調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本銀行企画局

「日本銀行企画局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)トレンドインフレ率は変化したか?-レジームスイッチング・モデルを用いた実証分析-

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 トレンドインフレ率は変化したか?−レジームスイッチング・モデルを用いた実証分析−2015年5月1日開発壮平*1中島上智*2要旨本稿は、トレンドインフレ率とフィリップス曲線の傾きをレジームスイッチング・モデルを用いて推計する新しい手法を提案する。本稿の特徴は、トレンドインフレ率のとり得る値を1%刻みで複数設定し、トレンドインフレ率がそれぞれの値をとる確率を推計している点にある。トレンドインフレ率を離散的に捉えることは、推

2014年6月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:銀行貸出と証券投資フローのデータを用いた実証分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:銀行貸出と証券投資フローのデータを用いた実証分析2014年6月19日日本銀行企画局齋藤雅士※1法眼吉彦※2要旨本稿では、日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランスについて、資金循環統計をはじめとした銀行貸出や主体別の証券投資フローのデータを用い、ファクトの整理と実証分析を行った。2013年4月に量的・質的金融緩和が導入された後、日本銀行以外の主体による日本

2013年10月8日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の対政府取引(2013年9月)

2013年10月7日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2013年9月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500152,174対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)80,522対財政融資資金 長期国債売現先残高 (8)81,9

2013年9月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について2013年9月20日鎌田康一郎*1中島上智*2要旨本稿の目的は、購買力平価に基づいたインフレ予測の計測手法を紹介し、その性質について、理論と実証の両面から検討を加えることにある。購買力平価が成立するもとでは、自国の予想インフレ率は、外国の予想インフレ率に名目為替レートの予想減価率を加えたものに等しい。本稿では、この関係を用いて、5か国(米、英、豪、加、スウェ

2013年7月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)ゼロ金利下におけるインフレ予想と家計支出の関係:マイクロデータによる分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ゼロ金利下におけるインフレ予想と家計支出の関係:マイクロデータによる分析2013年7月12日一上響*1西口周作*2全文掲載は、英語のみとなっております。要旨標準的な理論モデルによれば、ゼロ金利制約下では、インフレ予想が高まるほど、家計支出水準が引き上げられるはずである。もっとも、米国のマイクロデータを用いた最近の実証研究では、こうした関係は支持されていない。本稿は、低金利が長く続いている日本のマイクロデータを用い、様々

2013年6月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年度中における日本銀行の対政府取引

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年度中における日本銀行の対政府取引2013年6月13日日本銀行企画局はじめに日本銀行は、我が国の中央銀行として、法令で定めるところにより国庫金を取扱うこととなっており、その取扱いに必要な事務として、政府預金の受入・払出を行っている1ほか、国庫において予期せざる資金需要が生じた場合等に対応するため、政府との間で様々な取引を実施している。これらの対政府取引は、会計法などの国庫金に関する法令や日本銀行法に基づいて実施

2013年5月9日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)ゼロ金利下におけるタームプレミアムの推計:日米英の長期金利の分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ゼロ金利下におけるタームプレミアムの推計:日米英の長期金利の分析2013年5月8日一上響*1上野陽一*2要旨本稿では、アフィン期間構造モデルと潜在金利モデルを、日米英の2013年3月までのデータを用いて推計した。推計結果はモデルによって大きく異なり、これは、ゼロ金利制約を考慮していないアフィンモデルにおいて、推計バイアスが生じているためと考えられる。10年物金利のタームプレミアムの推計結果をみると、モデル間の差異が約2

2013年1月11日日本銀行フィードバック数:9社会/政治

日本銀行の対政府取引 (12月)

本件の対外公表時刻は1月10日8時50分2013年1月10日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2012年12月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500140,991対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)108,218対財政

2012年6月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年度中における日本銀行の対政府取引

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年度中における日本銀行の対政府取引2012年6月27日日本銀行企画局はじめに日本銀行は、我が国の中央銀行として、法令で定めるところにより国庫金を取扱うこととなっており、その取扱いに必要な事務として、政府預金の受入・払出を行っている1ほか、国庫において予期せざる資金需要が生じた場合等に対応するため、政府との間で様々な取引を実施している。これらの対政府取引は、会計法などの国庫金に関する法令や日本銀行法に基づいて実施

2012年5月31日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解2012年5月30日一上響*1清水雄平*2要旨本稿は、日米を含む先進10か国のフォワードレートに関するパネル分析を通して、長期金利の変動要因について検証したものである。インフレ予想や自然利子率を左右する労働生産性の上昇率に加え、財政状況や対外ファイナンス、人口動態も長期金利に有意な影響を及ぼすことが確認された。主たる分析結果は、以下の通りである。第1に、財政指標とし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ