「施設園芸」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

スマート農業分野のIT市場 市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマート農業分野のIT市場 市場規模予測 スマート農業分野のIT市場は、◆ 2020年に約700億円の市場規模になると予測2014年 (131億円) の5.3倍に成長◆ 農業クラウドサービスとセンサ・ネットワーク・環境制御が牽引する 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、スマート農業分野のIT市場について調査を行い、このほどその結果をまとめました。 スマート農

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

大震災から3年を経た農業復旧・復興施策の動向と農協の取組み

大震災から3年を経た農業復旧・復興施策の動向と農協の取組み主席研究員 内田多喜生〔要   旨〕1  発災後 3 年を経過した被災地の農業の復旧・復興の現状を確認するとともに,今後の農業の復旧・復興の課題及び農協としての必要な取組みについて,主に岩手・宮城・福島の被災 3 県の取組みにより確認する。2  被災 3 県の農地及びその関連施設の復旧では,宮城県では相対的に早期に復旧が進み,岩手県,福島県では遅れている。営農再開状況も同様であるが,とくに,福島県では原発事故の影響が大きい。農業産出額をみ

2013年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

大震災からの農業復旧・復興へ向けた施策の動向と農協の取組み

大震災からの農業復旧・復興へ向けた施策の動向と農協の取組み主席研究員 内田多喜生のための取組みは膨大であり,本稿で取りはじめに上げている事例はごく一部であることに留意されたい。なお,放射能被害の大きい福大震災から2013年3月11日で丸2年が経過する。現地では,各種の公的施策やJA島県については,本3月号内の別稿で論考が加えられている。グループをはじめとする農業関連団体,民間のボランティア等の支援,そしてなによ1  大震災後の営農活動のりも被災された方々自身の努力により,一  復旧の状況    

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ