「日本製品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月5日内閣府★フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品の生産動向とインバウンド消費

今週の指標 No.1163 化粧品の生産動向とインバウンド消費 ポイント2017年2月27日化学の生産は、近年増加基調にあり、2015年1月を起点とした累積変化率に対する品目別の寄与度をみると、特に化粧品の寄与が大きくなっている(図1)。この背景には化粧品輸出の増加が出荷を牽引していることがある。以下では、なぜ化粧品の生産が増加しているのか各種データを基に分析する(図2)。まず、2014年から2016年にかけて、化粧品の出荷・輸出に加え、訪日外国人消費の動きをみると、いずれも2年連続で増加して

2016年3月9日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポート VOL.73「2016年の生活者トレンド」

メディアバリューレポート VOL.73「2016年の生活者トレンド」気分と行動がつながる暮らしへ スマートフォンの浸透によって実現する未来 テクノロジーで「未来」を現実化する日本マイナンバーの運用が始まり、日本の行政サービスはIT によって束ねられようとしている。ビジネスや生活支援へのAI(人工知能)の活用も本格化し、小売店やホテル、イベント会場では既に「Pepper」などの人型ロボットが活躍している。また、クルマの自動運転技術が実用段階に入り、ICT 端末としての機能をもつコネクテッドカーが

2016年3月2日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

【Global HABIT レポート 2016年 Vol.1】アジア生活者が各国製品に対して抱くイメージ

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2016年 Vol.1】アジア生活者が各国製品に対して抱くイメージ 2016年02月29日■「日本製品=高品質」イメージ。「定評」「先端技術」「安心/安全」イメージも高く、日本製品への信頼は厚い。日本から連想するモノ・サービスのトップ3は「家電/AV製品」、「デジタ ■アメリカ製品は、製品イメージ、連想するモノ・サービスともに日本製品と似ている。 ■タイ製品は、全体的に中国製品とイメージが似ているが、ホーチミンシティ、ヤンゴン、インド2都市では

2015年4月23日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

【Global HABIT レポート 2015年 Vol.2】アジア14都市の生活者の日本への観光意識

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2015年 Vol.2】アジア14都市の生活者の日本への観光意識 2015年04月23日■ 日本への渡航経験と渡航意向の両方が高いのは、台北、香港。今後の伸びが予想されるのはシンガポール、メトロマニラ、バンコク、広州。■ 行ってみたいエリアは「東京エリア」が断トツだが、台北、香港の人は「北海道エリア」■ 渡航の主目的は名所旧跡・雄大な自然・食・温泉、加えて「現代の日本を見る」「買物」も渡航目的の目玉。7割以上の人が様々な商品の買物を目的にしてい

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0マーケティング

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(日アセアン越境電子商取引に関する調査)報告書

平成 25 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(日アセアン越境電子商取引に関する調査)報告書平成 26 年 5 月経済産業省はじめに本報告書は、アセアン対象 5 ヵ国(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム)から日本への電子商取引による日本製品・コンテンツ等の販売の可能性を探り、日本企業の海外事業展開の拡大、将来の産業振興への貢献の観点から、アセアン対象 5 ヵ国における越境電子商取引の現状を踏まえて課題を把握し、日本政府による整備支援が効果的と考えられる施策を

2014年5月21日日経リサーチフィードバック数:0ライフスタイル海外

新・新興国 カンボジア、消費生活の実態~プノンペン生活者の暮らし調査より~

新・新興国 カンボジア、消費生活の実態 2014.05.20  中国やタイに続くアジアの「新・新興国」として注目度が増すカンボジア・ラオス・ミャンマー。急速な経済成長が期待され、頭文字を取って「CLM」と呼ばれる。 日経リサーチは2012年にミャンマー最大の都市ヤンゴンで生活実態調査を実施したのに続き、13年6月にカンボジアの首都プノンペンとラオスの首都ビエンチャンで定性的な家庭訪問調査を実施。日常生活の様子や所有物、生活意識などをヒアリングした。10月にはプノンペンで25~34歳の男女を対象に

2013年3月26日外務省★フィードバック数:99社会/政治

78%は関係良好と答えています。

ブラジルにおける対日世論調査

平成25年3月25日 2月21日から25日まで、外務省は、SENSUS社に委託して、ブラジルの24州、53都市において16歳以上の600名を対象として面談による対日世論調査を行いました(信頼度95%、誤差±4%)。結果は以下のとおりです。日伯関係 (1)全体の78%の人が日伯関係は良好、又はどちらかといえば良好と答え、84%が今後も日本はブラジルにとって重要性が高まる、又はどちらかといえば高まると答えています。(2)日系人はブラジル社会に貢献している、どちらかというと貢献していると回答した人は8

中国でのグループインタビューのレポートです。

日中関係(中国における日本製品不買意識)に関する座談会調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。このたび、日中関係(特に、中国における日本製品不買意識)を把握するため、CRC 北京世研信息諮詢公司(Communication Research Center) と共同で、

2012年10月10日日経BPフィードバック数:5社会/政治

中国12都市反日度調査、詳細データを公開(1回目)

お知らせ「日経ビジネスBASIC」を開始しました「日経ビジネス誌面ビューアー」がiPhoneに対応しました 中国12都市反日度調査、詳細データを公開(1回目)日本製品の販売中止を支持する人は56.3% 坂田 亮太郎 「これじゃ、来年の予算が立てられませんよ」 9月20日木曜日の夕方、ある消費財メーカーで中国事業のトップを務めるY氏は溜息を漏らした。沖縄県・尖閣諸島(中国名は釣魚島)を日本政府が国有化してから、中国全土で反日デモが吹き荒れた。満州事変の発端となった柳条湖事件が起きた9月18

2012年8月3日外務省★フィードバック数:12社会/政治

スペイン人から見た日本です。

スペインにおける対日世論調査(結果概要)

スペインにおける対日世論調査(結果概要) 平成24年3月5日(月曜日)から3月16日(金曜日)まで,外務省は,王立エルカノ財団に委託して,スペインにおいて18歳以上の1,000名を対象とし,電話による対日世論調査を行いました(信頼度95.5%,誤差は±4%)。結果は以下の通りです。日本全般日本への関心については,「非常に関心がある」,「関心がある」,「なんとなく関心がある」と回答した人は68%,分野別では「文化・芸術」及び「科学技術」が上位を占めました。日本に対する印象については,「とても良い

2009年1月19日博報堂フィードバック数:1マーケティング

注目される世界の新興市場・14都市の「日本製品」に対するイメージ調査

注目される世界の新興市場・14都市の「日本製品」に対するイメージ調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ