「日本株」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月1日マネックス証券フィードバック数:0企業情報システム

MONEX 個人投資家サーベイ 2016年4月調査

MONEX Retail Investor SurveyMONEX 個人投資家サーベイ 2016 年 4 月調査個人投資家の皆様の相場環境等に対する意識調査のため、2016 年 4 月 8 日~4 月 11 日にマネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケートを実施しました。ご回答くださった皆様のご協力に感謝いたします。誠にありがとうございました。今回は未成年者少額投資非課税制度(以下、ジュニア NISA)の口座開設状況や家計の引き締め状況、相場観等について調査しました。(当社ウェブサイトへ

日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2015

2015年12月9日各位日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査 20152015 年の日本株式市場を表す漢字は?2015 年の投資 着地予想「プラス」5 割、「マイナス」2 割女性株式投資家“カブジョ”が新たに長期保有を狙う銘柄とは?スパークス・アセット・マネジメント株式会社(http://www.sparx.co.jp/)(東京都品川区。代表取締役社長 阿部修平)は、今年1年の日本株式市場を総括し、また、来年以降の見通しについて探るため、2015年11月9日~11月10日の2日間、全国の

2015年9月9日マーサー ジャパンフィードバック数:0ビジネス

日本株のESG評価状況

マーサー、日本株のESG評価状況を発表 | マーサージャパン株式会社本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー、日本株のESG評価状況を発表マーサージャパン株式会社は、日本版スチュワードシップ・コードの精神に則り、マーサーが運用機関の運用プロダクトの評価に当たって実施している、

2015年7月13日大和ネクスト銀行フィードバック数:0ライフスタイル

大人のハレ消費に関する調査

掲載日 : 2015年7月13日株式会社大和ネクスト銀行 平素は大和ネクスト銀行をご利用いただきありがとうございます。 イベント・お祝いなどをきっかけにお財布の紐を緩めて非日常を楽しむ、"ハレ消費"に関する大人たちの意識や実態を探るため、2015年6月22日~6月24日の3日間、全国の40~79歳の男女を対象に、大人のハレ消費に関する調査をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。 (調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 記1. トピックス■ 大人のハレ

2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

リサーチ TODAY2015 年 6 月 22 日海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本株の投資主体別の売買動向推移である。最近の動きについて一般的な説明では、機関投資家の「ポートフォリオ・リバランス効果で、国債から株式市場に流れた」ためとするものが多い。ただし、日本の金融機関がポートフォリオ・リバランスを率先させたかというと、そうではなかった。2013年は海外投資家の15兆円の大幅買い越しで、国内は売りばかりだった。国内に

株価2万円割れ、なぜ? この先は大丈夫?

株価2万円割れ、なぜ? この先は大丈夫? | ニッセイ基礎研究所 株価2万円割れ、なぜ? この先は大丈夫? 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日経平均株価が終値で2万円を割った。懸案のギリシャ問題に進展が見られないうえ、頼みの米国景気が思ったほど順調に回復していないことが確認されたため

「円安離れ」の動きを示す日本株式~海外資金の流入拡大が見込まれる~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月21日「円安離れ」の動きを示す日本株式~海外資金の流入拡大が見込まれる~ 日経平均株価は、19日に約3週間ぶりに2万円の大台を回復、20日には1-3月期のGDP速報値が市場予想を上回ったことなどを背景に続伸し、2000年4月以来の高値となりました。アベノミクスの下、日本株式は円安・米ドル高の動きに概ね沿うかたちで上昇してきましたが、足元では、1米ドル=120円前後で為替相場の膠着状態が続いているにもかかわらず水準が上がってお

2015年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入は日本株の下支え、ETFも拡大だ

日銀のETF購入は日本株の下支え、ETFも拡大だ

2015年5月11日ダイヤモンド社★フィードバック数:0大型消費/投資

専門家の意見です。

まだ上がるか?もう限界か? 専門家15人が読む日本株の行方

まだ上がるか?もう限界か? 専門家15人が読む日本株の行方

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月30日30日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比538円(2.69%)安の19,520円と、大きく下落しました。前日に発表された米国の1-3月期の実質GDP成長率が、市場予想を大きく下回る前期比0.2%(年率)増となり、米ドルが売られると共にユーロや円などが上昇し、ドイツを中心に欧米の株式が軒並み下落したことなどが嫌気されました。それに加えて、日銀が本日開いた金融政策決定会合で、追加金融緩和への期待が一部であったものの、現状

上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月24日上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか? 日経平均株価が15年ぶりに終値で2万円を突破するなど、日本株式の上昇が続いています。速いペースで上昇したことから、一部では過熱感が指摘されていますが、今後の企業業績改善や株主還元拡大への期待感などから、一段高の予想も出ています。株価が割高か、割安かを見る指標のひとつに、1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表す株価収益率(PER)があります。足元の予想PER

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

個人投資家の動きにも変化の兆し~企業変革や経済の好循環に高まる期待~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月13日個人投資家の動きにも変化の兆し~企業変革や経済の好循環に高まる期待~ 円相場は1米ドル=120円を挟んで小動きながら、日経平均株価が4月10日に一時、約15年ぶりに2万円台を回復するなど、足元で日本株式の堅調ぶりが目立ちます。こうした中、4月に相次いで設定された日本株式投信に、下がらない相場にしびれを切らしたかのように大量の資金流入があったことが注目を集めました。日本では、1990年代初めのバブル経済崩壊以降、株価低迷

2015年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本株の独立 ~米国離れが鮮明に~

Market Flash日本株の独立~米国離れが鮮明に~2015年4月9日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~FOMC議事録:無風通過~・3月FOMC議事録は新味に乏しい内容。3月雇用統計発表前の議論のため評価は難しいが、数人の参加者が6月の利上げを主張していたことが明らかになった一方、2人の参加者が2016年の利上げ開始を主張。その他では、既往のUSD高が純輸出減少を通じて成長率を下押しする可能性について言及された

2015年3月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本株はまだ割高ではないという海外の評価

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価2万円が視野に~海外投資家の日本株買いは本物か~

日経平均株価2万円が視野に~海外投資家の日本株買いは本物か~

2015年の日米株式市場に期待されるアノマリー

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月16日2015年の日米株式市場に 期待されるアノマリー 株式市場にはアノマリーと呼ばれる、明確な理論や根拠があるわけではないものの、経験則的に起こりやすいとされている事象があります。今年注目したいアノマリーとしては、日米株式市場には「西暦の末尾の数字が5の年はパフォーマンスが良好」というものがあります。このアノマリーの背景としては景気循環や設備投資循環のサイクルの影響など諸説ありますが、実際、日米株式の、西暦の末尾の数字ごと

2015年1月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業業績から見て日本株にはサポートが大きい

企業業績から見て日本株にはサポートが大きい

ギリシャのユーロ離脱懸念などを背景に下落した日本株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月6日ギリシャのユーロ離脱懸念などを背景に下落した日本株式市場 6日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比525.52円(3.02%)安の16,883.19円と、大きく下落しました。需給悪化懸念を背景に原油安が進んだことに加え、ギリシャのユーロ離脱懸念が再燃し、欧米の株式市場が軒並み下落したことが嫌気されました。独誌が、3日に、「ドイツ政府は、ギリシャのユーロ離脱を容認する用意ができている」と伝えたことをきっかけに、ギリシャが

2014年12月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年 日本株見通し ~2万にもはや驚きはない~

2015年 日本株見通し ~2万にもはや驚きはない~

日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む 8日に日経平均株価が一時、2007年7月以来の1万8,000円台乗せとなるなど、日本の株式相場は2014年も概ね堅調に推移してきました。ただし、ここ3日間は、短期間で大きく上昇した中国株式相場に調整の動きが見られたことに加え、大統領選挙の前倒しに伴なうギリシャ政局の不透明感や、原油価格の続落基調などを背景に、欧米株式相場も軟調となったことなどから、利食い売りに押される展開

日本株式の投資環境と今後の見通し

日本株式の投資環境と今後の見通し

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月17日17日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比517円(2.96%)安の16,973円と、大きく下落しました。朝方発表された日本の7~9月期の実質GDPが、プラスの市場予想に反して前期比0.4%減、年率1.6%減となったことから、消費税率引き上げ後の景気回復が鈍いことが嫌気されました。それに加えて、円相場が1米ドル=115円台まで上昇したことも影響しました。今回の実質GDPは、設備投資および個人消費の回復の鈍さが続いてい

日本株式市場とハロウィン効果について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月21日日本株式市場は、10月以降、軟調な展開となっています。その背景には、欧州や中国の景気減速懸念の高まりや、米国の景気回復に対する強気見通しの後退によって、欧米の株式市場が大きく下落したことに加えて、米国の長期金利の低下から円高・米ドル安が進んだことなどがあると考えられます。ただし、過去の経験則に目を向けると、現在の下落局面を違った視点で捉えることができるかもしれません。アノマリー(経験的に規則性があるものの、合理的に説明

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月2日2日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比420円(2.61%)安の15,661円と大きく下落しました。前日の欧米の株式市場で、世界景気に対する先行き不透明感が高まったことなどを背景に大幅下落した流れを受けたうえ、円相場が1米ドル=108円後半に上昇したことも影響しました。欧州株式市場は、9月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)が域内外の需要低迷を受け14ヵ月ぶりの低水準となったことが嫌気され、軟調な展開となりま

転換期を迎えた『日本株式市場』

転換期を迎えた『日本株式市場』

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook それは日本株が投資適格になったから

GlobalMarket Outlook それは日本株が投資適格になったから

ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月19日ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式 政府の成長戦略の中で、企業の収益力向上を通じて国民を潤すため、企業統治(コーポレート・ガバナンス)の強化が掲げられたことを受けて、金融庁と東証が企業統治の指針作りを8月から開始しました。成長戦略では、ROE(自己資本利益率)を世界水準に高めることが、企業統治強化の一つの目安とされています。ROEは企業が資本を効率的に使っているかどうかを表す指標で、数値が高いほど収益力が高い

2014年7月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook そして日本株も動いた

Global Market Outlookそして日本株も動いた2014年7月28日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452313:32 現在<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15515.0216,960.579,644.016,791.554,330.55101.81 円1.3429 ㌦0.5252.4

2014年7月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

推進力が必要な日本株式市場

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 昨年は、「アベノミクス相場」と言われたように日本の株式相場の活況が注目されたが、一方、それとともに相場が大きく荒れたといった指摘も多く見られた。そこで、改めて、日本の代表的な株価指数である日経平均株価およびTOPIXと他の株式市場の株価指数について、昨年末時点のヒストリカルボラティリティを比較した(図表1)。ヒストリカルボラティリティは、株価指数の変動の大きさを表す指標の一つであり、一般的に株価指数(

2014年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook バリュー投資家の目にとまるはず(日本株)

Global Market Outlook バリュー投資家の目にとまるはず(日本株)

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 日本株 前年割れは許しません

Global Market Outlook 日本株 前年割れは許しません

日本株式市場の「変化」に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月28日日本株式市場では、米国や欧州の株高や為替市場での円高の一服を受けて、日経平均株価が約1ヵ月半ぶりに14,600円台を回復し、これまでの軟調な基調にいくつかの変化がみられるようになってきました。ひとつ目の変化としては、日経平均株価が28日に、200日移動平均線である14,655円(5月28日時点)を上抜いた点です。200日移動平均線は当面の大きな節目と捉えられていましたが、これを上抜いたことにより、相場の底堅さが確認されて

相対的に割安感が増す日本株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月22日日本株式市場では、日経平均株価が昨年末から足元までで14%程度下落するなど軟調な推移となっています。株価が下落した一方で、企業業績は堅調であることから、同指数の予想PER(株価収益率)は、年末の16.6倍から13.5倍(5月21日時点)に低下し、指標面でみた日本株式の割安感が強まっています。そうした中、これまでおおむね米国株式のPERを上回る推移となっていた日本株式のPERが、米国株式を下回る動きとなっているほか、双方の

「レリゴー!」で日経平均16,000円超え

「レリゴー!」で日経平均16,000円超え | ニッセイ基礎研究所 「レリゴー!」で日経平均16,000円超え 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の株価が冴えない。先週まで「ニューヨーク株式市場ではダウ平均が史上最高値を更新」というニュースを何度も目にする中、日経平均は概ね14,0

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 30日に米ダウ平均株価が史上最高値を更新した。一方、わが国の株価は不振が続いており、日米株価の格差は鮮明だ。本来、日米株価の相関性は強いが、最近は相関係数が大きく

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円相場と日本株の同時連動強まる

ドル円相場と日本株の同時連動強まる

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

2014年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本株の行方は、米国株と為替市場が決める

リサーチ TODAY2014 年 3 月 26 日日本株の行方は、米国株と為替市場が決める常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日本の株式市場が年初来、軟調な動きで推移しているのは海外投資家が売りに転じたためであり、TODAYでは、その背景に海外投資家が発する安倍政権への不信もあるとした1。みずほ総合研究所では、海外投資家の動向を改めて見極める観点から「海外投資家の日本株投資について」と題するリポートを発表し、その影響を計量的に展望している2。海外投資家は米国経済指標の悪化や新興国不安に加え

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日14日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比488円(3.3%)安の14,327円となるなど大幅下落で取引を終えました。前日の欧米の株式市場が、ウクライナ情勢の緊迫化などを背景に大幅下落した流れを受けたほか、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円相場が1米ドル=101円台に上昇したことも影響しました。ウクライナ情勢の緊迫化の背景には、ウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日にロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

海外投資家の日本株投資について~海外投資家の売買を占う上で何に注目すべきか~

海外投資家の日本株投資について~海外投資家の売買を占う上で何に注目すべきか~

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 復帰予定は4月

Financial Trends復帰予定は4月2014年2月25日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-45231月雇用統計を皮切りに、過去数週間に発表された米経済指標は、はっきり言って全滅に近い。「1月の●●は前月から○.○%下落し、市場予想を下回った。悪天候が下押し要因になったとみられ・・」はもはや定型句となり、エコノミックサプライズ指数は昨年央以来の水準まで低下した。残念なことに、好内容と言えるのはたったの3つのサーベイ指標。①Markit版PMI、②NY連

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 盟友不仲説

Global Market Outlook盟友不仲説2014年2月24日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:12 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14837.6816,103.309,656.956,838.064,381.06102.31 円1.3734 ㌦0.5972.7312.

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

2014年2月5日岡三オンライン証券★フィードバック数:0大型消費/投資

NISAについての調査です。

NISA開始1ヵ月アンケート

平成 26 年 2 月 5 日News Release各位岡三オンライン証券株式会社代表者:取締役社長 池田 嘉宏所在地:東京都中央区「NISA開始1ヵ月アンケート」の調査結果についてNISA(少額投資非課税制度)が開始され、1ヵ月が経過しました。岡三オンライン証券株式会社では、当社に口座をお持ちのお客様を対象に、NISA開始後のアンケートを実施しましたので、下記のとおりお知らせいたします。記【アンケート概要】対 象:当社に口座を保有する個人投資家期 間:平成 26 年 1 月 24 日(金)~

本日の日本株式市場の下落について

本日の日本株式市場の下落について

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年日本株見通し ~Japan is Back~

Financial Trends2014年日本株見通し-Japan is Back2013年12月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523筆者は来年末の日経平均を19000円と予想する。2013年の約50%に続いて14年も約20%の株高が進む計算だ。日本経済は消費税率引き上げを乗り越え、景気後退は回避されると見込む。また、米国経済は3%近い成長が期待され、欧州経済も年間を通じてプラス成長を達成するだろう。このような先進国を中心とした景気拡大が企業業績の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ