調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新興国通貨

「新興国通貨」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月10日市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~ 6月5日に発表された5月の米雇用者数が市場予想を上回ると、同国の年内利上げ観測を背景にメキシコ・ペソが対米ドルで売られました。そして、ペソの対米ドル・レートは、3月に付けた水準を下回り、1993年の通貨単位変更以降の最安値を更新しました。こうしたペソ軟調の主な背景として、米国での利上げとそれに伴なう同国債券利回りの上昇などを受け、これまで新興国

2014年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界の金融関係者が注目する市場変動要因はなにか

リサーチ TODAY2014 年 12 月 12 日世界の金融関係者が注目する市場変動要因はなにか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回は昨日に引き続き、欧米の出張記録第2弾である。今回、筆者のニューヨーク出張の目的はIIF(TheInstitute of International Finance)内にあるグループの1つ、The Market Monitoring Group(MMG)がニューヨークで開催した定例会合への出席であった。IIFはグローバルな債務危機に対処して1983年にで

慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月26日慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は22日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(10%→9.5%)を決定しました。市場では金利据え置き見通しが有力でしたが、トルコ・リラは週末にかけて対米ドルで強含みの展開となりました。予想外のタイミングでの利下げにもかかわらず、リラが下落を免れた背景には、中央銀行が今回の判断の理由に挙げた、“不確実性の低下とリスク・プレミアム指標の改善による市中金利の低下

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月4日中国では、企業景況感が悪化傾向にあるだけでなく、今年1~2月に鉱工業生産などの主要経済指標がそろって数年ぶりの低い伸びにとどまったことなどから、景気の先行きに対する警戒感が強まりました。そうした中、国務院(内閣)は2日、中小企業に対する税制優遇措置の拡充、鉄道建設の加速、低所得者居住地域の再開発からなる景気下支え策を発表しました。当局が景気下支えに動くとの観測が台頭し、事前に株価が反発していたこと、具体策が想定の範囲にとど

足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月1日足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場 昨年5月以降、米国の長期金利の上昇をきっかけに、新興国の通貨や株式市場が下落し、中でも、経常赤字やインフレ率の高さ、軟調な経済情勢などを背景に、ブラジルの通貨および株価の下落が大きくなりました。今年に入ってからもアルゼンチン・ペソの急落に伴なう新興国通貨不安の高まり、中国景気の先行き不安、ウクライナ情勢の緊迫化などが続き、ブラジル金融市場の重石となりました。しかしなが

信頼回復に努めるブラジル当局

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日ブラジル中央銀行は26日、政策金利の引き上げ(10.5%→10.75%)を金融政策委員会で決定しました。利上げは昨年4月以降、8会合連続となりますが、今回の利上げ幅は過去6回の0.5ポイントから縮小され、0.25ポイントとなりました。利上げ幅縮小の背景の一つに、政府が先週20日、2014年の歳出削減を発表し、インフレ抑制や財政規律を重視する姿勢を示したことが挙げられます。景気低迷と財政悪化を背景に、格付会社は昨年、同国の

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国通貨が激震する理由 ~QE3縮小、「終わりの始まり」の続き~

新興国通貨が激震する理由 ~QE3縮小、「終わりの始まり」の続き~

金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに

2014年1月29日楽読(ラクヨミ) Vol.761金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに先週末から今週にかけて、新興国市場の混乱が世界の金融市場を大きく動揺させました。中国景気に対する懸念が高まったことに続き、アルゼンチンが自国通貨の下落を事実上容認する政策をとったことから、新興国に対する警戒感が一気に拡がりました。加えて、FRB(米連邦準備制度理事会)が29日まがががで開くFOMC(米連邦公開市場委員会)では、毎月の資産購入規模について100億米ドル減額の決定が見込

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ | ニッセイ基礎研究所 金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年も残すところ数日となった。今年は「アベノミクス」に代表されるように経済の明るいニュースが増え、日本国内の投資家には良好な成績を収めた方

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

それでも米債は売られない。それでも新興国通貨は売られない。 やっぱりJPYは買われない

それでも米債は売られない。それでも新興国通貨は売られない。 やっぱりJPYは買われない

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ADPは雇用統計上振れ示唆、新興国通貨は耐えた

Global Market Outlook ADPは雇用統計上振れ示唆、新興国通貨は耐えた

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013年11月28日No.2013-34不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済― 米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的 ―調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 減速が続いてきた世界経済は、2013年春以降持ち直しの動き。ただし、新興国の景気減速を受け、世界経済全体では引き続き力強さを欠いた状況。新興国での大幅な景気減速の主因として、①米国での量的緩和縮小観測を受けた新興国からの資金流出

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 9月の人民元は、基準値が上昇する一方、現物実勢はほぼ横ばいで、基準値と現物実勢の乖離は0.4%まで縮小した。また、9月には米国でQE3縮小が見送られたことから新興国通貨が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ