「日本企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年11月13日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第5回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査

第5回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持EYトランザクション・アドバイザリー・サービス 株式会社日本企業の73%の経営層が今後12カ月間に買収を検討中グローバル市場におけるM&Aが増加すると予測している日本企業の経営層は昨年の39%から今年は87%に増加米国の税制改革はグローバル市場におけるM&A取引への意欲には短期的には影響を及ぼさない見込みEYが日本を含む43の国と地域における2,500人以上の経営層を中心とした対象に年に2回実施している「第18回EYグローバル

企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない

PwC Japanグループ、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表 ‐企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない2018年6月15日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(同、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(同、代表執

2018年6月20日IMJ★★フィードバック数:0マーケティング

日本企業におけるNPS導入の実態把握調査

IMJ、日本企業におけるNPS®導入の 実態把握調査の結果を発表IMJ、日本企業におけるNPS®導入の 実態把握調査の結果を発表-約8割がNPSの効果を実感、分析内容と組織体制がカギ-株式会社アイ・エム・ジェイ東京都港区三田1-4-1取締役社長 兼CEO 黒川 順一郎 デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長兼CEO:黒川 順一郎 以下、IMJ)は、「日本企業におけるNPS®導入の実態把握調査」を実施し、調査結果を発表いたしました。2016年1

日本企業の海外M&Aに関する意識・実態調査

日本企業の海外M&Aに関する意識・実態調査

2018年4月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに

CA Technologiesの調査で、AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに ~日本ではAgile活用によるビジネス成長の意識が世界に比べ遅れているという結果に~ CA Technologiesは本日、日本を含む世界15カ国1,279人のIT上級管理者・経営者を対象に実施された「経営幹部への意識調査」(企業のリーダーシップや、最先端のソフトウェア・ツールや手法の導入が収益にどう関係するかを明らかにした調査)の結果を発表しました。 CA Technol

2018年4月3日KPMGフィードバック数:0ビジネス

日本企業の統合報告書に関する調査2017

Since the last time you logged in our privacy statement has been updated. We want to ensure that you are kept up to date with any changes and as such would ask that you take a moment to review the changes. You will not continue to receive KPMG subscr

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに 第四次産業革命への日本企業の期待は高いが、その機会活用に「大変自信がある」は、わずか3%(全世界:14%)。商品開発には意欲的も、市場変革・開拓への意識が乏しい。 2018年1月25日デロイト トーマツ グループ(以下、デロイト トーマツ)は、デロイトグローバルが実施した「第四次産業革命への対応準備調査」について、日本企業の調査結果を発表します。 世界経済フォーラムの年次総会である「ダボス会議」でも2016年以降毎年主要なテー

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部の業界や企

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表1位は売上高成長率1,252%の株式会社ココナラ 売上高50億円以上の企業の受賞が増加し、全体の約4割  有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」を本日発表します。 2017年10月18日 有限責

2017年10月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

スペイン進出企業実態調査

2017/10/12スペイン進出企業実態調査スペイン進出の日本企業は232社判明〜 バルセロナ市など含む「カタルーニャ州」へ多数進出 〜はじめに2017年10月1日、スペイン北東部のカタルーニャ州でスペインからの独立を問う住民投票が行われるなど、同国内において政治的混乱が続いている。カタルーニャ州はスペイン国内総生産の約2割を占め、製造業をはじめ同国の産業集積地として発展し、日本企業をはじめ多くの国際企業が拠点を置いている。そのため、カタルーニャ州での政治的混乱がスペイン全体の経済活動に影響が及

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表1位は売上高成長率1,252%の株式会社ココナラ 売上高50億円以上の企業の受賞が増加し、全体の約4割  有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」を本日発表します。 2017年10月18日 有限責

2017年10月7日日本CFO協会フィードバック数:0ビジネス

連結決算・開示に関する実態調査

2017/9/20「連結決算・開示に関する実態調査」結果を発表⼀般社団法⼈⽇本CFO協会では、この度、日本企業の情報開示の実態を問う「連結決算・開示に関する実態調査」の集計結果を発表いたしました。本調査の結果、四半期報告の見直し議論を「知らない」と回答された方が3割以上、「経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」について「持っていない」と回答された方が半数近くを占めるなど、日本企業における、情報開示への対応不足・認識不足の実態が浮き彫りになりました。

2017年9月22日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態調査2017

News 2017年9月6日 「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態調査2017」刊行 ~漏えいデータ25億件の分析によるjpドメイン別漏えい件数一覧 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)が運営する法人向け情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity()」は、情報漏えい事故などによって流出しサイバー空間に点在する企業のメールアドレス等の情報資産の可視化と実態把握を目的として、海外で発生した大規模個人情報漏えい事件・事故を調査分析した資料「サイバ

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解しており、これが常識になりつつあります。日本企業はグローバルよりも、スレットインテリジェンスのサービスを利用している一方、受け取っているスレットインテリジェンスを有益と考えている企業の

日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかに

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) ピュア・ストレージがグローバル調査を発表-日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかにビジネスクリティカルなワークロードのパブリッククラウド移行について、日本企業は決めかねている状況2017年7月12日(東京)― 市場をリードする独立系オールフラッシュベンダーであり、クラウド時代に適したデータプラットフォームを提供するPure Storage社(以降「ピ

2017年7月22日JETROフィードバック数:0大型消費/投資

インド鉄道市場の概要(2017年7月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 インドでは経済活動の活発化を背景に、新たな大量輸送システムや既存の鉄道網のアップグ

2017年6月8日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかける

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかけるEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社記録的な割合(56%)のグローバル企業(日本企業を含む)が今後12か月間に買収を検討好調な景況感と成長への意欲が、増加傾向にある地政学上の懸念を払拭日本はグローバルにおける魅力的な投資国としてトップ10入りを維持 2017年5月にEYが発表した「第16回EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査」によると、2017年第1四半期(2017年1月~3月)にお

2017年5月17日ノベルフィードバック数:0企業情報システム

The State of Software-Defined Storage(ソフトウェア定義型ストレージの現状)

SUSE、ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)に関する調査結果を発表 日本の調査対象者の86%が、データセキュリティの確保のため、今後1年以内にストレージ手法の見直しが必要と回答、90%以上の日本企業がオープンソースを基盤としたSDSを検討Tokyo Japan | 5月 10, 2017SUSEは本日、グローバルの調査結果をまとめたレポート「The State of Software-Defined Storage(ソフトウェア定義型ストレージの現状)」を発表しました。これによると、日本の調

2017年5月17日KPMGフィードバック数:0ビジネス

コーポレートガバナンス実態調査2016 - ガバナンス改革2周目における日本企業の変化

Since the last time you logged in our privacy statement has been updated. We want to ensure that you are kept up to date with any changes and as such would ask that you take a moment to review the changes. You will not continue to receive KPMG subscr

動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~

【GCNJ/IGES共同調査レポート】「動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~」の発行についてGCNJ/IGES共同調査レポート「動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~」の発行GCNJはIGES(公益財団法人 地球環境戦略研究機関)様と共同で、2016年9月~2017年2月にGCNJ会員/アソシエイト並びに省庁・NGO関係者の皆様にSDGs取組みに関する意識調査を行いました。関係各位のご協力のもと、調査結果の分析や考察を終え、この度、「動き出したSDGsとビジ

2017年4月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

研究開発費の大きい「トップ300社」

研究開発費の大きい「トップ300社」はこれだ1位トヨタは「ケタ違い」の1兆円超! トヨタ自動車が3月16日に発表し、販売を始めたレクサスブランドの超高級クーペ「LC500」。炭素繊維強化プラスチックなど高性能素材を採用、安全性も継続的に引き上げている(撮影:尾形文繁) 自動運転に人工知能、難病の特効薬、高性能な新素材……。いつの時代も、画期的な技術が世の中を変えていく。そこに欠かせないのが研究開発だ。とりわけ製造業にとって研究開発は競争力を維持・向上するためになくてはならない血液のようなもの

2017年2月26日ラクーン★フィードバック数:0マーケティング

『ネコノミクス』に関する調査レポート

2月22日は猫の日!カフェ、観光、ハイブランド、越境ECサービス「SD export」まで広がる『ネコノミクス』に関する調査レポート 2月22日は「にゃん」「にゃん」「にゃん」で猫の日です!「あなたは犬派?猫派?」長年のペット論争、そろそろ猫が逆転する…かも。不動の1位「犬」を押さえて「猫」がトップになる日も近い!?ということで、弊社EC事業「スーパーデリバリー」でも国内部門・海外部門ともにネコグッズの売れ行きが好調なことから、世界的な「ネコブーム」とその経済効果「ネコノミクス」についてまとめ

2016年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

米国進出企業実態調査

2016/12/15米国進出企業実態調査米国進出の日本企業は6,814社〜 企業の多くが「カリフォルニア州」「ニューヨーク州」へ集中 〜はじめに11月9日(日本時間)に行われたアメリカ合衆国(以下「米国」)大統領選挙でのドナルド・トランプ候補勝利から、1カ月余りが経過した。同氏の「アメリカ第一主義」に基づく、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)離脱表明をはじめ保護貿易主義的な政策は、周辺各国との貿易・外交の軋轢が懸念されている。完成車、電機メーカーをはじめとする日本企業の中には、北米市場を重要

2016年12月12日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

ロシア進出企業実態調査

2016/12/1ロシア進出企業実態調査ロシア進出の日本企業は314社〜 進出地域は「モスクワ州」へ集中〜はじめに11月19日、ペルーで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)において日露両国首脳による会談が行われた。このなかで、日露両首脳は12月に山口県で再び首脳会談を行い、幅広い分野での協議が行われることを確認した。こうした安倍首相の「新しいアプローチ」による交渉とともに、2013年4月に発表された「日露パートナーシップの発展に関する共同声明」をはじめとする日露経済交流などを両政府がよ

2016年11月29日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査

2016年11月18日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表全社的に取り組んでいる企業の割合は、1年間で2割から3割に増加デジタル・ビジネスの促進要因は「経営層のリーダーシップ」と「『攻め』の企業文化」、阻害要因は「スキル/ノウハウの不足」「危機意識の欠如」という結果にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表しました

グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)

PwC Japan、「グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)」を発表 ‐日本企業は、規制対応を優先し、個人データの利活用には消極的‐世界全体では人材不足を補うテクノロジーを積極的に活用2016年11月18日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(東京都中央区、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(東京都中央

2016年11月15日インプレス★フィードバック数:0マーケティング

中国EC市場調査報告書2016

急拡大する中国の越境EC市場、2018年には8兆6790億円規模に 消費や企業動向、法改正などをまとめた「中国EC市場調査報告書2016」を11月8日発売インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、中国のEC市場をゼロから学べる調査レポート「中国EC市場調査報告書」を11月8日に発売しました。本書は中国経済、EC市場、消費動向、企業動向などを調査した報告書で、当社が運営するECの専門情報サイト『ネットショップ担当者フォ

2016年10月27日KPMGフィードバック数:0ビジネス

Fraud Survey - 日本企業の不正に関する実態調査 2016年

Since the last time you logged in our privacy statement has been updated. We want to ensure that you are kept up to date with any changes and as such would ask that you take a moment to review the changes. You will not continue to receive KPMG subscr

2016年10月21日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

第4回中国進出企業実態調査

2016/10/14第4回中国進出企業実態調査中国進出の日本企業は1万3,934社〜 前回調査から678社増加、「小売業」の構成比が高まる 〜はじめに安価な労働力の確保を目的に積極的な中国進出を図ってきた日本企業だが、近年は日中間の政治リスクや中国国内の景気減速、人件費の高騰などの「チャイナリスク」が意識されてきた。そのようななか、各社の中国への進出、撤退といった判断が引き続き注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報告書ファイル「CCR」(約170万社)をもとに抽出した企

2016年10月7日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査

2016年6月30日リスクモンスターフィードバック数:0マーケティング

第4回「独創性を感じる日本企業」調査

第4回「独創性を感じる日本企業」調査

2016年6月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ライフスタイル

イギリス進出企業実態調査

2016/6/24イギリス進出企業実態調査イギリス進出の日本企業は1,380社〜 「金融・保険業」は159社進出、「離脱」の影響避けられず〜はじめに2016年6月24日(日本時間)、イギリスで欧州連合(以下EU)からの離脱の是非を問う国民投票で、イギリス国民は「EUからの離脱(Brexit)」を選択した。「リーマン・ショック級」とも言われるBrexitの影響は欧州にとどまらず、日本においても「円高・株安」として表れることが見込まれ、イギリスに進出する日本企業においても大きな影響をもたらすことが懸

2016年5月31日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第4回「世界に誇れる日本企業」調査

第4回「世界に誇れる日本企業」調査

2016年5月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

ASEAN進出企業実態調査

2016/5/17ASEAN進出企業実態調査ASEAN進出の日本企業は1万1,328社〜 製造業、卸売業で約7割、サービス業では小規模企業の進出も目立つ〜はじめに2015年12月31日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する10カ国が、域内貿易自由化や市場統合を目指し、広域経済共同体「ASEAN経済共同体(AEC)」を発足させて5カ月が経過した。インドネシアやタイなど、東南アジア地域の主要国が参加し、域内総人口約6億人、名目GDPは約2兆ドル、域内総貿易額は2.1兆ドルにものぼる巨大な経済圏

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は4割弱。男性30代での比率が高い 金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が3割強。商品購入先は「証券会社」「ネット専業証券会社」。最も投資したい商品は「株(日本企業)」が1位で「外貨預金」「金」などが続く 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)」を発表 日本企業は、ISO27001のセキュリティフレームワークに偏重サイバーリスクの情報共有活動を行っている日本企業は3割程度2015年11月9日プライスウォーターハウスクーパース株式会社* 本プレスリリースは、2015年11月7日にCyber3 Conference Okinawa 2015 国際会議で開催した「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)結果報告および新会社設立の記者発表会」

TPPに関する世論調査

日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他の...日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他のTPP参加国に比べて最も高い~エデルマン・ジャパン、TPPに関する世論調査結果を発表~ 世界をリードするグローバルなコミュニケーションズ・マーケティング会社エデルマンの

2015年10月15日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

中国の成長鈍化に対する企業の影響調査

2015/10/15中国の成長鈍化に対する企業の影響調査中国の成長鈍化、企業の25.4%が業績に「悪影響」〜 日本企業は中国との経済活動で7つのリスクに直面 〜はじめに中国経済との相互依存関係が深まっている状況において、日中関係の改善に向けた動きは経済取引をより円滑にすると見込まれている。一方で、中国の経済成長が徐々に低下するなか、8月の上海株式市場の急落や為替市場における人民元の基準値切り下げにみられたように、日本経済に与える影響も懸念されている。そこで、帝国データバンクは、中国の成長鈍化が企

アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状

トップ » 調査研究成果公表 » 「アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No. 125]の公表について 「アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No. 125]の公表について当研究所では、九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センターと共同で、研究開発活動を行っている日本企業3,000社を対象に、日本企業と海外大学との共同研究実態や課題を明らかにすることを目的とした質問票調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度上期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度上期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度上期調査 岡 圭佑川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆企業の景況感は“ 足踏み状態から改善”へ、先行きも好調を維持◆企業価値向上に向けたESG(環境・社会・ガバナンス)要素について、半数の企業が重要性を認識I.景気動向1.業況判断D

2015年7月29日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

個人の「稼ぐ力」について意識調査

7割以上が個人の『稼ぐ力』がある9割が「個人の『稼ぐ力』が日...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 7割以上が個人の『稼ぐ力』がある 9割が「個人の『稼ぐ力』が日本企業の成長に関...7割以上が個人の『稼ぐ力』がある 9割が「個人の『稼ぐ力』が日本企業の成長に関わる」と回答安倍内閣が『稼ぐ力』の強化に取り組むなか、平均年収940万円のビジネスパーソンにアンケート管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」などイン

2015年6月26日リスクモンスター★フィードバック数:0ビジネス

企業ランキングです。

第3回「独創性を感じる日本企業」調査

第3回「独創性を感じる日本企業」調査

世界のM&A事情 ~台湾~

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の駐在員から、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介します。今回は台湾です。 台湾のM&A状況日本の経済産業省にあたる台湾経済部(商業司)が公表するM&A市場の統計データによれば、国内のM&A(合併、買収、株式交換、会社分割を含む)は件数ベースで直近5年間は200件弱で推移している。一方、金額ベースでは2009年にリーマンショックの影響で急落したM&A市場は2011年には2008年のピーク時に近い水準まで回復

2015年6月18日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【マダガスカル】“まだ”は“いま”なり! 商機発掘

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【マダガスカル】“ま

2015年6月18日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【米国】更新間近のGSP

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 現在失効中の一般特恵

2015年6月18日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【ASEAN】鍵は安全・機能・信頼

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 人口約6億人という大市場ASEAN で、消費者は何を求め、企業はどう売り込んでいる

2015年6月10日経済産業研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

クラウドについて経済効果を見ています。

日本企業のクラウドサービス導入とその経済効果

日本企業のクラウドサービス導入とその経済効果 金 榮愨(専修大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要1990年代以降の日本経済の長期低迷の原因の1つとして、情報通信技術(Information and Communication Technology, ICT)革命に乗り遅れたことが指摘される。本論文では、近年ICTの流れの1つとして注目されているクラウド・コンピューティングの導入状況や経済効果を分析している。ICT投資全般と同様、クラウド・コンピューティングにおいても日本は米国に

2015年6月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回 中国進出企業の実態調査

2015/6/8第3回 中国進出企業の実態調査中国進出の日本企業は1万3200社〜 円安や中国経済減速で前回調査から1200社減少 〜はじめに6月3日、LIXILグループ(東証1部上場)は、中国で事業を展開する連結子会社の破産に伴い、最大662億円の損失が発生する可能性があると発表した。中国経済の急減速をきっかけに中国進出企業の損失などが目立ちはじめた。改めて「チャイナリスク」が意識されるようになり、中国へ進出する日本企業への影響が注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

15年みずほアジアビジネスアンケート、アジアの賃上げに懸念

リサーチ TODAY2015 年 5 月 28 日15年みずほアジアビジネスアンケート、アジアの賃上げに懸念常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は2015年2月にアジアビジネスアンケートを実施した1。下記の図表はその結果の一つである「今後最も力を入れていく予定の地域」を時系列でみたものである。1999年の第一回調査から中国が一貫してトップを続けていたが、2012年に初の首位陥落となり、代わってASEANがトップに躍り出たが、今回はASEANの比率も頭打ちになった。これは、A

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ