の量的緩和の縮小への警戒感が高まった5月以降に、投資家がリスク回避的な姿勢を強め、相対的にリスクが高いとされる新興国を中心に投資資金を引き揚げる動きがみられた一方、先進国に資金が流入する傾向がありました。しかし、量的緩和の縮小が決定した昨年12月以降は、

2014年2月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

世界経済の潮流変化を反映する新興国市場の混乱

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 2 月 25 日No.2013-042世界経済の潮流変化を反映する新興国市場の混乱調査部 上席主任研究員 牧田健《要 点》 リーマン・ショック以降、先進国が大胆な金融緩和を行うなかで、新興国は高い成長期待を背景に投資資金の受け皿となってきた。しかしながら、①米国での景気の本格回復に伴う金融政策正常化の動き、②中国での過剰投資是正に伴う成長鈍化など、新興国向け投資を促してきた環境に大きな変化。その結果、新興国から資

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

2014年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

揺れる新興国市場 ~やはりテーパリングは早かった?~

Market Watching市場レポートテーマ:揺れる新興国市場発表日:2014年1月27日(月)~やはりテーパリングは早かった?~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)アルゼンチン・ショック新興国市場からの資金流出が強まっている。最初のきっかけは、1/23に発表された中国のHSBC製造業PMI(景況指数)が市場予想を下回ったことだが、それに続いてアルゼンチンがアルゼンチンペソの下落を事実上容認する政策を執ったことで、新興国への不安感が一気に拡散する格好とな

2013年11月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクストレードは半年振りに復活か

リサーチ TODAY2013 年 11 月 26 日アベノミクストレードは半年振りに復活か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創アベノミクスとされる安倍政権の経済政策がスタートして1年近くが経過した。2013年を振り返ると、ファンドを中心としたグローバルな投資家の関心は下記の通り推移した。1月~5月:アベノミクストレードとして、円安、日本株購入。6月~8月:新興国トレードとしてQE3縮小観測に伴う新興国売りでトリプル安(通貨安、株安、債券安)9月~10月:米国債務問題不安。11月以降、世界的

アジア新興国市場で利益を創出する

EY Japan、「アジア新興国市場で利益を創出する」と題する調査報告書を公表~日本の消費財・流通企業がアジア新興国市場で成功を収めるための6つの提言~新日本有限責任監査法人などの法人から構成されるEY Japanは、このたび、日本の消費財・流通企業がアジア新興国市場で直面している課題と成功要因について取りまとめた、「EY Japan、「アジア新興国市場で利益を創出する―日本企業への6提言―」と題する調査報告書を公表しました。この調査報告書は、2013年春、EYが、アジアに展開する消費財・流通業

2013年世界医療機器市場の発展動向

世界医療機器市場は発展の可能性あり 新興市場への積極的戦略が可能 BMIの統計によると、2012年世界医療機器の市場規模は3046億ドルであり、2015年には3684億ドルに達すると予測され、2012ー2015年の予想複合成長率は6.5%である。2012年において、45.7%のシェアを占めているアメリカ地域は依然として、世界第1位の医療機器市場であり、25.7%のシェアを占めている西ヨーロッパは世界第2位の市場であるが、欧州債務危機により、世界シェアと成長幅は顕著に大幅衰退している。一方、新興国

2013年5月30日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査(新興国市場開拓にかかる調査・分析)調査報告書

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査(新興国市場開拓にかかる調査・分析)調査報告書

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ