「日本国債」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

厳しい日本のふところ事情~「財政健全化」が急務に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月13日厳しい日本のふところ事情~「財政健全化」が急務に 4月9日に成立した2015年度予算における一般会計歳出総額は、96兆3,420億円と過去最大規模となりました。一方、一般会計歳入総額は、税収が54兆5,250億円、新規国債発行額は36兆8,630億円となり、3年連続で税収が借金を上回ったものの、借金残高は年々増加しており、国の財政は不健全な状況が続いています。こうした国の予算などを見るにあたって、「兆円」という数字はあ

厳しい日本のふところ事情~「財政健全化」が急務に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月26日厳しい日本のふところ事情~「財政健全化」が急務に 昨年3月に成立した2014年度の一般会計歳出総額は、95兆8,823億円と過去最大規模となりました。一方、一般会計歳入総額は、税収が50兆10億円、新規国債発行額は41兆2,500億円となり、2年連続で税収が借金を上回ったものの、依然、国の財政は不健全な状況が続いています。こうした国の予算などを見るにあたって、「兆円」という数字はあまりに大きく実感に乏しいため、下表で、

2014年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本国債格下げという厳しい反応 ~ムーディーズは評価せず~

日本国債格下げという厳しい反応 ~ムーディーズは評価せず~

2014年4月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州出張メモ2、欧州にそこはかとなく漂う日本化不安

リサーチ TODAY2014 年 4 月 10 日欧州出張メモ2、欧州にそこはかとなく漂う日本化不安常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回は昨日に引き続き、欧州の出張記録第2弾である。今回の欧州訪問で感じた印象は、2000年代後半以降、欧州を訪問するたびに意識した欧州危機という議論が殆ど話題にならない程、安心感が広がっていたことだ。下記の図表は欧州の10年国債の利回りを示す。2010年から大幅に拡大した利回り格差が、2012年以降急速に縮小する状況にある。これは過去1年との大きな変化だ。

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今度こそ日本国債は大丈夫?経常収支に注目

リサーチ TODAY2014 年 2 月 28 日今度こそ日本国債は大丈夫?経常収支に注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者はかねてから、政府債務が1000兆円を超える日本の国債が暴落しないで済んでいるのは、大前提として日本では経常収支の黒字が保たれ国内で国債のファイナンスが可能となる環境にあることに加え、国内で日本国債や政府に抱く国民の暗黙裡の信認が続くからと考えてきた1。日本が大幅な財政赤字ながら経常収支が黒字である構造について、筆者が長年用いてきた喩えは、「家(日本)としては借

2013年9月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費増税先送りの影響を考える~金利は1.7%上昇、国債は大幅格下げのリスク~

みずほインサイト日本経済2013 年 9 月 11 日消費増税先送りの影響を考える経調査部エコノミスト金利は 1.7%上昇、国債は大幅格下げのリスク03-3591-1294千野珠衣tamai.chino@mizuho-ri.co.jp○ 日本の長期金利は、政府の財政規律に対する暗黙の信認の存在など、日本固有の要因により約1.7%下押しされていると推計され、潜在的な金利急騰リスクを抱えた状況にある。○ また、公的債務残高と国内総貯蓄のデータをもとに、国債格付がトリプルB以下にまで格下げされる確率を

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

題となることが多かった累積債務問題は先進国のものとなっているのである。その中において日本の状況は際立六%であったが、二〇一二年には三四・七%へと減少しており、その変化は対照的である。かつては途上国で問〇一二年には一〇九・三%へと上昇している。対して二〇〇三年時点の途上国の国債残高はGDP比で四九・P比を示したグラフである。二〇〇三年時点では、先進国の国債残高はGDP比で七五・五%であったものが二生じているのは途上国ではなく先進国なのである。図1は先進国、途上国、アメリカ、日本の国債残高の対GD意

2013年2月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:3社会/政治

国債を中心に日本の財政について分析しています。

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは?

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? | ニッセイ基礎研究所 日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――日本国債の神話の背景3――中長期的な財政状況のシミュレーション4――今後求められる財政再建に必要な経済政策5――おわりに欧州債務問題を発端に、金融市場において各国

狼少年と国債金利上昇

狼少年と国債金利上昇 | ニッセイ基礎研究所 狼少年と国債金利上昇 経済研究部 主任研究員 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の財政状況を考えれば、国債金利(国債利回り)はいつ上昇しても不思議ではない…と言われるようになったのは、いつ頃からだろう。財政再建の必要性を強く訴える際の〝前フリ″として言われてきたことだが、巨額の財政赤字、経済規模比で見て

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ