「日本市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

市場データです。

海外の携帯電話メーカーにとって日本市場は美味しい市場なのか

※この記事は、会員サービス「InfoComモバイル通信ニューズレター」より一部を無料で公開しているものです。政策関連(海外携帯電話メーカー、日本市場)海外の携帯電話メーカーにとって日本市場は美味しい市場なのか2013年9月、NTTドコモもついにiPhoneの導入を開始した。同社は2013年夏の端末販売時に「ツートップ戦略」と称して、ソニーとサムスン2社のスマートフォンを前面に出して販売を実施していた。NTTドコモの「ツートップ戦略」を反映して、2013年7月にはNECが、そして2013年9月には

2013年11月15日日本総研フィードバック数:0社会/政治

進展するアジア金融統合と日本の戦略

進展するアジア金融統合と日本の戦略調査部 主任研究員 清水 聡   要 旨1.日本とアジア諸国の金融面でのかかわり方については、日本の経済主体(一般企業、金融機関、機関投資家、個人投資家)がアジアの金融資本市場に何らかの形でかかわるという側面と、日本の金融資本市場にアジアの経済主体を呼び込むという側面がある。前者に関し、日本はASEAN+ 3財務大臣・中央銀行総裁会議におけるアジア債券市場育成イニシアティブ(ABMI)などの域内金融協力を主導してきたが、これに加え、2013年5月、ASEAN諸国

2013年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年5月27日~) ~期待の梯子を外された日本市場~

Weekly Market Report(2013年5月27日~) ~期待の梯子を外された日本市場~

2013年4月19日JEITAフィードバック数:2モバイル

移動電話に関する市場調査報告書

2013年4月19日『移動電話に関する市場調査報告書~スマートフォンの拡がりと新たなステージに向けて~』の刊行について一般社団法人 電子情報技術産業協会一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)・移動電話WGでは、平成24年度の活動成果として『移動電話に関する市場調査報告書~スマートフォンの拡がりと新たなステージに向けて~』を刊行いたしましたので、ここに概要をご紹介致します。本調査が、内外で広くご活用いただければ幸いです。(1)日本市場における移動電話の将来に関する調査2012年の移動電話

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

投資の法則は変化したか?(4)-日米株式の写真相場から考える「曜日効果」・「月替り効果」アノマリー

投資の法則は変化したか?(4)-日米株式の写真相場から考える「曜日効果」・「月替り効果」アノマリー | ニッセイ基礎研究所 投資の法則は変化したか?(4)-日米株式の写真相場から考える「曜日効果」・「月替り効果」アノマリー 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本株式市場の価格形成は、前日の米国市場の株価推移に大きく左右されることが知られており、米国市場

2012年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

PLM市場に関する調査結果 2012

2012年07月11日 PLM市場に関する調査結果 2012 ~順調に回復する世界市場、今後の回復に期待する日本市場~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてPLM市場についての世界および日本国内における調査を実施した。1.調査期間:2012年2月~5月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<PLM(Product Lifecycle Management)とは>開発・生産からメンテナンス、あるいはリサイクル

2012年4月12日InMobi★フィードバック数:16モバイル

日本でのモバイル利用についてのインフォグラフィックです。

日本市場におけるメディア利用調査

インモビ ジャパン、日本市場におけるメディア利用調査を発表TV視聴を僅差でかわし、97分(約31%)/日を記録したモバイルが”第一のメディア”となるインモビ ジャパンは、日本市場におけるメディア利用(※1)に関する調査結果を発表しました。 本調査は、2012年第1四半期(1月-3月)に、日本のモバイルWeb(※2)ユーザーを対象として、インモビのモバイル広告ネットワークを通じて実施されたもので、有効回答は1,008名です。[主な調査結果] メディア別の利用時間において、モバイルの利用時間が全メデ

メッセンジャーに関する調査--認知度は7割超えるが、「携帯電話メールが便利」の声も大きい

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インスタントメッセンジャー(IM)に関する調査を実施した。 1999年のiモード登場以降、日本市場では若い世代や女性の間で携帯電話メールがテキストのチャットのように使われてきた。そのため、日本市場では携帯電話メールとIMの違いを打ち出し、日々の生活の中でのコミュニケーションツールとして根付いていくのはこれからという現状だと考えられる。 一方、米国のIM市場はMSN、Yahoo!、AOL、Google

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ