調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日本銀行調査

「日本銀行調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀のレポートです。

(論文)ビッグデータを用いた経済・物価分析について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ビッグデータを用いた経済・物価分析について研究事例のサーベイと景気ウォッチャー調査のテキスト分析の試み2015年6月25日日本銀行調査統計局岡崎陽介※1敦賀智裕※2要旨近年、経済活動と情報技術(IT)の結び付きが強くなるもとで、大規模かつ多種多様なデータ(「ビッグデータ」)が生成され、経済・物価分析に徐々に活用されるようになりつつある。本稿では、同分野における2000年代後半以降の研究動向のうち、経済・物価動向の把握を

2015年6月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)近年の日本における為替パススルー率の変化

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 近年の日本における為替パススルー率の変化:為替パススルー率の変化は価格設定行動の変化を示唆しているか?2015年6月25日一瀬善孝*1原尚子*2平木一浩*3全文掲載は、英語のみとなっております。要旨本稿は、近年における日本の為替パススルー率の変化を実証的に分析したものである。分析は大きく2つに分かれる。まず、時変パラメーター推計の手法を利用して、国内物価への為替パススルー率を推計した。次に、推計された為替パススルー率の

2015年3月10日日本銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

日銀の論文です。

米国の製造業における1980年代~90年代の経営改革

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国の製造業における1980年代〜90年代の経営改革2015年3月9日日本銀行調査統計局通傳友浩*1西岡慎一*2要旨1990年代に低下したわが国製造業の収益力は、2000年代以降、回復傾向にあるが、収益率の水準は、米国の製造業などと比べるとなお低位である。一方、米国の製造業は1970年代を中心に収益力の低下に直面したが、1980年代から90年代にかけて、多方面にわたる経営改革を行い、収益力を向上させた。この経営改革の主

2014年10月29日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)スキル・プレミアムは上昇しているか?

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 スキル・プレミアムは上昇しているか?:2部門経済における資本とスキルの補完性の役割と部門間の変化2014年10月28日片山宗親*1加藤涼*2原尚子*3全文掲載は、英語のみとなっております。要旨スキル・プレミアム(高技能労働者と低技能労働者の賃金格差)の変化には各国間で顕著な違いがあることが、実証研究で報告されている。先行研究では、多くの国で観察されているスキル・プレミアムの上昇は、構造モデルによって再現・説明されてきた

2014年6月3日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)わが国企業の物流機能の強化に向けた取り組み

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国企業の物流機能の強化に向けた取り組み2014年6月2日日本銀行調査統計局佐野哲也※1井上陽介※2長田安代※3鳩貝淳一郎※4要旨近年、物流事業者および荷主企業の双方における、物流機能強化に向けた取り組みが積極化している。この背景としては、第一に、「物流の需要面における変化」、すなわち、高齢化の進展やネット通販市場の拡大などによる消費者の購買スタイルの変化に伴い、小口・多頻度の輸送ニーズが高まっていることが挙げられる

2014年2月25日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析:日米比較2014年2月24日新谷幸平*1武藤一郎*2要旨本稿では、賃金と労働市場の需給バランスについて考察を深めるため、賃金上昇率と失業率の関係についての実証分析を、日米のデータを用いて行う。具体的には、Gali (2011)の研究に基づき、ニューケインジアン理論の枠組みの中で、ミクロ的基礎付けを持つ動学的な構造方程式として導出される「賃金版ニューケインジアン

2014年2月20日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀の論文です。

高スキル労働者の転職行動

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 高スキル労働者の転職行動2014年2月19日永沼早央梨*1要旨本稿では、高スキル労働者として「技術職」、「専門職」、「管理職」の3職種に着目し、近年の転職動向について事実整理を行った上で、転職パターンの違いや転職による賃金の変化について実証的に検証した。本稿の分析の主な特徴は以下の2点である。まず、転職後の産業・職種の性質が転職前と比べて、どの程度近いか(「スキル距離」)を定量的に測定して転職パターンを検証した。また、

2014年2月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているか?

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているか?2014年1月31日清田耕造*1要旨日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているのだろうか?本論文は、この疑問を、ヘクシャー=オリーン・モデルの要素コンテンツ・アプローチにもとづき、1980年から2009年までの過去30年のデータを用いて明らかにしようと試みたものである。分析には、経済産業研究所が整備する日本産業生産性データベース(JIP データベース)を利用した。結

2013年12月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

グローバル化についての調査です。

(論文)グローバル化と日本経済の対応力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 グローバル化と日本経済の対応力2013年12月3日加藤涼*1永沼早央梨*2要旨本稿は、主に1990年代以降に加速したとされる世界経済——特に貿易、「モノ」の流れ——のグローバル化について概観しつつ、世界の貿易ネットワークにおける日本経済の立ち位置の変遷について考察することを第一の主題とする。既往のグローバル化は、輸送費や関税の低下等によって促された生産立地と消費地の二分化を典型例とするものであった。これに対し、現在進行

2013年10月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針ご意見のお願い2013年10月17日日本銀行調査統計局日本銀行では、国連統計委員会において2009年に採択された国民経済計算体系にかかる作成基準(、以下2008SNA)を踏まえた「資金循環統計」の見直しを、検討しています。これまでも、日本銀行は、資金循環統計をよりよい統計とするべく、1999年に、その時点の最新の作成基準()を踏まえた見直しを行ったほか、随時、部門分類の見

2013年8月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)わが国対内直接投資の現状と課題

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国対内直接投資の現状と課題2013年7月31日日本銀行調査統計局本田大和※1尾島麻由実※2鈴木信一※3岩崎雄斗※4要旨対内直接投資は、有形・無形の経営資源の流入を通じ、投資受入国の生産性にプラスの効果をもたらしうる。国際資本移動の活発化を反映し、世界全体の直接投資残高が大きく増加するなかで、わが国の対内直接投資残高も、2000年頃から、明確に増加してきた。しかし、近年では、こうした傾向に一服感がみられている。また、

2013年7月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)対内直接投資の産業間スピルオーバー効果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 対内直接投資の産業間スピルオーバー効果2013年7月18日岩崎雄斗*1要旨わが国への対内直接投資は極めて低い水準であるが、先行き、対内直接投資が拡大した際に、わが国経済の成長・生産性に与える影響について明らかにすることは、わが国の経済成長を展望する上で重要である。海外を対象とした実証分析では、外資系企業の参入自体に伴う直接効果や、直接投資が行われた企業から他の企業へのスピルオーバー効果について、国内経済の生産性に対して

2013年4月9日日本銀行★フィードバック数:0ライフスタイル

食品関連産業の動向です。

(論文)消費関連産業の競争環境と販売戦略

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 消費関連産業の競争環境と販売戦略:最近の食品関連産業の動向2013年4月8日日本銀行調査統計局尾島麻由実※1三好祐子※2要旨わが国消費関連産業は、人口動態の変化、所得の伸び悩みなど、厳しい外部環境に直面している。本稿では、こうした需要縮小に直面しながらも、収益性の維持・改善に向けた取り組みが続けられている食品関連産業に着目し、小売、卸売、メーカーの各業界の競争環境の変化と、近年における個々の企業の販売戦略について整理す

2013年1月31日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

Google Trendsの旅行関連の検索量の推移と旅行業者の取扱額の推移を比べています。

(論文)景気判断における検索データの利用可能性

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 景気判断における検索データの利用可能性2013年1月30日日本銀行調査統計局白木紀行※1松村浩平※2松本梓※3要旨景気判断を行うにあたっては、ほとんどの経済指標には、経済活動の時点から公表までにタイムラグがあるという問題がある。こうした点への対応策として、企業からの聞き取り調査などが補完的に利用されている。近年では、情報通信技術の発展によって、様々な種類の情報が短いラグで入手可能になったため、そうした様々な情報を用いて

2012年11月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)少子・高齢化がわが国に与えるマクロ経済的インパクト

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 少子・高齢化がわが国に与えるマクロ経済的インパクト:世代重複モデルによる分析2012年11月5日武藤一郎*1小田剛正*2須藤直*3全文掲載は、英語のみとなっております。要旨わが国は、急速な出生率の低下と寿命の長期化によって、少子・高齢化が世界で最も進んだ国となっている。本稿は、少子・高齢化がわが国に与えるマクロ経済的インパクトについて、世代重複(、以下OG)モデルに基づき、定量的な評価を行ったものである。OGモデルとは

2012年8月31日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

経済の観点からの少子高齢化についての考察です。

(論文)日本の人口動態と中長期的な成長力:事実と論点の整理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本の人口動態と中長期的な成長力:事実と論点の整理2012年8月31日日本銀行調査統計局桜健一※1永沼早央梨※2西崎健司※3原尚子※4山本龍平※5要旨本稿では、わが国における人口動態—少子高齢化の急激な進展—及びこれが中長期的な成長力を中心に経済・物価に及ぼす影響について、多面的に事実整理と分析を行った。その概要は次のとおりである。わが国の人口動態をみると、少子高齢化が、予測を上回り続けるかたちで急激に進展した。しかも

2012年8月1日日本銀行フィードバック数:2社会/政治

(論文)日本の物価は何故長期間下落を続けたのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本の物価は何故長期間下落を続けたのか2012年7月31日西崎健司*1関根敏隆*2上野陽一*3全文掲載は、英語のみとなっております。要旨わが国では、1990年代後半以降、緩やかながらも長期間にわたって物価が下落傾向を続けた。標準的なフィリップス曲線による推計結果から、これは、予想インフレ率の低下、負の需給ギャップ、その他の要因(これには輸入物価の低下・為替レートの円高などが含まれる)により説明されることが示唆された。こ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ