調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国経済

「新興国経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年5月16日[海外経済]先進国を中心に回復◆米国経済:家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2014年:+2.3%(3月予測+2.5%)2015年:+2.8%(3月予測+2.7%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、南欧諸国の低迷により、成長率は1%台前半にとどまる見通し2014年:+1.0%(3月予測+1.2%)2015年:+1.3%(3月予測+1.3%)◆アジア経済:緩やかな景気拡大が見込まれるが、過剰投資是正

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ~経済・金融の動向~米国金融・経済3 月 18~19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)からさらに縮小し、4 月から 550 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0~0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標であ

今月の経済・金融情勢2014年3月24日号

2014.3.24今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年3月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 3 月1.米国では、3月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年2月(650億ドル)からさらに縮小し、4月

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年2月(東海)

2014 年 2 月 19 日東海経済レポート(2014 年 2 月)~景気回復基調が続く中、海外経済動向等がリスクに~経済調査室(名古屋)1.足元の経済情勢9 生産は、12 月は前月比+2.3%と 3 ヵ月振りに増加。電子部品・デバイスが大幅に増加し、全体を牽引。9 輸出(金額、円ベース)は、12 月に前月比▲2.5%と 3 ヵ月振りに減少したが、引き続き高水準を維持。9 設備投資については、その先行指標である金属工作機械の国内受注額が、12 月は前年比+64.5%と 5 ヵ月連続でプラス。9

足元のグローバル市場動向と見通しについて

2014年1月27日足元のグローバル市場動向と見通しについて情報提供資料新興国経済の不安からリスク資産は軟調な展開先週は新興国経済の不安からリスク資産、特に新興国通貨が大きく売り込まれる展開となりました。直近の新興国をめぐる不安定な動きは、以下の情勢が重なったことに端を発しています。 中国:1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.6と前月の50.5から低下し、景況の改善・悪化の節目となる50を6カ月ぶりに下回り、中国の景気減速が市場で強く意識されました。また、中国工商銀行が販

2014年1月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか

リサーチ TODAY2014 年 1 月 14 日新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は世界の経常収支の推移である。一般的に国家の信用状況を分析するソブリン格付けでは経常収支が重視される。2012年、2013年と新興国経済の減速不安が生じたのは、下記の図表に示されるように新興国では経常収支が大幅黒字から赤字に転じ、その結果、国内を緊縮気味に運営する必要が生じた面が大きい。実際、2013年半ばにかけて新興国でトリプル安になった国々の多く

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない~先進国の後追い的景気回復へ~ ◆近年の新興国経済の停滞の主たる背景となってきたのは、第一に中国の成長鈍化、第二には、新興国の先進国頼み的な経済体質の継続にあった。改めて確認すべきは新興国の成長鈍化は2011年から継続してきたのであり、「テーパリング」騒ぎはせいぜい追加的な悪材料でしかなかったことだ。米国の金融政策転換の負

2013年11月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクストレードは半年振りに復活か

リサーチ TODAY2013 年 11 月 26 日アベノミクストレードは半年振りに復活か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創アベノミクスとされる安倍政権の経済政策がスタートして1年近くが経過した。2013年を振り返ると、ファンドを中心としたグローバルな投資家の関心は下記の通り推移した。1月~5月:アベノミクストレードとして、円安、日本株購入。6月~8月:新興国トレードとしてQE3縮小観測に伴う新興国売りでトリプル安(通貨安、株安、債券安)9月~10月:米国債務問題不安。11月以降、世界的

やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国

やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国 | ニッセイ基礎研究所 やっぱり気になる?アメリカ、中国、そして韓国 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (グローバル化の進展)グローバル化の進展が言われて久しい。普段の生活を振り返っても衣服や食事・家電など、世界各地から輸入してきたモノを使っているし、逆に日本から輸出しているモノも多い。インターネッ

国際収支(1)

http://www.nochuri.co.jp/連載新興国ウォッチ! <第 17 回>国 際 収 支 (1)多田国際収支から新興国をみる忠義終的にファイナンスされるため、経常赤字であることをもって、ファンダメンタ国際収支(Balance of Payments; BoP)ルズが弱いと評価するのは早計である。は、ある一定期間(例えば年単位)、自国の居住者(個人や企業、政府)が外国の中国の経済成長が高成長から中成長へ居住者との間で行われた様々な取引のうシフトしたことによりモノやお金のフロち、モノや

回復傾向を強める国内景気~注目を集める消費税増税の最終判断~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融回 復 傾 向 を強 める国 内 景 気~注 目 を集 める消 費 税 増 税 の最 終 判 断 ~南 武志要旨2013 年上期は年率 3%超の経済成長率となるなど、国内景気は着実に回復している。企業設備投資はまだ軟調だが、先行き持ち直しに転じる可能性を示す動きも散見される。新興国経済への懸念は燻っているものの、13 年度内は内外需の両輪揃った経済成長が実現するだろう。また、物価についても、円安効果や需給改善などによって下落圧

2013年8月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

最近の新興国通貨下落とインド経済

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート海外経済金融最 近 の新 興 国 通 貨 下 落 とインド経 済多田 忠義要旨先進諸国での金融緩和によって発生した過剰流動性により、新興国へのマネー流入が増大してきた。しかし、最近では米国における量的緩和第 3 弾(QE3)の規模縮小が近い将来開始されるとの見方が強まり、新興国の多くで株安、米ドル高が進んだ結果、株価の水準は11 年の欧州債務危機や米財政問題が不安視されたときの水準まで下げた。新興国は経常・財政収支ともに赤字であること

2013年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正

リサーチ TODAY2013 年 5 月 20 日四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、17日にみずほ総合研究所は定例の四半期毎の『内外経済見通し』を発表した1。今回の見通しは、米国や日本経済を中心に前回3月に行った上方修正に沿ったものである。前回はみずほ総合研究所として、ここ数年来のシナリオを大きく転換した。そのポイントとなったのは米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回も、米国についてはその後の改善を受けて更なる上方修正

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~ 2013年1月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 児玉 卓新興国リサーチチーム◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ