調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 新車販売台数

「新車販売台数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年8月) ~自動車販売の回復が見えてこない~

新車販売台数(2014年8月) ~自動車販売の回復が見えてこない~

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年7月) ~自動車販売の戻りは鈍いまま~

新車販売台数(2014年7月) ~自動車販売の戻りは鈍いまま~

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年6月) ~反動減後の戻りが鈍い~

新車販売台数(2014年6月) ~反動減後の戻りが鈍い~

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年5月) ~自動車販売の減少幅は前回増税時よりも小さい~

新車販売台数(2014年5月) ~自動車販売の減少幅は前回増税時よりも小さい~

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年4月) ~駆け込みの反動から減少も、落ち込み幅は想定の範囲内にとどまる~

新車販売台数(2014年4月) ~駆け込みの反動から減少も、落ち込み幅は想定の範囲内にとどまる~

2014年4月2日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年3月) ~駆け込み需要はピークアウト。4月は大幅減が必至。~

新車販売台数(2014年3月) ~駆け込み需要はピークアウト。4月は大幅減が必至。~

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0マーケティング

個人消費の基調と消費税率引上げに伴う駆け込み需要の現状評価

*【概要】1.本稿では、耐久財を中心に個人消費における消費税率引上げに伴う駆け込み需要の発現状況を分析する。また、2014 年1月までのデータなどをみる限り、駆け込み需要の影響が少ないサービス消費を整理することで、個人消費の基調の評価を試みる。2.自動車の駆け込み需要は、1997 年の消費税率引上げ時(以下「前回」という。)よりも大きい可能性がある。新車販売台数の増加を所得要因や株価要因、ストック要因、「その他」要因の寄与に分解すると、「その他」の寄与が、前回より今回の方が大きい。ただし、「その

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年2月) ~駆け込みの規模は前回よりも大きい

新車販売台数(2014年2月) ~駆け込みの規模は前回よりも大きい

2014年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新車販売台数(2014年1月) ~引き続き駆け込み需要が押し上げ~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2014年1月)発表日:2014年2月3日(月)~引き続き駆け込み需要が押し上げ~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(万台)(%)乗用車販売台数(季調値)乗用車販売台数(前年比寄与度)12048464442403836343230282624222018軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-4011121314-6010111213(出所

2014年1月7日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2013年12月) ~駆け込み需要が押し上げ~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年12月)発表日:2014年1月6日(月)~駆け込み需要が押し上げ~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(万台)乗用車販売台数(季調値)48464442403836343230282624222018(%)乗用車販売台数(前年比寄与度)120軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-4010111213-6010111213(出所)日本

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新車販売台数(2013年11月) ~駆け込み需要が顕在化~

新車販売台数(2013年11月) ~駆け込み需要が顕在化~

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新車販売台数(2013年10月) ~駆け込み需要はまだ?~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年10月)発表日:2013年11月1日(金)~駆け込み需要はまだ?~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(万台)乗用車販売台数(季調値)48464442403836343230282624222018(%)乗用車販売台数(前年比寄与度)120軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-4010111213-6010111213(出所)日本

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2013年9月) ~新型車効果を背景に増加。今後は駆け込み需要が押し上げ要因に~

新車販売台数(2013年9月) ~新型車効果を背景に増加。今後は駆け込み需要が押し上げ要因に~

米国の景気動向と自動車市場―2013年の新車販売は6年ぶり高水準の見込み―

〈レポート〉経済・金融米国の景気動向と自動車市場─2013年の新車販売は 6 年ぶり高水準の見込み─主任研究員 木村俊文米国の自動車市場がこのところ回復傾向を7月には基調を示す12か月移動平均が年率換強めている。以下では、米国の景気や自動車算で1,520万台と08年6月以来約5年ぶりの高(新車)販売の動向を概観した後、新車販売が好調となっている要因を整理するとともに、今後の見通しについて考えてみたい。水準となった(第1図)。米国の新車販売市場は、かつては年間1,600万台強の市場規模を誇っていた

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2013年8月) ~横ばい圏内での推移~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年8月)発表日:2013年9月2日(月)~横ばい圏内での推移~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(万台)(%)乗用車販売台数(季調値)乗用車販売台数(前年比寄与度)12048464442403836343230282624222018軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-400910111213-6010111213(出所)日本自

2013年4月3日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

新車販売台数(2013年3月) ~自動車販売の増加が1-3月期の個人消費を押し上げ。先行きの改善ペースは鈍化?~

新車販売台数(2013年3月) ~自動車販売の増加が1-3月期の個人消費を押し上げ。先行きの改善ペースは鈍化?~

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2013年2月) ~乗用車販売の持ち直し続く。1-3月期の景気を下支え

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年2月)発表日:2013年3月1日(金)~乗用車販売の持ち直し続く。1-3月期の景気を下支え~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(万台)乗用車販売台数(季調値)(%)48464442403836343230282624222018乗用車販売台数(前年比寄与度)120軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-400910111213

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ