「日中関係」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月7日日経新聞フィードバック数:0社会/政治

日中関係について実施した第3回アンケート調査

2016年日中関係についてのアンケート-アンケート集計結果-調査概要■調査地域全国■調査方法インターネット調査■調査対象日本在住の20歳以上の民間企業に正規雇用されていて、かつ係長以上の役職の方■サンプリング日経リサーチのインターネット・パネルより抽出■回答者数2,827s■調査実施期間2016年5月27日(金)~2016年6月8日(水)■調査実施機関株式会社日経リサーチQ1.中国市場が今後の日本経済にとって持つ意味をひとつ選んでください。(ひとつだけ)全体(回答者数:2827)(%)必要不可欠

2015年10月23日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

第11回日中共同世論調査

「第11回日中共同世論調査」結果特定非営利活動法人 言論NPO ・ 中国国際出版集団 【調査協力】日本:世論総合研究所中国:零点研究コンサルティンググループ調査の概要 日本の言論NPOと中国国際出版集団は、日中の両国民を対象とした共同世論調査を今年8月から9月にかけて実施した。この調査は、最も日中関係が深刻だった2005年から日中共同で毎年行われているものであり、今回で11回目となる。調査の目的は、日中両国民の相互理解や相互認識の状況やその変化を継続的に把握することにある。日本側の世論調査は、全

2015年5月26日富国生命保険★フィードバック数:0社会/政治

日中関係についてのレポートです。

変貌した日中関係

変貌した日中関係

2015年3月18日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度中国研究会

産業(過剰生産能力への対応・イノベーション)日本企業の戦略、シャドーバンキング問題、中国の対外経済政策上海自由貿易試験区の現況、中国のエネルギー政策の動向中国の対外資源戦略:日米中関係と対アフリカ関係中国の労働市場を巡る変化と産業構造の転換中国の社会経済構造の動きと日中協力の可能性政府と市場の関係−社会主義市場経済体制下の中国における政府機能の再構築中国経済が抱えるマクロ的リスクとそのコントロール手段[1]現代中国を見る眼〜巨龍をどう捉えるか [2]歴史的視野から見た現代中国の経済発展[1]中国

2015年2月24日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済についてのレポートです。

中国経済研究報告書(平成26年度)

研究レポート2015/02/23中国経済研究報告書(平成26年度)北浦修敏主任研究員・豊田裕主任研究員・松崎みゆき主任研究員・安田啓研究員による報告を掲載しました。「中国経済研究報告書(平成26年度)」(PDF)----------外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的な結びつきが拡大・深化するなかで、経済分野に焦点を当てた調査研究の必要性は高いといえます。そこで、本調査研究では、昨年に引き続いて、中国の経済

2014年9月10日言論NPO★フィードバック数:0社会/政治

両国での世論調査です。

第10回日中共同世論調査

「第10回日中共同世論調査」結果特定非営利活動法人 言論NPO ・ 中国日報社 【調査協力】日本:世論総合研究所中国:零点研究コンサルティンググループ・北京大学調査の概要 日本の言論NPOと中国日報社は、日中の両国民を対象とした共同世論調査を今年7月から8月にかけて実施した。この調査は、最も日中関係が深刻だった2005年から日中共同で毎年行われているものであり、今回で10回目となる。調査の目的は、日中両国民の相互理解や相互認識の状況やその変化を継続的に把握することにある。 この調査は2005年か

2013年8月6日言論NPO★フィードバック数:0社会/政治

相互の世論です。

第9回日中共同世論調査

言論NPO 第9回日中共同世論調査の結果公表 言論NPO(代表 工藤泰志)が今年実施した日中の共同世論調査から、両国民の相手国に対する感情や認識がこの一年間で全面的に悪化し、過去9回の調査では最悪の状況になっていることがわかりました。この調査は、言論NPOと中国のメディア、中国日報社が2005年から毎年共同で行っているもので、今年は6月から7月にかけて日本全国と中国では北京、上海、成都など5都市で実施されました。 両国民の感情の悪化は、尖閣諸島での日中両国の対立がその大きな原因になっており、相手

2013年1月21日日経新聞★フィードバック数:39社会/政治

係長以上の役職者を対象としたアンケートです。

日中関係について実施したアンケート調査

日中関係について実施したアンケート調査

中国でのグループインタビューのレポートです。

日中関係(中国における日本製品不買意識)に関する座談会調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。このたび、日中関係(特に、中国における日本製品不買意識)を把握するため、CRC 北京世研信息諮詢公司(Communication Research Center) と共同で、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ