「日本映画」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0エンタテインメント海外

アジア最大の映画市場となった中国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月18日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 横山 幹郎中国で5月28日、「STAND BY ME ドラえもん(中国語名:哆啦A梦 伴我同行)」が中国全土の一般映画館で上映される日本映画として約3年ぶりに公開され、封切り当初より非常に人気を得ているという記事が目に付いた。ドラえもんは、中国では90年代よりテレビ・アニメとして放映され、80年代生まれ(80后)以降の人たちにとっては幼

2011年9月9日アイティメディアフィードバック数:5エンタテインメント

誠VOICE 第15回「DVDやBlu-rayでどんな作品を一番観ますか?」

Business Media 誠のトップページ右下で行っているアンケート「誠VOICE」。第15回ではDVDやBlu-rayの購入頻度や、観ているジャンルについてアンケートを行いました。 「DVDを年に何枚買いますか?」と質問したところ、「買わない」が53%と断トツ。年1枚以上買う人は31%で、月1枚以上という人はわずか7%でした。「Blu-rayを年に何枚買いますか?」の質問でも、「買わない」「再生機材を持っていない」が合わせて76%と断トツ。年1枚以上は22%で、月1枚以上は6%とDVDより

2009年4月20日アイシェアフィードバック数:0エンタテインメント

映画をよく見る場所「自宅」が5割、「映画館」3割~人気のジャンルは「アクション・アドベンチャー」「SF・ファンタジー」

「自宅派」VS「映画館派」あなたはどっち? 映画鑑賞に関する意識調査 映画をよく見る場所「自宅」が5割、「映画館」3割~人気のジャンルは「アクション・アドベンチャー」「SF・ファンタジー」今年に入って、日本映画がアカデミー賞の外国語映画賞を受賞、アニメの実写映画やお笑い芸人監督の作品が人気を博するなど、何かと映画に関する話題が多い。その「映画」は、実際どのように楽しまれているのだろうか。ネットユーザーを対象に調査を実施し、20代から40代の男女396名の回答を集計した。映画をどこで見ることが多い

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ