調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本銀行レポート

「日本銀行レポート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月30日日本銀行★★フィードバック数:0モバイル

モバイル決済の現状と課題

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 モバイル決済の現状と課題2017年6月20日日本銀行決済機構局要旨の潮流の中での、リテール決済分野における一つの特徴的な動きとして、世界的に急速な普及が進んだ携帯電話やスマートフォンを用いる「モバイル決済」の拡がりが挙げられる。このようなモバイル決済は、先進国よりも、むしろ中国やケニアといった、従来はリテール向け銀行サービスが十分に発達していなかった国々で急速に拡がるケースが目立っている。この間、日本では、世界に先立っ

2015年5月29日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀のレポートです。

金融システムレポート別冊「人口減少に立ち向かう地域金融 ― 地域金融機関の経営環境と課題 ― 」

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 人口減少に立ち向かう地域金融地域金融機関の経営環境と課題2015年5月29日日本銀行金融機構局要旨地域金融機関の収益力は、2000年代以降、趨勢的に低下してきた。長期にわたる超低金利環境の継続というマクロ的な要因に、人口減少等の構造的な下押し圧力が、地域経済により強く働いてきたことによるものである。人口動態は今後も「逆風」として働くとみられるが、地域金融機関は、これに立ち向かうべく、様々な取り組みを行っている。まず挙げ

2015年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

効果検証です。

(日銀レビュー)「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証2015年5月1日企画局要旨日本銀行が2013年4月に「量的・質的金融緩和」を導入してから2年が経過した。本稿では、「量的・質的金融緩和」が金融・経済に与えた政策効果についての定量的な検証を試みる。「量的・質的金融緩和」の効果の波及メカニズムは、(1)2%の「物価安定の目標」に対する強く明確なコミットメントとこれを裏打ちする大規模な金融緩和により予想物価上昇率を引き上げると同時

2015年4月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2015年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2015年4月号)2015年4月22日 日本銀行要旨:金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、リスクを取る方向での業務運営を指向し、成長事業の育成・事業再生への取り組みを強めている。こうしたもとで、金融機関の国内貸出は、企業向けを中心に緩

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)わが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ2015年3月26日調査統計局 倉知善行、安藤雅俊、庄子可那子*要旨わが国の輸出は、リーマン・ショック以降、勢いを欠く状態が続いてきた。本稿では、この間の輸出動向について、「世界的な貿易量」と「それに占める日本のシェア」に分解して考察する。その結果、(1)世界的な貿易活動の伸び悩みに加え、(2)情報関連分野における趨勢的な競争力低下、(3)グローバル

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0大型消費/投資

(日銀レビュー)不動産市場のモニタリングにおける各種データの活用について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 不動産市場のモニタリングにおける各種データの活用について2015年3月27日金融機構局 伊藤雄一郎、瀧塚寧孝*、武藤一郎要旨不動産市場の大幅な変動は、実体経済の振幅を拡大するとともに、金融システムの不安定化をもたらす。このため、中央銀行にとって、金融政策、プルーデンス政策の両面において、不動産市場の動向をモニタリングする重要性は高い。本稿では、近年における統計の改善・充実も踏まえつつ、(1)不動産取引、(2)不動産価格

2014年11月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)主要国における資金決済サービス高度化に向けた取組み

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 主要国における資金決済サービス高度化に向けた取組み2014年11月5日決済機構局リテール決済システムグループ要旨主要国の金融機関では、資金決済サービスの高度化という観点から、様々な取組みが進められている。具体的には、資金の即時振込の実現や、国内送金における商取引情報の添付・拡張(金融EDI <>)が挙げられる。こうした中、本年6月に公表された政府の「『日本再興戦略』改訂2014」では、わが国の金融・資本市場活性化の一環

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2014年10月号)2014年10月17日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、相対的に信用力の低い企業への貸出にも取り組むなど、リスクを取る方向での業務運営を指向している。成長事業の育成や事業再生にも着実に取り組んでいる。国

2014年10月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)金融危機後の国際的要請を受けた資金循環統計の整備と拡充

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融危機後の国際的要請を受けた資金循環統計の整備と拡充2014年10月15日調査統計局 紺野 佐也子要旨2008年の金融危機を受けて、既存データでは把握できないリスクの積み上がりや金融・経済の脆弱性を把握することを目的に、新たな統計整備を進める動きが国際的に広がりをみせている。これを受けて、日本銀行では、資金循環統計の整備と拡充に取り組み、2011年から2013年にかけて、新たに3つのデータ(1.債券・貸出金の、2.貸

2014年10月8日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本銀行のマクロ・ストレス・テストについて

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行のマクロ・ストレス・テストについて2014年10月8日日本銀行金融機構局北村冨行※1小島早都子※2高橋宏二郎※3竹井郁夫※4中村康治※5要旨世界的な金融危機以降、金融システムのリスクを評価する手法の一つとして、マクロ・ストレス・テストが各国で注目を集めている。日本銀行も、金融システムレポートの中で、その時々の金融経済情勢を反映したマクロ・ストレス・テストを毎回実施している。本稿では、金融システムレポートで実施し

2014年6月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理2014年6月19日企画局 齋藤雅士、法眼吉彦、西口周作要旨2013年4月の量的・質的金融緩和導入以降、日本銀行による国債買入れが大きく増加する中、日本銀行以外の主体は、全体として国債投資を減少させ、貸出のほか、株式・投信や社債への投資フローを増加させている。こうしたポートフォリオ・リバランスの程度には主体間で違いがあり、国内銀行と海外部

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点2014年6月16日調査統計局 菅沼健司、篠潤之介*、峯岸誠*、高田恵理子要旨今次景気回復局面での雇用環境の特徴点として、(1)雇用誘発力の高い内需主導で回復が進むなか、雇用の改善が非製造業部門で目立っていること、(2)需給双方の要因から、女性や高齢者を中心とした労働参加が活発化していること、が挙げられる。新たに活用される労働力は、これまでのところ、平均賃金が相対的に低い非

2014年5月30日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル海外

(日銀レビュー)米国の労働市場のスラックについて

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国の労働市場のスラックについて労働参加率を中心に2014年5月30日国際局 長田充弘、柴田雄行、長野哲平要旨米国経済は緩やかな回復を続けており、失業率も6%台半ばまで低下してきた。こうした中で、米国の労働市場にどの程度のスラック(需給の緩み)が残されているのか、関心が高まっている。もっとも、数ある労働関連指標をみても、金融危機後の改善度合いにはバラつきがあり、スラックの計測は容易ではなく、不確実性も高い。とくに、低下

2014年4月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2014年4月号)2014年4月23日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、全体として安定性を維持している。金融資本市場や金融機関行動において、過度な期待の強気化など、金融面の不均衡を示す動きは、現時点では観察されない。金融資本市場では、今年に入り、株式市場でボラティリティが高まる局面もみられたが、国債市場、外国為替市場のボラティリティは、総じて落ち着いている。金融機関(銀行・信

2014年3月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)家計のインフレ予想の多様性とその変化

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 家計のインフレ予想の多様性とその変化2014年3月27日企画局 西口周作、中島上智、今久保圭要旨インフレ予想を特徴付ける要素のひとつは、その「多様性」もしくは「ばらつき」の大きさであり、家計のインフレ予想の「ばらつき」はとりわけ大きい。インフレ予想が変化する局面では、平均値や中央値といったインフレ予想指標の統計量では把握しきれない「ばらつき」の変化が、予想分布の形状の変化として現れる。本稿は、こうした観点から、家計がも

2014年2月28日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

国際収支の分析です。

(論文)2013年の国際収支(速報)動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年の国際収支(速報)動向2014年2月28日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が縮小した(12年 4.8兆円→13年 3.3兆円)。資本収支は、対外証券投資の処分(流入)超転化、対内証券投資の取得(流入)超幅拡大により、証券投資が流入超に転化したことを主因に、流入超に転化した(12年 △8.2兆円→13年 4.6兆円)。外貨準備は、増加に転じた(12年 3.1兆円→13年 △3.9兆

2014年2月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)企業向けサービス価格指数・2010年基準改定の最終案

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業向けサービス価格指数・2010年基準改定の最終案2014年2月7日日本銀行調査統計局日本銀行は、昨年5月、企業向けサービス価格指数の基準改定(現行の2005年基準指数から2010年基準指数への移行)の基本方針(以下、「基本方針」)を公表し、皆様からのご意見を広く募集しました1。これに対し、各方面から貴重なご意見を多数いただくことができました。皆様には、この場をお借りし、あらためて深く御礼申し上げます。本稿では、いた

2013年11月8日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日銀のレポートです。

(日銀レビュー)最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響2013年11月7日調査統計局 米良有加、倉知善行、尾崎直子要旨わが国を訪れる外国人数は、このところ大きく増加しており、なかでもアジアからの訪日客の伸びが大きい。この背景をみると、震災直後の落ち込みからの回復、為替相場動向に加え、アジアにおける中間所得者層の増加、LCC就航やビザ発給要件の緩和といった要因が複合的に影響しているとみられる。こうした訪日外国人数の増加によるわが

2013年10月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2013年10月号)2013年10月23日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、全体として安定性を維持している。金融資本市場や金融機関行動において、過度な期待の強気化など、金融面の不均衡を示す動きは、現時点では観察されない。金融資本市場では、2013年度に入って各市場のボラティリティが高まったが、その大きさは、過去のストレス時に比べれば限定的なものにとどまっている。金融機関(銀行

2013年10月15日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

大口から小口まで、日銀によるレポートです。

決済システムレポート2012-2013

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済システムレポー 2012-20132013年10月11日 日本銀行はじめに「決済システムレポート」は、わが国の決済システムを巡る動きを概括するとともに、決済システムの安全性・効率性の改善に向けた日本銀行ならびに関係機関の取組みを紹介することを目的としている。この「決済システムレポート2012-2013」では、主として2011年7月から2013年9月までの出来事を扱っている。グローバル金融危機以降、国際的には、決済シ

2013年9月20日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(日銀レビュー)信用金庫の最近の収益動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 信用金庫の最近の収益動向2013年9月19日金融機構局 石川篤史、西岡慎一要旨わが国では、10年前後にわたって金融機関における基礎的な収益力の低下が続いている。低金利環境の長期化や民間部門における資金需要の低迷が、預貸率の低下と貸出利鞘の縮小を招いていることがこの背景にある。貸出を巡る金融機関間の競合の強まりも貸出利鞘の縮小につながっている。こうした傾向は、地域経済を地盤とし、中小企業を主たる貸出先とする信用金庫におい

2013年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日本の収支です。

(論文)2012年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年の国際収支動向2013年5月2日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が半減となった(11年 9.6兆円→12年 4.8兆円)。資本収支は、対内証券投資の取得(流入)超幅縮小、対外証券投資の取得(流出)超幅拡大により、証券投資が流出超に転化したことを主因に、流出超に転化した(11年 1.2兆円→12年 △8.2兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作が実施されなかったほか、一部を外準に含め

2013年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2013年4月号)2013年4月17日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く外部環境わが国の金融システムを取り巻く外部環境をみると、一部に改善の動きがみられるものの、先行き不透明感は依然として高い。国際金融資本市場では、投資家のリスク回避姿勢が徐々に後退している。また、実体経済面では、米国経済が緩やかな回復基調を続けているほか、中国経済でも持ち直しの動きがみられている。もっとも、欧州債務問題

2012年11月20日日本銀行★★フィードバック数:1大型消費/投資

電子マネーについてのまとまったレポートです。

(論文)最近の電子マネーの動向について(2012年)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について(2012年)2012年11月19日日本銀行決済機構局要旨電子マネーの発行枚数・端末台数は、増加を続けている。伸び率は、一頃と比べ鈍化したとはいえ、引き続き高い水準にある。このように利用環境が拡大するもとで、電子マネーの決済金額・件数は、足許でやや増勢を強めている。1枚あたりの決済金額・件数は緩やかな増加を続けており、発行枚数の増加と相俟って全体の決済金額・件数の増加に寄与している。また、

2012年11月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資2012年11月13日金融機構局 菅和聖、倉知善行、福田善之*、西岡慎一要旨生命保険会社(生保)では長期保有を目的とした国債投資が多い。とりわけ、最近では生保の超長期国債保有が大きく増加しており、同市場における生保の存在感が高まっている。生保では、将来の保険金支払いが負債の多くを占めており、保険金支払いまでの期間(負債デュレーション)が長い。このため、資産運用における投資

2012年9月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)金融機関間の資金決済のための流動性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融機関間の資金決済のための流動性について次世代RTGSプロジェクト第2期対応実施後の変化を中心に2012年9月25日日本銀行決済機構局土屋宰貴※1要旨金融機関は、コール取引や外国為替取引等、様々な取引を行っており、取引の約定成立後、資金の支払側は、決済に必要な流動性を自らの日銀当座預金に用意したうえで、日銀ネットに対し振替依頼を送信すること等により決済している。本稿では、こうした金融機関が決済のために用意する流動性の

2012年8月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本銀行のマクロストレステスト

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行のマクロストレステスト:信用リスクテストと金利リスクテストの解説2012年8月3日日本銀行金融機構局要旨世界的な金融危機以降、金融システムのリスクを評価する手法の一つとして、マクロストレステストが各国で注目を集めている。日本銀行も、金融システムレポートの中で、その時々の金融経済情勢を反映したマクロストレステストを毎回実施している。本稿では、金融システムレポートで実施しているマクロストレステストの分析手法について

2012年7月18日日本銀行★フィードバック数:1マーケティング

個人消費、その中でもシニア層の消費についてのレポートです。

(日銀レビュー)最近の高齢者の消費動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の高齢者の消費動向について2012年7月18日調査統計局 白木紀行、中村康治*要旨足もとの個人消費は、家計所得が伸びない中にあっても緩やかに増加しており、わが国のマクロの消費性向、すなわち所得に対する消費支出の割合は、上昇傾向にある。その背景として、本稿では、2つの点に着目する。第一に、若年層と比べて消費性向の高い高齢者の数が増加することによって、マクロの消費性向は継続的に押し上げられている。第二に、近年の特徴とし

2012年7月18日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)米国家計のバランスシート問題の動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国家計のバランスシート問題の動向2012年7月17日国際局 東将人*1、片桐達平*2、稲村保成*3、肥後雅博現企画局現金融市場局現業務局 要旨米国家計のバランスシート動向をみると、(1)住宅ローン金利が大幅に低下し、所得対比の元利払い比率が低下しているほか、(2)株価の回復を受けて家計の純資産も改善しており、家計の過剰な債務負担は、全体では和らぐ方向に向かっている。もっとも、住宅ローンを抱える低・中間所得層の家計を中

2012年7月5日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)企業物価指数・2010年基準改定結果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業物価指数・2010年基準改定結果2012年7月4日日本銀行調査統計局日本銀行では、昨年12月に公表しました「企業物価指数の2010年基準改定に関する最終案」に沿って、企業物価指数の基準改定作業を進めてまいりました。このほど基準改定作業が終了しましたので、7月11日に公表を予定している企業物価指数の5月確報・6月速報から、2010年基準指数の公表を開始します。本稿では、2010年基準指数について、基本的なフレームワー

2012年5月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意2012年5月11日決済機構局 武田憲久、武井愛、二宮拓人要旨世界各国では、金融市場のグローバル化と金融危機の教訓を踏まえながら、決済インフラの強化・拡充が進んでいる。米国では、金融危機の経験を踏まえ、レポ取引の決済インフラの改善が進められている。欧州では、域内の金融市場統合と決済の安全性向上の観点から、証券決済インフラのITプラットフォームの統合が進められている。アジアで

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)2011年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年の国際収支動向2012年4月20日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:2大型消費/投資海外

(日銀レビュー)最近の中国住宅市場の動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の中国住宅市場の動向について2012年4月20日国際局 中谷亮太、松永美幸、長野哲平要旨中国の住宅市場をみると、2009年から10年にかけて活況を呈したが、このところ住宅価格は緩やかに下落し、住宅投資も減速している。こうした動きは、それ自体としては、景気の持続性を確保する上で望ましい動きとして捉えることが出来る。一方で、これまでの住宅・不動産ブームを受けて、潜在的な住宅在庫が増加し、不動産ディベロッパー向け信用が拡

2012年4月20日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)わが国銀行の株式保有と貸出・債券との連関リスク

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国銀行の株式保有と貸出・債券との連関リスク2012年4月19日金融機構局 菅和聖、福田善之、杉原慶彦、西岡慎一要旨わが国銀行の株式保有は、収益を不安定化させる要因となっている。加えて、銀行は特定の取引先に対し、株式保有とともに多額の融資も実行しており、仮にこうした取引先が倒産すると、銀行は貸出と株式の双方から損失を蒙る。さらに、民間部門の資金需要が低迷する中、銀行では国債を中心とした債券保有が増加している。株価と金

2009年7月21日日本銀行フィードバック数:1大型消費/投資

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について(2008年度)2009年7月10日日本銀行決済機構局要旨 日本銀行決済機構局は、2007年度に続き、今般、主要電子マネーの2008年度の利用動向に関する計数を取りまとめた。電子マネーの決済件数・金額は、「電子マネー元年」と呼ばれた2007年度以降も増加を続け、発行枚数も2009年1月に1億枚を超えた。主要な電子マネーが利用可能な地域も全国的に拡がっており、電子マネーは小口決済手段のひとつ

2008年9月1日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日本銀行による電子マネーの動向調査です。

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について2008年8月22日日本銀行決済機構局要旨 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況をみると、年度末発行枚数は8,000万枚を超え、同発行残高(未使用残高)も771億円となった。また、年度中の決済件数は810百万件、同決済金額は5,636億円と、それぞれ大幅に増加した。こうした利用増加の背景としては、新規電子マネーの発行や一部電子マネーにおける相互運用の開始、共用端末設置の拡充等

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ