調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本銀行ワーキング

「日本銀行ワーキング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月4日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)均衡イールドカーブの概念と計測

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 均衡イールドカーブの概念と計測2015年6月4日今久保圭*1 小島治樹*2 中島上智*3要旨本稿では、均衡イールドカーブの概念とその計測方法について解説する。均衡イールドカーブとは、単一の年限に限定されていた均衡実質金利の概念を、全ての年限に拡張したものである。実際の実質イールドカーブが均衡イールドカーブに一致していれば、需給ギャップはゼロに収束していく。わが国のデータを用いた実証分析によると、過去の緩和局面では、短中

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)中央清算機関の財務資源の定量的な評価方法について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 中央清算機関の財務資源の定量的な評価方法について2015年3月26日寺門聡*要旨中央清算機関(CCP)とは、清算に参加する金融機関同士の金融取引によって発生する債権債務を引き受け、これを履行する重要な金融市場インフラである。このため、2012年4月に公表された新しい国際基準「金融市場インフラのための原則」では、CCPが清算参加者の破綻に伴って発生する損失を補填するため、CCPの財務資源が一定の要件を満たすことを求めてい

2015年3月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)国債市場の流動性:取引データによる検証

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 国債市場の流動性:取引データによる検証2015年3月19日黒崎哲夫*1熊野雄介*2岡部恒多*3長野哲平*4要旨市場の「流動性」が高い、あるいは低いといった表現は良く使われるが、その意味するところは必ずしも一様ではなく、「流動性」を定量的に測定することも容易ではない。そうした制約を踏まえたうえで、本稿では長期国債先物、現物国債、SCレポなどさまざまな市場の取引データを用いて新たな流動性の諸指標を構築し、国債市場の流動性に

2014年12月25日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀の論文です。

(論文)わが国における賃金変動の背景

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国における賃金変動の背景:年功賃金と労働者の高齢化の影響2014年12月24日永沼早央梨*1西岡慎一*2要旨本稿では、わが国の賃金カーブと労働生産性カーブを計測し、その乖離が賃金の伸びに及ぼす影響を検証した。仮に、後払い賃金仮説で主張されるように、賃金カーブの傾きが労働生産性カーブの傾きよりも大きく、高齢者ほど賃金が割高に設定されているならば、労働者の高齢化は、企業の賃金負担を重くし、賃金上昇を抑制する方向に働き得

2014年9月18日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)企業の海外進出と収益力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業の海外進出と収益力2014年9月18日近藤崇史*1中浜萌*2一瀬善孝*3要旨本稿では、わが国企業の海外進出の積極化が収益力や企業価値に与える影響について、実証的に分析した。具体的には、上場企業のマイクロデータを用いて、海外進出の程度を収益率や企業価値に回帰したパネル推計や、国内・海外部門の補完性(一方の事業がもう一方の事業の収益性を向上させる効果)を明示的に考慮した利潤関数の推計を行った。分析の結果、企業が海外進出

2014年4月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)『金融活動指標』の見直しについて

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 『金融活動指標』の見直しについて2014年4月23日伊藤雄一郎*1北村冨行*2中澤崇*3中村康治*4要旨本稿では、『金融活動指標』の見直しを行う。指標の選定にあたっては、まず、候補となる指標を14のカテゴリーに分類した。次に、これらのカテゴリーごとに、分類された指標の有用性を以下の2つの観点から検討した。第一に、わが国の経済・金融活動に大きな影響をもたらした平成バブルの過熱を察知できたかという観点である。第二に、各種の

2014年4月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察2014年4月11日鎌田康一郎*1三浦弘*2要旨本稿では、日本銀行による量的・質的金融緩和政策導入後に観察された長期金利の変動の背景を投資家の確信の揺らぎと群集行動(ハーディング)から説明することを試みる。債券投資家は、金利の先行きに関する確信が揺らぐと、市場価格に追随する傾向が強まる。こうした投資家の行動は、しばしば売りが売りを呼び

2014年3月20日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

グローバル化と雇用・賃金の関係です。

(論文)グローバル化と日本の労働市場

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 グローバル化と日本の労働市場—貿易が賃金格差に与える影響を中心に—2014年3月20日櫻井宏二郎*1要旨本稿の目的は、近年の貿易の変化が日本の製造業の労働市場に与えた影響を、熟練、非熟練労働者に対する非中立的な影響に焦点を当てながら、分析することである。主な分析結果は以下のとおり。第1に、製造業計における非生産/生産労働者、大卒/高卒労働者の相対賃金と相対雇用は、1980年代から趨勢的に増加している。この事実は熟練労働

2014年3月14日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)経営管理とR&D活動

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 経営管理とR&D活動—日韓インタビュー調査を元にした実証分析—2014年3月13日宮川努*1枝村一磨*2Kim YoungGak*3Jung Hosung*4要旨本稿は、2008年、2011−12年に日韓両国で実施された経営管理に関するインタビュー調査をもとに、両国の組織管理、人的資源管理などを比較するとともに、こうした経営管理が、研究開発行動にどのような関係にあるのかを考察した。インタビュー調査の結果から得られた経営

2014年3月14日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)技術進歩を上回る高学歴化

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 技術進歩を上回る高学歴化2014年3月13日川口大司*1森悠子*2全文掲載は、英語のみとなっております。要旨本稿は大卒高卒間賃金格差の決定要因としての大卒供給の重要性を日米比較を通じて分析した。日本の高卒大卒間賃金格差は1986年から2008年にかけて0.35ログポイントから0.34ログポイントへとほとんど変化しなかったものの、米国では同期間0.43ログポイントから0.65ログポイントまで拡大した。本稿の分析によると日

2013年10月23日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)無形資産を考慮した企業のデフォルト率の推計

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 無形資産を考慮した企業のデフォルト率の推計2013年10月22日土屋宰貴*1西岡慎一*2要旨本稿では、企業経営にとって重要とされながらも、客観的な評価が難しかった無形資産が、企業のデフォルト率に与える影響を定量的に分析した。無形資産として「企業の技術力」と「経営者の資質」を採り挙げた。これらは、個別企業ごとに数値化されたデータが利用可能である。分析の結果、(i)企業のデフォルト率には、財務情報に加えて、これらの無形資産

2013年7月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)近年におけるわが国のIIP変動の背景

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 近年におけるわが国のIIP変動の背景について:産業連関を考慮した構造的ファクター分析に基づく考察2013年7月25日熊野雄介*1中野章洋*2武藤一郎*3要旨わが国の鉱工業生産指数(IIP)は、2000年代半ば以降、その変動を拡大させている。本稿では、この背景を考察するため、Foerster, Sarte, and Watson(2011)により開発された「構造的ファクター分析」の手法を用い、わが国製造業の産業連関構造を

2013年7月19日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀のレポートです。

(論文)非製造業の海外進出と国内の雇用創出

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 非製造業の海外進出と国内の雇用創出2013年7月18日桜健一*1近藤崇史*2要旨日本企業の海外進出の動きは、対外直接投資残高の対GDP比でみると2000年代半ばまで低調であったが、近年活発化している。業種別の内訳をみると、これまで海外先進国対比で出遅れてきた非製造業の海外進出がとくに活発化している。このような非製造業の海外進出が国内雇用にどのような影響を与えるかは、日本経済の見通しや成長力を考える際に重要な論点の一つで

2013年2月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)マクロプルーデンス政策が経済に与える影響

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 マクロプルーデンス政策が経済に与える影響:金融マクロ計量モデルによるシミュレーション2013年2月20日河田皓史*1倉知善行*2寺西勇生*3中村康治*4要旨本稿では、代表的なマクロプルーデンス政策手段である、与信成長率規制、LTV規制、DTI規制、可変的な自己資本比率規制が、バブルを伴う金融循環の過程において、経済に与える影響について金融マクロ計量モデルを用いて比較分析した。分析から、マクロプルーデンス政策手段について

2013年1月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)債券と株式の相関関係を考慮した場合の銀行の株式保有について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 債券と株式の相関関係を考慮した場合の銀行の株式保有について— ポートフォリオ理論にもとづくアプローチ —2013年1月24日菅和聖*1福田善之*2杉原慶彦*3要旨本稿では、金融資本市場における金利リスクと株式リスクの相関関係を考慮した場合の銀行の株式と債券の最適な資産構成比率を、ポートフォリオ・モデルによって分析している。本分析によると、わが国における資産構成比率の決定には、金利ボラティリティよりも、金利と株価の相関係

2012年8月8日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討―短観のケース―

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討—全国企業短期経済観測調査(短観)のケース—2012年8月7日平川貴大*1 鳩貝淳一郎*2要旨ビジネスサーベイにおいて、回答が得られないデータ(欠測値)をどのように処理するかは、統計の精度や信頼性を維持・向上する上で、重要なテーマである。全国企業短期経済観測調査(短観)では、調査先企業のご協力を得て高い回答率を達成しているものの、調査回によって欠測値が相応に存在する。このうち、売

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)新興国における供給ショックの国際波及

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 新興国における供給ショックの国際波及— 3カ国DSGEモデルによるインフレーションの分析 —2012年7月13日岩崎雄斗*1河合正弘*2平形尚久*3要旨本稿の目的は、新興国の高インフレと先進国の低インフレという現象と、先進国の中でも日本の低インフレ—あるいはデフレ—というインフレ率に関する二つの違いが観察されていることを踏まえ、新興国における供給能力の強化という正の供給ショックが、新興国と先進国のインフレ率にどのような

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ