調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国経済

「新興国経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

新興国経済展望2015年3月号:景気の方向感は各国でバラつき

ただいまサイトのメンテナンスを実施しております。ご迷惑をお掛けいたしますが、メンテナンス終了まで今しばらくお待ちください。The Japan Research Institute, Limited

2014年12月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済展望2014年12月号:景気は総じて低調

新興国経済展望2014年12月号:景気は総じて低調

電気機器の輸出入の動向です。

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に―

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― | ニッセイ基礎研究所 電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― 経済研究部 研究員 岡 圭佑日本の貿易収支は、リーマンショックにより海外経済が悪化した2008年度に黒字幅が2.1兆円(07年度:10.8兆円)と大幅に縮小した後、10年度に6.6兆円まで改善したが、東日本大震災が発生した11年度に赤字に転落した。その後は赤字幅が拡大し続け、13年度は▲11.5兆

2014年9月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済展望2014年9月号:景気の方向感は各国でバラツキ

新興国経済展望2014年9月号:景気の方向感は各国でバラツキ

2014年6月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済展望2014年6月号:各国とも景気は減速

新興国経済展望2014年6月号:各国とも景気は減速

2014年1月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか

新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない~先進国の後追い的景気回復へ~ ◆近年の新興国経済の停滞の主たる背景となってきたのは、第一に中国の成長鈍化、第二には、新興国の先進国頼み的な経済体質の継続にあった。改めて確認すべきは新興国の成長鈍化は2011年から継続してきたのであり、「テーパリング」騒ぎはせいぜい追加的な悪材料でしかなかったことだ。米国の金融政策転換の負

2013年11月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

チリ 持ち直し-輸出増で消費増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点チリ持ち直しNo.2013-139 2013年11月25日http://www.jri.co.jp~ 輸出増で消費増 ~(1)チリ経済が持ち直し(図表1)。季節調整を施して前期比年率ベースでみると、実質経済 成長率は昨年10~12月の9.1%をピークに期を追って鈍化。前期4~6月には1.3%に。2011年 7~9月の1.0%以来の低成長。しかし、今期7~9月は一転して5.4%成長。寄与度をみると、 純輸出が前期4~6月に引き続いて+3.2%で最大。次いで民

やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国

やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国 | ニッセイ基礎研究所 やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (グローバル化の進展)グローバル化の進展が言われて久しい。普段の生活を振り返っても衣服や食事・家電など、世界各地から輸入してきたモノを使っているし、逆に日本から輸出しているモノも多い。インターネッ

2013年8月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~ 2013年1月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 児玉 卓新興国リサーチチーム◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ