調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本証券業協会

「日本証券業協会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月16日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

Data 数字は語る 年率23.06% 2014年におけるNISAでの投資収益率 金融庁および日本証券業協会の統計を基に大和総研で推計した値

4 月 日に金融庁は、﹁NISA口座の利用状況について﹂を発表した。この統計によると、2014年のNISA口座での総購入額2兆9770億円に対し、年末の残高や受取配当等の総額は3兆3230億円となった。つまり、NISAで投資をした個人投資家の資産は時価で3460億円増えた計算だ。  単純計算では総購入額に対し・ %増えた計算だが、年初に全額が投資されたわけではないので年換算の収益率はもっと高い。金融庁の統計と日本証券業協会﹁NISA口座開設・利用状況調査結果﹂によるNISA口座での月当たりの購入

2015年1月4日SBI証券★フィードバック数:0大型消費/投資

SBI証券の調査です。

2015年の相場見通しに関するアンケート

お客様のご選択されたサービスは受付出来ませんでした。再度お試しいただきましても、状況が改善されない場合は、「システム障害の備え」をご確認のうえ、他のログイン方法をお試しください。 金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co.,

2014年10月3日SBI証券フィードバック数:0大型消費/投資

投資に関する意識調査

お客様のご選択されたサービスは受付出来ませんでした。再度お試しいただきましても、状況が改善されない場合は、「システム障害の備え」をご確認のうえ、他のログイン方法をお試しください。 金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co.,

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ