「日本茶」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 冬に飲むもの(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 冬に飲むもの 】に関するアンケート調査(第2回)冬に温かい状態で飲むものは「コーヒー」「日本茶・中国茶、ブレンド茶」が6〜7割。冷たい状態で飲むものでも「日本茶・中国茶、ブレンド茶」は上位に マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『冬に飲むもの』に関するインターネット調査を2017年1月1日〜5日に実施し、11,248件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】

2016年11月22日ハインツフィードバック数:0ライフスタイル

ナッツに関する調査

[ハインツ日本株式会社] ,コーヒー 調査 記念日 ピーナッツ ナッツ 日本茶 ピーナッツの日 米国発

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は約35%。男性や10・20代での飲用頻度が高い傾向。サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などでの飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「味の濃さ」「旨みがありそう」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位は、綾鷹主飲用者、ヘルシア緑茶主飲用者では「味の濃さ」「飲みやすさ」、からだすこやか茶W主飲用者では「健

2015年9月17日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

飲料市場に関する調査結果 2015

2015年09月17日 飲料市場に関する調査結果 2015 ~2014年度は5年振りに市場縮小、2015年度はプラスに転じると予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の飲料市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年6月~8月2.調査対象:飲料メーカー、販売企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用<飲料市場とは>本調査における飲料市場とは、炭酸飲料やコーヒー飲料、ミネラルウォーター、果汁入り飲料、各種茶系(日本茶、紅茶、ウー

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は4割強。男性の方が飲用頻度が高い人が多い傾向。また、サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などで飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「旨みがありそう」「味の濃さ」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位2位は、ヘルシア緑茶主飲用者では「健康によさそう」「味の濃さ」、綾鷹主飲用者では「旨みがありそう」「味の濃

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム オーガニック商品

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへオーガニック商品利用者は全体の3割強。女性や、高年代層で多い。購入意向者は3割強、現在利用者では8〜9割、非利用者では1割強 利用するオーガニック商品の種類は、食品では「野菜・果物類」「お茶、お茶系飲料」、食品以外では「タオル類」「衣料品、衣料小物」などが上位 オーガニック商品利用理由は「健康によい」が最も多く、「安全」「環境によい」「品質がよい」「アレルギー予防・対策」などが続く オーガニック商品購入場所は「スーパー」が最も多く、「インタ

2014年10月8日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

緑茶についての調査です。

緑茶に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト緑茶に関する調査。72%が緑茶が「好き」。2014年10月 8日■テーマ:緑茶に関する調査■有効回答:1500件■調査期間:2014年9月24日から9月27日■対象者:20歳以上の全国男女■キーワード:緑茶,お茶,日本茶,煎茶日本では寿司や菓子などと熱い緑茶を飲むことが一般的でしたが、近年ペットボトル入りの緑茶が普及し、冷えた緑茶も飲まれることが多くなってきました。 今回は、緑茶についてみなさんに調査しました。調査サマリー■20歳以上の全国男女に対し、緑茶

2014年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者は9割弱、週1回以上飲用者は4割弱 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「価格」「飲みやすさ」「旨みがありそう」「味の濃さ」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視項目1位は、伊右衛門、綾鷹では「旨みがありそう」、爽健美茶、十六茶、からだ巡茶では「飲みやすさ」、黒烏龍茶、ヘルシア緑茶では「健康によさそう」となっている ペットボトルの緑茶・日本茶・中国茶・ブレンド茶飲用場面は「のどが渇いたとき」「昼食」「

2014年4月14日インライフフィードバック数:0ライフスタイル

ビジネスマンの平均睡眠時間 ランキング

働く男たちのつかの間の休息「睡眠」しかし、現代の男たちは仕事に遊びに忙しい。「春眠暁を覚えず」で寝坊しやすいこの時期にビジネスマンの平均睡眠時間を調査してみました。■睡眠時間が短い理由は年代で異なる アンケート結果では半数以上のビジネスマンが平均で7時間未満となりました。その理由は年代によって若干違っています。「深夜のバラエティ番組を見ていたらあっという間に12時過ぎて睡眠時間が減ってしまう」(21歳/平均睡眠時間7時間) 「仕事で遅くなっても何か遊び・趣味の時間を取りたい。帰ってきて、寝て、ま

飲み物の購入についての調査です。

「飲料」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「飲料」について、オムニバス調査(NOS:日本

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

あなたの好きなお茶の種類は?(2006/09)

【第153回】アンケート結果:2006年9月20日〜9月26日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2,052人 この10年で、私たちとお茶との付き合い方は大きく変化しました。ひと昔前までは、毎食時ごとに急須で淹れた煎茶や、ほうじ茶を飲むのが当然のことでしたが、ここ最近では缶やペットボトルに入ったお茶飲料がむしろメインとなりつつあります。同時に煎茶、番茶、ほうじ茶に加え、半発酵したウーロン茶や、茶葉以外のそば茶、ハトムギ茶やプーアル茶など、お茶の種類も次々に増え多様化していま

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者(紅茶除く)飲用者は8割弱で2012年調査時よりやや減少。週1回以上飲む人は3割強 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲み慣れている」「容量(容器のサイズ)」などが多い。伊右衛門主飲用者、綾鷹主飲用者などでは「旨みがありそう」、黒烏龍茶主飲用者、ヘルシア緑茶主飲用者では「健康によさそう」が多い ペットボトルの紅茶飲料を飲む人は6割、「月に

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者(紅茶除く)は9割弱。週1回以上飲む人は4割。 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲み慣れている」「容量(容器のサイズ)」などが多い ペットボトルの紅茶飲料の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて、「香り」「甘さ」「おいしそう」などが続く 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネッ

2011年7月20日ネットエイジアフィードバック数:3ライフスタイル

ペットボトル入りお茶飲料に関する調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2011年7月20日 ペットボトル入りお茶飲料に関する調査ネットエイジアリサーチペットボトル入りお茶飲料に関する調査〜10代が好きなブランド 1位「爽健美茶」〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「ペットボトル入りお茶飲料に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ

2011年5月6日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お茶系飲料(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用率は90.5%。週1回以上飲む人は半数弱 直近1年間で飲んだことがあるお茶系飲料は「お〜いお茶(伊藤園)」「伊右衛門(サントリー)」「爽健美茶(コカ・コーラ)」「生茶(キリンビバレッジ)」の順で多い ペットボトルのお茶系飲料購入時の重視点は、「飲みやすさ」「価格」の他、「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲みなれている」などが続く ペットボトルのお茶系飲料の飲用頻度が1年前よりも減ったのは2割弱。代わりに頻度が増えた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ