調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日経平均株価

「日経平均株価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月2日zuuonline★★フィードバック数:0キャリアとスキル

東証1部 上場企業「平均年収ランキング」

東証1部 株式ランキング東証1部 上場企業「平均年収ランキング」 1位のあの企業は2253万円(写真=Thinkstock/Getty Images) 11月14~18日の東京株式市場は堅調に推移した。トランプ米次期大統領の財政政策への期待や、米金利の上昇期待を背景とした円安進行が好感された。日経平均株価は18日の取引時間中に、ほぼ10カ月ぶりに1万8000円台を回復した。とはいえ、投資家心理は強気一辺倒とは言い難い。大統領選でトランプ氏優勢と伝わり急落した9日以降、日経平均株価の日足チャートは

2016年7月19日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング下がる日経平均を尻目に逆行高した銘柄は? 藤尾 明彦2014年10月からニュース編集部。小売り業界を中心に、『週刊東洋経済』や「東洋経済オンライン」のニュース記事の執筆・編集を担当。『週刊東洋経済』、『株式ウイークリー』の編集を経験。健康オタクでランニングが趣味 Brexitの余波で日経平均は急落に見舞われたが、個別では株価が上昇している銘柄もある(撮影:今井康一) 英国のEU離脱(Brexit)に、日本を含む世界の金融市場が動揺した。離脱派の勝

【インフォグラフィック】投資の知識や情報収集方法

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト 【インフォグラフィック】投資の知識や情報収集方法について調査しました!「あなたの投資知識や情報収集方法について教えて!」の詳しい調査結果はこちらからご確認ください。みなさん、今日の日経平均株価(日経225)がいくらかをご存知ですか?Harmoney.jpが行ったアンケート調査によると、61.6%の人が今日の日経平均株価(日経225)の価格を「知っている」という結果になりました。年始から世界的にマーケットが波乱の展開を迎えている中、投資に関す

2015年6月3日ファーストロジックフィードバック数:0大型消費/投資

2015年5月期投資用不動産の市場動向調査

2015.06.03【投資用不動産の市場動向】日経平均株価が上昇する中、投資用不動産の価格は下落 日経平均株価が上昇する中、投資用不動産の価格は下落収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート 2015年5月期投資用不動産の市場動向調査発表株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2015年5月期分」の調査結果を発表いたします。『楽待』は、使いやすさ・利用

2015年6月2日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済レポートです。

「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し

リサーチ TODAY2015 年 6 月 2 日「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日経平均株価が本年6月1日で、12日続伸となった。これは、1988年2月の13日続伸以来、27年振りのことである。「5月に売れ」のアノマリーに今年は当てはまらなかった。単に偶然との見方もあるが、過去にこれだけ続伸が続いた期間は相応の大相場時期であったことから、今回も戦後の歴史のなかで重要な転換期となる可能性をもつ。■図表:日経平均株価の続伸記録日数141312開始

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価は2万円台を回復~株高基調は持続するか?~

日経平均株価は2万円台を回復~株高基調は持続するか?~

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

2015年4月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日経平均オプションの価格から分かること

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 前回の拙コラム『二つの日経平均先物の価格から分かること』(2015年1月5日掲載)では、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引される、取引通貨の異なる二つの日経平均先物の価格から、ドル円レートと日経平均株価の関係に対する市場の見方を捉える方法について書いた。今回は、引き続き「価格から分かること」として、大阪取引所で取引される日経平均オプションの価格から、将来の日経平均株価のボラティリティに対する市場の見方

2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価2万円が視野に~海外投資家の日本株買いは本物か~

日経平均株価2万円が視野に~海外投資家の日本株買いは本物か~

『日経平均株価』2万円が視野に

『日経平均株価』2万円が視野に日本経済新聞が主要企業の経営者向けに行った2015年株式相場の見通しの集計では、年後半の日経平均株価2万円台が視野に入ってきたようだ。最後の2万円台であった2000年3月とリーマン・ショック前の高値2007年6月、そして足元の株式市場の投資環境を比較して表にまとめた。(株価が1株利益の何倍まで買われているかを示す指標)の比較では、局面�@は131倍、�Aが22倍と、株価が収益力以上に高く買われ、株価に過熱感があった。足元の局面�Bでは16倍と株価に収益力が伴っている

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

二つの日経平均先物の価格から分かること

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本株式市場の寄付きでの日経平均株価の水準を考える際に、Chicago Mercantile Exchange(CME)で取引される日経平均先物の清算値が参考にされることが多い。これは、日本時間の早朝にCMEの取引が終了する関係から、日本の夜間でのニュースがこの清算値に織り込まれると考えられているためである。ところで、CMEでは「円建て」と「ドル建て」の二つの日経平均先物が取引されている。日経平均先物

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい | ニッセイ基礎研究所 “3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日米の株価が好調だ。円安の後

2014年11月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2014年11月)"大和投資信託”ツイッター @DaiwaAM~主な指標をななめ読み~経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・金利日経平均株価と米ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから足元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2014年10月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.016,00011014,00010012

日銀がサプライズの追加金融緩和

日銀がサプライズの追加金融緩和2014年10月31日<日銀が追加金融緩和>日銀は、10月31日の政策委員会・金融政策決定会合において、以下の通り量的・質的金融緩和の拡大を決定しました。賛成5:反対4という僅差での決定でした。(1)マネタリーベース増加額の拡大マネタリーベースが、年間約60~70兆円→80兆円(約10~20兆円追加)に相当するペースで増加するよう金融市場調整を行う。(2)資産買入れ額の拡大および長期国債買入れの平均残存年限の長期化①長期国債について、保有残高が年間約50兆円→約80

日本株の最近の動向  日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】2014年09月19日米金利上昇期待から円安進行 ■日経平均株価は本日9月19日、安倍政権成立後の高値を更新しました。終値は1万6,321.17円と2013年の高値(12月30日)である1万6,291.31円を上回りました。■株価上昇の背景は、順調な米国景気の拡大で米国株の高値更新が続いているこ

2014年7月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

推進力が必要な日本株式市場

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 昨年は、「アベノミクス相場」と言われたように日本の株式相場の活況が注目されたが、一方、それとともに相場が大きく荒れたといった指摘も多く見られた。そこで、改めて、日本の代表的な株価指数である日経平均株価およびTOPIXと他の株式市場の株価指数について、昨年末時点のヒストリカルボラティリティを比較した(図表1)。ヒストリカルボラティリティは、株価指数の変動の大きさを表す指標の一つであり、一般的に株価指数(

2014年7月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2014年7月)~主な指標をななめ読み~株価・為替物価・金利消費者物価指数はおおむね日銀の想定どおりに推移日経平均株価と米ドルには相関性がみられます。足元もこのトレンドは継続しています。(2007年1月末~2014年6月末)(円)20,000しています。(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,000900.010,000808,00070-1.56,00060-2.0'08/1'09/1'10/

日本株式市場の「変化」に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月28日日本株式市場では、米国や欧州の株高や為替市場での円高の一服を受けて、日経平均株価が約1ヵ月半ぶりに14,600円台を回復し、これまでの軟調な基調にいくつかの変化がみられるようになってきました。ひとつ目の変化としては、日経平均株価が28日に、200日移動平均線である14,655円(5月28日時点)を上抜いた点です。200日移動平均線は当面の大きな節目と捉えられていましたが、これを上抜いたことにより、相場の底堅さが確認されて

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

マーケットレター【最近の国内株式市場の下落について】

最近の国内株式市場の下落について2014年2月5日<株価下落の要因>1月下旬以降、株価下落が加速しています。急激な株価下落をもたらした原因の1つは、中国における経 済指標の悪化や金融商品のデフォルト(債務不履行)懸念、アルゼンチン・ペソの急落などをきっかけとし た新興国経済への懸念です。また、米国の量的金融緩和縮小も、新興国懸念に影響しているとみるべきで しょう。その他、雇用統計やISM(全米供給管理協会)製造業景況指数など、一部の米国経済指標の悪化も 原因と考えられます。これらを受け、昨年末か

日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月3日日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 3日の日本株式市場では、日経平均株価が前週比295円(1.98%)安の14,619円となり、およそ2ヵ月半ぶりの安値を付けました。新興国経済の先行き懸念などを受けて、前週末の欧米株式市場が総じて下落したことに加え、1日に発表された中国の1月の製造業PMI(購買担当者指数)が半年ぶりの低水準となり、新興国不安がさらに強まったことなどが要因となりました。また、為替市場で円高

2014年2月2日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

海外投資家の動向です。

株式市場における最近の海外投資家動向~2013年は過去最大の買い越し、存在感増す~

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート国内経済金融株 式 市 場 における最 近 の海 外 投 資 家 動 向~2013 年 は過 去 最 大 の買 い越 し、存 在 感 増 す~新谷 弘人過去最大の買い越し家計(個人)・非金融法人企業(事業法人)東証が発表した投資部門別株式売買状をしのぐシェアとなっている。リーマン況によれば、昨年 1 年間の海外投資家の危機で一旦急低下していたものの、その国内株式の買い越し額は 15.1 兆円に達後は漸増傾向となっている(図表 1・2)

2014年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は?

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は? | ニッセイ基礎研究所 年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は? 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年は順調に上昇した日経平均株価だが、今年に入り2日連続で下落した。今後の急落を想定すべきか。その必要はなく、むしろ2014

2014年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

株価指数、ベンチマークとして何が望ましいのか

株価指数、ベンチマークとして何が望ましいのか | ニッセイ基礎研究所 株価指数、ベンチマークとして何が望ましいのか 京都大学経営管理大学院 川北 英隆基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら TOPIXが株式投資のベンチマークとして望ましいのかどうか、疑問の声が強まっている。日経平均株価のように、銘柄選択することで元気のある株価指数を作ることが可能となる。新規開発のJP

2013年10月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 偶然の一致?NISA始動と個人向け国債の大量償還

Global Market Outlook偶然の一致?NISA始動と個人向け国債の大量償還2013年10月18日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値14561.541205.5215,371.658,811.986,576.164,239.642,197.

2013年8月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 「資産効果>増税」へ

Global Market Outlook「資産効果>増税」へ2013年8月14日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452316:32 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値14050.161171.3415,451.018,415.766,611.944,092.502,100.14オーストラ

2013年7月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 日本株は円債離れへ

Global Market Outlook日本株は円債離れへ2013年7月23日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452316:21 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン(円)終値14778.511222.7215,545.558,331.066,623.173,939.922,044.05オース

2013年7月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

株高による個人消費押し上げ効果

No.2013-009 2013年6月28日http://www.jri.co.jp株高による個人消費押し上げ効果― マインド改善による外出増加が大きな寄与 ―(1)今年に入って個人消費に明るさ。実質世帯消費は、2013年入り後、4月まで4カ月連続で前年 比プラスとなるなど回復基調を維持(図表1)。こうした消費回復の背景には、株高による資 産効果を指摘可能。そこで以下では、足元の資産効果の大きさと特徴を検証。 (2)日経平均株価は、5月までの急騰にスピード調整の動きが出たものの、足許でも13,0

2013年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今後は「今後のデータ次第」

Global Market Outlook今後は「今後のデータ次第」2013年6月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:44 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13014.581091.8115,112.198,197.086,348.823,839.34

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 米国のお家芸に期待、過度な悲観は禁物

Global Market Outlook米国のお家芸に期待、過度な悲観は禁物2013年6月7日(金)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:04 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値12877.531056.9515,040.628,098.816,336.113

大幅な上昇が続く株価

2013/05/14 ◆日経平均1万5千円は目前週明けの5月13日の日経平均株価は前日比175円も上昇して終値は14,782円だった。為替市場では一段と円安が進行し、一時対ドルで102円台をつけた。前週の後半にNY市場で4年1カ月ぶりに100円台に乗せ、続いて東京市場で101円台後半まで円安が進行していたが、週が替わっても円安の流れは止まらなかった。株価上昇の直接の原動力はこの円安だ(5月13日の終値は101.63円)。為替相場や株価を見ていて分かるのは、市場参加者が相場の先行きをどう見るかによ

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook QE長期化を善とみるか悪とみるか

Global Market OutlookQE長期化を善とみるか悪とみるか2013年5月13日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:55 現在 <主要株価指数> 日経平均株価 TOPIX NYダウ DAX(独) FT100(英) CAC(仏) 上海総合※ <外国為替>※ ドル円 ユーロ円 ドルユーロ <長期金利>※ 日本 アメリカ イギリス ドイツ フランス イタリア スペインオーストラリア (円) 14900日経平均終値 1

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 失われない6年間へ

Global Market Outlook失われない6年間へ2013年4月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:25 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13220.071122.9714,618.597,503.036,244.213,599.232,19

2013年4月12日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

Global Market Outlook もはやリーマン後ではない2 ~日経平均株価は14500円がスタートライン、2014年中に2万台回復へ~

Global Market Outlookもはやリーマン後ではない②~日経平均株価は14500円がスタートライン、2014年中に2万台回復へ~2013年4月10日(水)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:37 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13288.13112

2013年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ちょっとしたサプライズ

Global Market Outlookちょっとしたサプライズ2013年3月7日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:59 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値11968.081004.3514,296.247,919.336,427.643,773.762,3

2009年1月14日楽天証券★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天証券による個人投資家の意識調査です。

楽天証券 楽天DI 新春特大アンケート

楽天グループのインターネット証券「楽天証券」で投資家になろう! はじめに新年明けましておめでとうございます。個人投資家の市場見通しを分析する本年最初の「個人投資家サーベイ楽天DI」は、年末にご協力をいただきました「新春特大アンケート」の集計結果も含めてのご案内です。年末の慌しい時にも関わらず1,736名ものお客様にご協力をいただけましたことを、楽天DI関係者一同になり替わりまして、心より御礼申し上げます。また今年も更なる内容充実を目指して工夫・改良を重ねてまいる所存ですので、引き続き温かいご支

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ