調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国景気

「新興国景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グラフで見る東海経済(2015年6月)

2015年06月24日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きが一服している。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、4月の実質輸出が2ヶ月ぶりに減少したが、均してみると横ばい圏で推移している。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加するなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。有効求人倍率は高水準ながら横ばいとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、大企業にお

グラフで見る東海経済(2015年5月)

2015年05月27日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、3月の実質輸出が2ヶ月ぶりに大きく増加した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が高水準で横ばいとなるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業の投資は増加している

グラフで見る東海経済(2015年4月)

2015年04月22日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で一服している。輸出は、2月の実質輸出が3ヶ月ぶりに大きく減少した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業は

グラフで見る東海経済(2015年3月)

2015年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。輸出は、1月の実質輸出が2ヶ月連続で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業

2015年3月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の輸出回復への過度な期待は禁物-ユーロ安効果は小さく、新興国景気は減速

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年 3 月 26 日No.2014-059ユーロ圏の輸出回復への過度な期待は禁物―ユーロ安効果は小さく、新興国景気は減速―調査部 研究員 井上恵理菜《要 点》 ユーロ圏において、2008 年からの景気低迷期には、輸出が景気の下支え役を果たしてきた。 足許で、ECBの金融緩和を背景としたユーロ安が輸出の押し上げに寄与するとの期待が高まっているものの、以下二点から、輸出の力強い回復は見込み難い。 第一に、イタリアやフ

グラフで見る東海経済(2015年2月)

2015年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。実質輸出は、1月に3ヶ月ぶりに前月比増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工、公

グラフで見る東海経済(2015年1月)

2015年01月23日【今月の景気判断】東海経済は、横ばい圏で推移している。生産は、14年前半の減少傾向の後、持ち直しつつあるが、在庫が大幅に増加するなど一部に弱い動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工は

グラフで見る東海経済(2014年12月)

2014年12月25日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡したが、その後は、横ばい圏で推移しており、消費増税前の水準に戻っていない。設備投資は、増加が一服している。住

グラフで見る東海経済(2014年11月)

2014年11月26日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、9月に2ヶ月ぶりに前月比で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する一方で、愛知県の求人倍率が低下するなど一部に弱い動きがみられる。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が

2014年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

政権2年目、韓国が直面する苦悩 ~外需を取り巻く厳しさに加えて、内需にも足かせが多数~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート政権2年目、韓国が直面する苦悩~外需を取り巻く厳しさに加えて、内需にも足かせが多数~発表日:2014年1月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 先進国は景気拡大の一方、米国のQE3縮小などで新興国景気が厳しいなか、外需依存度の高い韓国経済は岐路に立っている。ウォン高による輸出競争力低下や、資源価格の高止まりで交易条件の改善は頭打ちしている。交易条件の悪化は景気の下押しや経常

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年は新興国の「終わりの始まり」になるリスク ~主要新興国で「政治の季節」、経済の行方を大きく左右することは不可避~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート2014年は新興国の「終わりの始まり」になるリスク~主要新興国で「政治の季節」、経済の行方を大きく左右することは不可避~発表日:2013年12月26日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 新興国経済は米国のQE3縮小を巡る国際金融市場の混乱をきっかけに大きく変化している。近年、世界経済のけん引役と期待を集めたが、これを演出した過剰流動性の「終わりの始まり」がみえ、成長サイクルに

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年11月) ~外部要因による影響は増しているが、アジアは緩やかな景気拡大を維持へ~

1/10Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年11月)~外部要因による影響は増しているが、アジアは緩やかな景気拡大を維持へ~発表日:2013年11月14日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨)アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率2013 年予測中2014 年予測2015 年予測国+7.7%(前回+7.4%)+7.5%(前

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年8月14日2013年4∼6月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2013・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2013年:+1.4%(6月予測+1.6%)2014年:+2.2%(6月予測+2.2%)◆欧州経済:輸出主導で2013年後半の景気は緩やかに回復。201

2013年8月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年8月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調に復帰へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し。:相場見通し、ユーロ相場見通し

為替相場展望2013年8月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆米金融緩和の出口に対する思惑に翻弄されるドル円相場・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ECBのフォワード・ガイダンス導入後も底堅いユーロ・・・・・・

2013年7月10日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

「新興国危機」は本当か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「新興国危機」は本当か?通貨戦争はなかった。従って逆流もない ◆リスク・オフが沈静化し、新興国通貨の下落も止まっているが、米国をはじめとした先進国の超金融緩和からの転換がどのような副作用を及ぼし、世界経済がそれをどう乗り切っていくかは、今後、数年にわたって重要なテーマであり続けよう。◆ただし、それが新興国危機を引き起こすというのは行き過ぎた懸念である。一つには、リーマン・ショック後の激動の時期を、連鎖

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ