調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本総研作成

「日本総研作成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015年3月27日No.2014-060わが国のインバウンド需要の先行きと課題― 需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠 ―調査部 研究員 長井翔吾《要 点》◆ わが国を訪れる外国人(訪日外客)数は、一時的な落ち込みがみられたものの、総じて増加基調にあり、2014年は1,341万人に。2014年の訪日客による消費総額は2兆円を突破するなどインバウンド消費がわが国経済へ与える影響も拡大。そこで、訪日外客数が増加

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア燃料補助金削減の景気への影響-景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 12 月 10 日No.2014-043インドネシア燃料補助金削減の景気への影響―景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善―調査部 研究員 塚田雄太《要 点》 ジョコ新大統領は 11 月 17 日に燃料補助金の削減を決定し、燃料価格が 2,000 ルピア/ℓ値上げされた。インドネシアでは、これまで燃料補助金の予算措置によって貧困対策やインフラ整備などへ十分な資金配分ができないことに加え、これが財

2014年11月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年11月号:不動産開発投資に底入れの兆し

中 国 経 済 展 望2014年11月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年10月29日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)不動産開発投資に底入れの兆し景気は減速。7~9月期の実質GDP成長率は前年比+7.3%に低下。不動産開発投資と製造業の設備投資が

2014年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

大幅にかい離した後、連動性を回復した日米長期金利-先行き、一段のかい離幅拡大の公算は小。日米金利は連動した状態を維持する見込み

No.2013-332014年3月4日http://www.jri.co.jp大幅にかい離した後、連動性を回復した日米長期金利―先行き、一段のかい離幅拡大の公算は小。日米金利は連動した状態を維持する見込み。―(1)日本と米国の長期金利は、従来概ね一致して推移(図表1)。この背景として、以下の2点を指摘可能。①金利裁定の動き。米国金利が上昇した場合、為替変動を考慮した金利差を縮小させるような国際資金移動が起きるため、日本の金利にも上昇圧力。②日米経済の連動性。わが国経済は、輸出などを通じて、米国の

2014年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年2月号 過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化

中 国 経 済 展 望2014年2月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年1月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化実質成長率はおおむね横ばいで推移。2013年通年では昨年と同じ7.7%。ただし、2012年は

2013年11月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年11月号7~9月期の景気は持ち直し

中 国 経 済 展 望2013年11月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年10月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)7~9月期の景気は持ち直し当局は景気と構造調整の双方に目配りした施策を相次いで発表。具体的には、投資プロジェクトの承認手続きの権

2013年10月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年10月号 景気減速に歯止め

中 国 経 済 展 望2013年10月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年9月27日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)景気減速に歯止め 中国経済は4~6月期に一段と減速。さらなる景気減速に歯止めをかけるため、当局は景気と構造調整の双方に目配りした施

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年5月号

中 国 経 済 展 望2013年5月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年4月24日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)公費倹約令により景気回復に足踏み2012年7~9月期を底に景気は持ち直し。景気対策が主因。2012年入り後の景気減速が想定よりも急ピ

2013年4月12日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

回復に転じた中国の輸入

No.2013-0032013年4月12日http://www.jri.co.jp回復に転じた中国の輸入― 投資財比率が高い日本からの輸入は低迷 ―(1)中国では、2012年末から輸入の増勢が加速(図表1)。景気対策により、景気が持ち直しに転じたことが背景(図表2)。(2)もっとも、地域別にみると大きな違い。NIEsやASEAN、米国などからの輸入は急増しているものの、日本とEUからは弱含み(図表3)。これは、足元の回復パターンを反映した動き。すなわち、固定資産投資の抑制スタンスが続くなか、投資

2013年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年4月号

中 国 経 済 展 望2013年4月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年3月27日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)政府による投資抑制策で回復ペースは緩やかに足許で景気は持ち直し。その背景として以下3点が指摘可能。第1は、景気対策。2012年入り後

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ