「日本文化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに。 労働力不足が不安視されている日本において、外国人従業員の活用は重要な課題です。外国人従業員に活躍してもらうためには、言語だけでなく「日本文化」への理解が重要ということが調査で明らかになりました。 多店舗展開企業向けサービスマネジメントプラットフォーム「ClipLine(クリップライン)」を提供する株式会社ジェネックスソリューションズ(所在地:東京都港区、代表取締役:高橋 勇人、以下「弊

2015年12月25日外務省フィードバック数:0社会/政治

平成27年度外交に関する国内世論調査

平成27年度外交に関する国内世論調査(結果)平成27年12月18日 外務省は,11月末から12月初めにかけて,外交に関する国内世論調査を行いました。この調査は,全国47都道府県の20歳以上の1,000人を対象に,電話により実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。1 安倍総理大臣が,「地球儀を俯瞰する外交」として,外国を訪問していることをどのように評価するかとの質問については,評価する(「評価できる」,「どちらかと言えば評価できる」)と回答した人は74.4%(前回55.6%,前々回56.0

2014年9月25日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

将来、海外で働きたいですか?

Vol.258 大学1年生に聞きました。 将来、海外で働きたいですか? 将来、海外で働きたいですか?大学1年生に、海外で働きたいかどうかを尋ねたところ、約3割が「はい」と回答し、残りの約7割の学生は「いいえ」と答えた。属性別では、女子学生よりも男子学生、文系学生よりも理系学生の方が、海外志向の学生が多かった。なぜ海外で働きたいのですか?(複数回答)次に、海外で働きたい理由を尋ねたところ、「国際的な仕事がしたい」「語学力を鍛えたい・生かしたい」が6割強でほぼ並び、「日本以外の世界を知りたい」が56

2014年4月20日外務省★フィードバック数:0社会/政治

外務省の調査です。

ASEAN7ヵ国における対日世論調査(結果概要)

平成26年4月18日 外務省は,IPSOS香港社に委託して,本年3月に,ASEAN7ヵ国(インドネシア,マレーシア,フィリピン,シンガポール,タイ,ベトナム,ミャンマー)において対日世論調査(各国において18歳以上の識字層約300名を対象にオンライン方式で実施)を行ったところ,結果概要は以下のとおりです。1 日本との関係については,9割以上が「友好関係にある」又は「どちらかというと友好関係にある」と回答し,また,同じく9割以上が日本を友邦として「信頼できる」又は「どちらかというと信頼できる」と回

2013年12月22日外務省★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

平成25年12月19日平成25年(2013年)7月から8月まで,外務省は,ハリス・インタラクティブ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1000名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は一般の部で76%,有識者の部で93%と,

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.29 日本と海外の文化に関する調査(2009/11)

日本と海外の文化に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.29 日本と海外の文化に関する調査調査日時:2009年11月4日(水)~11月10日(火) 音楽や映画など、海外からの文化に触れる事も多いですが、日本の文化について、また海外の文化についてどのように感じているでしょうか。 今回は、渡航経験や、和と洋の好みの違いなどを取り上げてみたいと思います。※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。 調査概要合計1,269人 男性636人(年代別

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ