「日経DUAL」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月25日日経BPフィードバック数:0社会/政治

ベビーシッターサービス企業ランキング2017

働き方の多様化が広まっているとはいえ、デュアラーに急な残業や出張、休日出勤はつきもの。保育園の預かり時間だけでは仕事が回っていかないこともしばしばですね。そんなときの解決策の一つがベビーシッターです。でも、「頼んでみたいけれど夫が(妻が)反対している」、「他人を家に入れるのが心配」という声もよく聞きます。その背後には、シッターを頼んでいる人が社会的にはまだ少数派で、サービス会社や体験者からの情報が不足しているという事情もあるようです。そこで、日経DUALでは読者とサービス会社へのアンケートを行い

2016年12月10日日経BP★フィードバック数:0ビジネス

共働き子育てしやすい企業2016

日経DUALでは「待ったなしの少子化問題」と、内閣府も推進する「ワーク・ライフ・バランスを保ちながら生産性高く働くための働き方改革」という2つの視点で優秀な企業を応援する取り組みとして、「共働き子育てしやすい企業グランプリ 2016」調査を初めて実施しました。12月2日(金)に東京都港区の会場にて開催される表彰式では、「共働き子育てしやすい企業&自治体」の表彰と共に、シンポジウムも行います。参加費は無料です。ぜひご参加ください! 【共働き子育てしやすい企業ランキング特集】第1回となるこの記事では

2016年12月2日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

共働き子育てしやすい街2016 総合ランキング

日経DUALと日本経済新聞社は、「自治体の子育て支援に関する調査」を共同で実施しました。その結果をもとに「子育てしながら働きやすい都市」をDUAL・新聞独自の指標でランキングしました。 今回「共働き子育てしやすい街」独自ランキングを考えるにあたり最も重視したのは「保育園に入れるかどうか」、「子育て・教育費」の2点です。特に共働きファミリーにとって、定員が多い「0歳児クラス」に入園できるかどうかは重要事項です。 保育料に加え、もし認可園に入れなかった場合、東京都認証保育所などの認可外園に入園できる

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

DUAL妻、悩みは「0~6歳児の子どもとの関係」

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト DUAL妻、悩みは「0~6歳児の子どもとの関係」扶養に入っている女性の60%以上が、「家庭を優先できる」職場を希望  収入や福利厚生に加え、「仕事のしやすさ」「人間関係」「やりがい」など、職場に求めるものは人によってさまざまです。では、子どもを育てながら仕事を続けるDUAL世代は、どういった職場が働きやすいと考えているのでしょうか。 日経DUALでは、調査会社マクロミルと共同で、12歳以下の子どもがいる全国2000人の男女に、仕事で重要視する項目につい

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

家? 車? スマホ? 共働き世帯が今、欲しいモノは?

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 家? 車? スマホ? 共働き世帯が今、欲しいモノは?DUAL世帯と専業主婦世帯で差が大きかったのはあの家電  欲しいもの、買い替えたいものの1位は「車」。グループ間で大きな差が出たのは「ロボット掃除機」でした。 早いもので2013年も12月。街はボーナス商戦でにぎわっています。そこで、日経DUAL編集部では、「互いに扶養に入っていない共働き世帯」「妻が夫の扶養に入って働く共働き世帯」「妻が働いていない世帯」といった3グループの男女2000人に「これから

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

妻が夫にして欲しい子育てベスト3は?

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 妻が夫にして欲しい子育てベスト3は?夫も妻もみんな「寝かしつけ」に困っている!  夫が担当する子育て1位は「入浴」。「困ったことがある」のは夫も妻も「寝かしつけ」でした。 日経DUAL編集部は、サイト創刊を記念し、「子育て世代の意識調査」を行いました(調査の概要は前回記事参照)。 前回の記事で取り上げたのは「夫と妻で、子育てをどの程度、分担しているか」。その結果、男性側は2~3割を分担しているという結果が見えてきました。そこで、今回は男性が具体的にどん

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

夫婦分担、理想は夫43:妻57、現実27:73

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 夫婦分担、理想は夫43:妻57、現実27:73夫の高い「自己評価」、妻は? 育児分担の理想と現実  「互いに扶養に入らない共働き世帯」の妻に聞いた、夫との育児分担の理想は「夫43:妻57」。しかし、現実は「夫27:妻73」と大きくかけ離れているという結果に。 日経DUAL編集部はサイト創刊を記念し「子育て世代の意識調査」を行いました。 対象は「0~12歳の子どもがいる男女」と「第一子を妊娠中の女性とその夫」2000人。「生活満足度」「夫がやっている子育

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

DUAL女性、働き続けるときの障害は?

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト  仕事をしている女性にとって、仕事を続けられるかどうかを問われるタイミングは2つあります。1つは、結婚。そしてもう1つは、出産です。 日経DUALでは、調査会社マクロミルと共同して、12歳以下の子どもがいて夫の扶養に入っていない全国500人の女性を対象に、「妊娠がわかったとき、働き続けるか悩みましたか?」と尋ねました(調査概要は過去記事を参照)。 「悩んだ」と答えた女性は全体の31.8%でした。 次に、悩んだと答えた人を対象にその理由について尋ねたとこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ