「日系企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業の韓国進出状況」調査

公開日付:2017.05.09 韓国に進出している日系企業は393社で、715拠点を構えていることがわかった。産業別では、製造業が253拠点で最も多く、次いで卸売業の206拠点だった。日系企業は隣国である韓国を製造拠点とする一方、流通面でも有望市場として重視していることが浮き彫りとなった。東京商工リサーチは、国内企業データベースと業務提携するDun & Bradstreet(本社・米国)の海外企業データベースを活用し、日系企業の韓国進出状況を調査した。5月9日、韓国大統領選挙の投開票日を迎えた。

2017年5月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業のEU進出状況」調査

公開日付:2017.04.21 EU(欧州連合)加盟28カ国に進出している日系企業は1,242社で、1万3,072拠点を構えていることがわかった。拠点数ではEU離脱を決定したイギリス(4,083拠点、構成比31.2%)がトップ、次いでドイツ、フランスと有力国が続く。産業別では、卸売業やサービス業他の比率が高く、日系企業はEU諸国を製造拠点だけでなく販売やサービスの提供先としている実態も浮かび上がった。東京商工リサーチでは、国内企業データベースとDun & Bradstreet(本社・米国)の海外

2017年1月29日ランスタッドフィードバック数:0マーケティング

「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社

【ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~】結果発表は2/16(木)勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る調査 上位候補20社を公表ランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲)は、勤務先として魅力のある企業を世界共通基準で測る「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社を公表します。本調査は、世界共通基準のもと「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」の高い企業を調査・表彰する試みです。2000年にベルギ

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(11月)

公開日付:2016.12.08 11月の「チャイナリスク」関連倒産は13件(前年同月比116.6%増)で、前年同月から倍増した。負債総額も69億6,200万円(同321.1%増)と、大幅に増加した。2016年1-11月累計は103件で、2015年の年間件数101件をすでに上回った。本調査を開始した2014年以降で最多だった2015年を上回り、最多記録の更新を続けている。1-11月累計の負債総額は698億1,400万円(前年同期比69.7%減)にとどまった。2015年9月に第一中央汽船(株)(TS

2016年12月6日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「日系企業のNAFTA経済圏への進出状況」調査

公開日付:2016.11.25 ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任を前に、日本経済への影響に注目が集まっている。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、通商協定の見直しを明言してきた。なかでも、アメリカ、カナダ、メキシコによる「北米自由貿易協定(NAFTA)」は域内貿易額が大きいため3カ国の経済にとどまらず、動向次第では域内へ進出している企業活動にも影響を及ぼす可能性がある。東京商工リサーチは、独自に保有する国内企業データベースと世界最大級の企業データベースを持つDun & Bradstreet

2016年11月24日JETRO★★フィードバック数:0社会/政治

「2016年度 米国進出日系企業実態調査」の結果(一次速報)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 米国新政権の外交政策と

2016年11月11日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「日系企業のアメリカ進出状況」調査

公開日付:2016.11.09 11月9日(日本時間)、アメリカ大統領選が投開票され、共和党のドナルド・トランプ氏の大統領への選出が確実となった。トランプ氏は選挙期間中の度重なる過激な発言で注目されてきた。経済政策では、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への反対や円安ドル高の為替相場を批判しており、今後の政権運営によっては日本経済にも大きな影響を受ける可能性がある。今回、東京商工リサーチは保有する国内企業データベースと、業務提携するDun & Bradstreet(ダンアンドブラッドストリー

2016年6月4日Resorz★フィードバック数:0ビジネス

Digima~出島~ 海外進出白書(2015-2016年版)

[] 2016年6月2日 報道関係者各位株式会社Resorz株式会社Resorz(東京都目黒区 代表兒嶋裕貴)が運営する、海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~()」にて、2015年度の海外進出に関するユーザーからの相談案件を調査し、日系企業の海外進出傾向を分析いたしました。そして、この調査結果と併せ、進出検討を行った企業及び、海外進出サポート企業150社に行ったアンケート調査の結果をまとめた「Digima~出島~海外進出白書(2015-2016年版)」を本日発表いたしました。■

2015年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業の中国天津市進出状況」調査

公開日付:2015.10.08 8月12日、中国天津市で危険化学物質を貯蔵する物流企業の倉庫で大規模な爆発が発生した。報道によると事故原因の解明が遅れ、爆発による大量の有害物質の流出も疑われている。時間とともに企業活動への影響は薄らいでいるが、進出している日系企業の状況などを調査した。東京商工リサーチが独自に保有する国内企業データベースと、提携するDun & Bradstreet(ダンアンドブラッドストリート、本社・米国)が保有する世界最大級の海外企業データベースを活用し、日系企業の中国天津市へ

2015年6月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

2015年6月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

2015年5月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

2015年5月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

中国進出日系企業の基礎的研究II

概要 研究の目的今後、よりいっそうアジア、とりわけ中国との関係が円滑に緊密化し、わが国の経済状況に寄与するものとなるよう、正確な情報収集が必要である。中国社会の全体的な変容の構図と、その中で進出日系企業が直面する問題を検討するため、中国でオペレーションを続行する企業に対してヒアリング調査を実施する。その結果と共に本社のグローバル戦略をはじめ、より広い視野から検討することを通じて、日系企業の現状と課題を整理する。 研究の方法文献研究 ヒアリング調査の実施主な事実発見(1)中国全体、大連地区での日系

2015年1~3月期の日系企業の東南アジアへの進出動向

2015年1~3月期の日系企業の東南アジアへの進出動向

2015年4月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

2015年4月度「日系企業のASEAN進出動向の国別比較」

2015年5月20日JETROフィードバック数:0ビジネス

アジアにおける日系企業のFTA活用実態と運用上の課題

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 アジアにおける日系企業

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度新興国市場開拓事業 相手国の産業政策・制度構築の支援事業(ベトナム:現地ものづくり髙度人材育成及び進出日系企業による現地人材確保の円滑化に資する持続的仕組み構築に向けた調査)報告書

平成26年度新興国市場開拓事業 相手国の産業政策・制度構築の支援事業(ベトナム:現地ものづくり髙度人材育成及び進出日系企業による現地人材確保の円滑化に資する持続的仕組み構築に向けた調査)報告書

2015年4月10日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

給与計算アウトソーシング市場に関する調査結果 2014

2015年04月10日 給与計算アウトソーシング市場に関する調査結果2014 ~日系企業、中堅企業にサービス需要が広がり市場が拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の給与計算アウトソーシング市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年12月~2015年3月2.調査対象:給与計算アウトソーシングサービスを提供する主要事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用<給与計算アウトソーシング市場とは>本調査における給

2015年4月1日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国・ASEAN・インド労働レポート 2015年1月~3月分

中国・ASEAN・インド労働レポート 2015年1月~3月分2015年03月31日 株式会社リクルートホールディングス 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の100%子会社である RGF Hong Kong Limited(本社:香港 President:葛原孝司 URL:)は、日系企業のアジアにおける採用活動状況を明らかにするため、求人・求職者動向をまとめましたので、ご報告いたします。中国1~3月の求人数は順調に推移。円安影響から戦略

職場での英語の使用頻度と優先度に関する調査

Daijob Global Recruiting Co., Ltd. | 職場での英語の使用頻度と優先度に関する調査 ニュース&レポート2015/2/20職場での英語の使用頻度と優先度に関する調査社内公用語が英語は25%、主な使用目的は社内コミュニケーション ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠原 裕二)は、Daijob.com登録

2015年1月14日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国・ASEAN・インド労働レポート 2014年10月~12月分

中国・ASEAN・インド労働レポート 2014年10月~12月分2015年01月13日 株式会社リクルートホールディングス 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の100%子会社である RGF Hong Kong Limited(本社:香港 President:葛原孝司 URL:)は、日系企業のアジアにおける採用活動状況を明らかにするため、求人・求職者動向をまとめましたので、ご報告いたします。中国相対的に就業ビザ取得難易度は低下。求職者の

インド投資ガイド2014年

インド投資ガイド2014年インドは、購買力平価換算のGDPにおいて世界で3位に位置しています。また、インドの人口は12億人に達し、世界で2位となり、労働人口はそのほぼ3分の2を占めています。高齢化が進む世界において、インドは将来の人材の宝庫と言うことができます。新政府が発足し、インドは確固たる経済成長の時代へと突入しました。経済活動の中心となる人口が増加するにつれて、経済格差縮小とともに経済も拡大する、理想の成長形態をたどっていくことが期待されています。安定した民主主義政府と比較的自由な市場経済

2014年12月3日日本在外企業協会フィードバック数:0ビジネス

日系企業における経営のグローバル化に関するアンケート調査

日系企業における経営のグローバル化に関するアンケート調査

2014年12月3日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

欧州におけるサービス産業の動向と日系企業等の進出事例

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州におけるサービス

アジア9カ国、不動産業界における 日系企業の検索結果順位・検索連動型広告順位

アウンコンサルティングのリリース:2014年11月27日2014年11月27日アウンコンサルティング株式会社 アジア9カ国、不動産業界における日系企業の検索結果順位・検索連動型広告順位  東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告、ソーシャルメディアなどのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティン

2014年11月11日世界平和研究所★フィードバック数:0ビジネス

中国進出についての調査です。

日系企業の中国進出に関する現状と展望

研究ノート2014/11/10日系企業の中国進出に関する現状と展望豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF)--------日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、台湾・韓国の後塵を拝している。日本から世界への海外直接投資額は、円安傾向にも関わらず2013年には過去最高水準となっているが、中国向けは減っ

2014年8月22日ホットリンクフィードバック数:0社会/政治

中国独禁法違反調査に関する続報

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 【海外リサーチ】中国独禁法違反調査に関する続報 株式会社ホットリンクと普千(上海)商務諮訊有限公司では、中国本土で話題になっている事件・社会現象等を「新浪微博(シナウェイボー)」 データより分析し、中国に進出している日系企業に向けてお届けします。7月18日、国家発展改革員会は、中国で活動を行う外資系自動車メーカーが独占的地位を利用して部品の価格を不当に釣り上げているとして、 独占禁止法違反の疑いがあるとして調査を開始することを発表しました

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(素形材産業のベトナムとの連携(進出)の在り方に関する調査研究)調査報告書

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業 (素形材産業のベトナムとの連携(進出)の在り方に関する調査研究) 調査報告書平成26年2月 株式会社NCネットワーク目次1. ベトナム概要 1.1. 概要 1.2. 人口 ベトナムの経済 2.1. GDP 2.2. CPI 2.3. 為替 2.4. 自動車普及予測 2.5. 貿易収支 2.6. 2013年の輸出入状況 対外直接投資 ベトナムの素形材産業 投資家にとっての課題 5.1. インフラ 5.2. 労働力市場 5.3. 投資優遇策 5.

2014年8月7日みずほ銀行★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

アジアにおける介護関連サービス市場の状況および日系企業による進出可能性の考察

アジアにおける介護関連サービス市場の状況および日系企業による進出可能性の考察

2014年7月8日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

タイにおける現地人材の採用と定着の実態

タイにおける現地人材の採用と定着の実態日系企業 6 社へのインタビュー調査からはじめに自動車産業を中心に製造業の積極的な誘致を行い、部品メーカーを含めてサプライチェーンが充実しているタイは、2011 年の大洪水のダメージを受けてもなお、日系企業にとって重要な生産拠点であることには変わりない 1。さらに、TPP 問題も絡んで、いわゆる「タイ+1」 2という、ASEAN 市場を攻略するハブ拠点の役割も増している。タイに進出する企業にとって大きな問題のひとつは人材不足である。失業率は 0.68%(20

2014年7月2日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国・ASEAN・インド労働レポート 2014年4月~6月分

中国・ASEAN・インド労働レポート 2014年4月~6月分2014年07月01日 株式会社リクルートホールディングス 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の100%子会社である RGF Hong Kong Limited(本社:香港 President:葛原孝司 URL:)は、日系企業のアジアにおける採用活動状況を明らかにするため、求人・求職者動向をまとめましたので、ご報告いたします。中国転職市場の繁忙期が一服。経験者・高給与層の転職

海外進出についての調査です。

日系サービス業グローバル展開動向調査

2014年05月30日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、2013年12月に「日系サービス業グローバル展開動向調査」を実施しましたので、その結果を公表します。【調査結果 サマリー】1. 日系サービス企業の内、実際に海外展開を進めているのは約3割、加えて1割が今後海外展開を計画するステータスにあり、製造業と比較して海外進出はいまだ一般化せず、売上高の規模が大きい企業を除けば本格的な海外進出は

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

2014年度4月の日系企業の東南アジアへの進出動向

我々の情報収集能力で、顧客開拓を成功に導きます。  (株)プログレス アンド パートナーズは、コンテンツプロバイダー事業「ReleaseWatchシリーズ」の提供を行っています。企業情報・人事情報の製作に留まることなく、様々な営業支援情報を提案します。ターゲットリスト 法人向け顧客開拓用のDM宛先や営業情報をお探しの皆様に、より具体的なリストをご提供します。ターゲットリストがあれば、今すぐに営業対象の部署・部門にアプローチができます。ReleaseWatch グローバルに展開する日系企業の進出

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

2014年5月1日JETRO★フィードバック数:0ビジネス海外

中南米のビジネス環境についてのレポートです。

中南米ビジネスのチャンスと課題

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中南米ビジネスのチャ

ラオス経済の現状と今後の展望~ 発展のビッグ・チャンスを迎える内陸国ラオス ~

○インドシナ半島の内陸国ラオスは、国民の大半が自給自足的な農業に従事しており、アジアで最も貧しい国のひとつである。ラオスは、国連から後発開発途上国(LDC)に指定されており、一人当たり名目GDPは1400ドルとASEAN最低レベルである。○ただ、近年のラオスの経済成長はめざましく、足元の経済成長率は8%と、中国にも匹敵する高い伸びである。経済成長の主要な牽引役は鉱山開発や水力発電といった資源関連部門である。また、外国人観光客増加によって、ホテル、飲食、運輸といったサービス部門が拡大したことも、経

PwCのレポートです。

日系企業のグローバル化に関する共同研究

日系企業のグローバル化に関する共同研究‐新興国での成功への示唆に向けて‐本研究は、日本における戦略・組織マネジメント研究の第一人者であり、企業のグローバル化における諸課題について研究を進めている、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 清水勝彦教授と、あらた監査法人およびプライスウォーターハウスクーパース株式会社が共同で実施したものです。海外展開で実績を有する業界大手の日系企業21社の海外事業担当役員へのインタビューを基に、グローバル化の進展度合いと課題について分析しています。本研究では、グローバル

2014年1月30日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【インドネシア】地場企業との連携が鍵

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【インドネシア】地場

インド投資ガイド2013年

インド投資ガイド2013年インドの経済成長は、ピーク時と比べ減速しているものの、他国と比べるとまだまだ堅調といえます。IMFによると、2014年のインドのGDP成長率は、中国には及ばないものの、ほかの成長発展途上国と先進国より高いと予測されています。インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、インドへの投資に当たって直面する典型的な課題について、それぞれの専門家が編集しています。主な内容外国投資資金拠出形態外国為替管理規制直接税個人所得税間接税M&A移転価格税制 PwCインドにつ

2013年12月28日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

台湾投資通信 220号

中華民国台湾投資通信発行:中華民国 経済部 投資業務処  編集:野村総合研究所 台北支店December 2013vol.220■今月のトピックス■日本企業から見た台湾 「在台日系企業の事業動向及び 課題に関するアンケート調査(2013年)」 結果概要(その2) ∼宜得利家居股 有限公司 ■台湾進出ガイド 2013年に実施された医療・医薬関連政策■台湾マクロ経済指標  董事長 川口恒良氏インタビュー∼ 更なる海外展開を見据え 台湾での出店を進めるニトリ■インフォメーション【 今 月 の ト ピ

2013年12月19日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

取引先海外現地法人の業況調査

中小企業の海外現地法人の業況調査結果について 平成25年12月19日日本政策金融公庫(略称:日本公庫)中小企業事業は、このたび、「取引先海外現地法人の業況調査」を実施しました。本調査は、日本公庫中小企業事業の取引先を対象にアンケート調査(※)を行い、中小企業者の海外現地法人の業況、経営課題や今後の展望を把握するために実施したものです。調査票送付企業数:2,250社 、回答企業数:602社実施時期:2013年7月~8月本調査結果の要旨は以下の通りです(詳細はこちら PDFファイル6.6MB)。アセ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ