調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本総研作成

「日本総研作成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015年3月27日No.2014-060わが国のインバウンド需要の先行きと課題― 需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠 ―調査部 研究員 長井翔吾《要 点》◆ わが国を訪れる外国人(訪日外客)数は、一時的な落ち込みがみられたものの、総じて増加基調にあり、2014年は1,341万人に。2014年の訪日客による消費総額は2兆円を突破するなどインバウンド消費がわが国経済へ与える影響も拡大。そこで、訪日外客数が増加

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア燃料補助金削減の景気への影響-景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 12 月 10 日No.2014-043インドネシア燃料補助金削減の景気への影響―景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善―調査部 研究員 塚田雄太《要 点》 ジョコ新大統領は 11 月 17 日に燃料補助金の削減を決定し、燃料価格が 2,000 ルピア/ℓ値上げされた。インドネシアでは、これまで燃料補助金の予算措置によって貧困対策やインフラ整備などへ十分な資金配分ができないことに加え、これが財

2014年9月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年9月号:見込まれる地方債務抑制の強化

中 国 経 済 展 望2014年9月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年8月26日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)見込まれる地方債務抑制の強化2014年入り後、経済発展パターンが投資主導から消費主導へ調整されるなか、経済成長ペースが鈍化。なかでも

2014年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年5月号:構造調整と景気てこ入れに向けた政策が徐々に具体化

中 国 経 済 展 望2014年5月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年4月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)構造調整と景気てこ入れに向けた政策が徐々に具体化景気は減速。1~3月期の実質成長率は前年比7.4%に低下。固定資産投資は当局の投資抑

2014年3月17日日本総研フィードバック数:0ビジネス

拡大を続ける東京都心部のオフィス需要-内需回復とオフィス環境改善の動きが牽引役に

No.2014-0382014年3月14日http://www.jri.co.jp拡大を続ける東京都心部のオフィス需要~ 内需回復とオフィス環境改善の動きが牽引役に ~(1)東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)では、2011年以降、オフィス需要の拡大が続いており、2013年にはリーマンショック前の水準を回復。背景には以下三つの動き。(2)第1に、景気の持ち直し。過去の推移をみると、都心5区のオフィス需要面積は基本的に実質GDPと連動(図表1)。とくに足元では、実質GDPの回復ペ

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度総合調査研究我が国及び主要国における中長期的な産業構造変化調査事業最終報告書

経済産業省 大臣官房総務課 御中平成24年度総合調査研究 我が国及び主要国における中長期的な産業構造変化調査事業最終報告書2013年3月株式会社日本総合研究所 総合研究部門 社会・産業デザイン事業部 グローバルマネジメントグループCopyright (C) 2013 The Japan Research Institute, Limited. All Rights Reserved.目 次1. プロジェクト概要 1-1. 名目GDPと産業別内訳の推移 1-2. 製造業の就業者数の減少と1人当たり

2014年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年2月号 過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化

中 国 経 済 展 望2014年2月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年1月28日時点で利用可能な情報をもとに作成 ◆本資料に関するご照会先 調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化実質成長率はおおむね横ばいで推移。2013年通年で は昨年と同じ7.7%。ただし、201

2013年9月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【新局面の日中韓経済シリーズ No.1】輸出による国内付加価値の誘発構造-日中韓の現状比較と、今後とるべき戦略

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪新局面の日中韓経済シリーズ No.1≫2013年9月11日No.2013-025輸出による国内付加価値の誘発構造― 日中韓の現状比較と、今後とるべき戦略 ―調査部 上席主任研究員 枩村秀樹《要 点》◆本レポートでは、日中韓を対象に、輸出による国内付加価値の誘発構造を分析。主な分析結果は以下の3点。◆第1に、輸出による国内経済押し上げ効果には大きな差。同時点の比較では、輸出による国内付加価値誘発は、日本が最も大きく、次いで中国、

2013年4月12日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

回復に転じた中国の輸入

No.2013-0032013年4月12日http://www.jri.co.jp回復に転じた中国の輸入― 投資財比率が高い日本からの輸入は低迷 ―(1)中国では、2012年末から輸入の増勢が加速(図表1)。景気対策により、景気が持ち直しに転じたことが背景(図表2)。(2)もっとも、地域別にみると大きな違い。NIEsやASEAN、米国などからの輸入は急増しているものの、日本とEUからは弱含み(図表3)。これは、足元の回復パターンを反映した動き。すなわち、固定資産投資の抑制スタンスが続くなか、投資

2013年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年4月号

中 国 経 済 展 望2013年4月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年3月27日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)政府による投資抑制策で回復ペースは緩やかに足許で景気は持ち直し。その背景として以下3点が指摘可能。第1は、景気対策。2012年入り後

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ