調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本政策投資銀行作成

「日本政策投資銀行作成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

DBJのレポートです。

2大バルクに異変;足元明暗が分かれる鉄鉱石と石炭の中長期予測

今月のトピックス No.228-1(2015年4月20日)2大バルクに異変;足元明暗が分かれる鉄鉱石と石炭の中長期予測1.鉄鉱石と石炭のトレード状況• 2000年からのバルクの海上荷動き量の大幅増加を牽引したのは、鉄鉱石・石炭の2大バルクであり、2013年時点では、輸送距離を勘案した実態海上荷動き量(トンマイル)の過半を占めている (図表11)。中国での鋼材需要の拡大や、グローバルでの電力需要の拡大がその背景にあるが、鉄鉱石・石炭貿易の大宗が海上輸送されていることで、2000年以降、これらを輸送

2015年2月18日日本政策投資銀行フィードバック数:0大型消費/投資

文化・産業観光先進地域に向けて(アンケート調査)~関西のものづくり文化を産業観光資源に~

2015年2月株式会社日本政策投資銀行関西支店(アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査)文化・産業観光先進地域に向けて(アンケート調査)~関西のものづくり文化を産業観光資源に~【調査要領】調 査 目 的:アジアの関西訪問希望者における文化・産業観光のあり方を探るもの調 査 方 法:インターネットによるアンケート調査調 査 時 期:2014年9月9日~2014年9月16日調 査 地 域:韓国、中国(北京及び上海在住者のみ)、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア調査対象者:20

2013年11月22日日本政策投資銀行フィードバック数:0マーケティング

ケーブルテレビ事業の現状(2012年度決算版)

ケーブルテレビ業界の現状と連携への動き【要約】ケーブルテレビ事業は、通信・放送業界における技術革新や競争激化に直面している。放送(多チャンネル)事業は成長鈍化が著しく、これまで堅調に推移していた通信(インターネット)事業でもさらなる営業施策が不可欠となっている。モバイルブロードバンドやスマートテレビ等への対応も迫られている中、ケーブルテレビ業界の競争力強化を企図した連携への動きが顕在化しつつあり、当行調査では回答事業者の 8 割以上が「連携が必要」と回答した。今後、各事業者・地域における連携戦略

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ