「日銀短観」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が15と前回3月調査比で3ポ

日銀短観(2015年6月調査)予測

2015年06月18日○7月1日に公表される日銀短観(2015年6月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(15年3月調査)から1ポイント上昇し、13になると予測する。円安が企業業績に与えるインパクトが徐々に限定的なものになっていることに加え、内外需要の持ち直しも緩やかにとどまっていることから、業況感の改善は小幅にとどまるだろう。先行きについても、内外景気の持ち直しペースが高まると期待しにくい中で、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は1ポイント上昇の14にとどまると予測する。

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年6月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観予測大企業非製造業での業況感の改善が続く ◆7月1日に公表予定の2015年6月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は11%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は22%pt(同:+3pt)を予想する。◆製造業では加工・素材業種を問わず、業況感の小幅な悪化が見込まれる。これまで企業収益の改善に大きく寄与してきた輸出が足踏みしていることが業

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月調査短観では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想。大企業

2015年5月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2015年5月号)

統計情報2017 年 4 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 4 月号)データバンク課[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に上方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月比+2.0%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・先行指数の伸びは鈍化機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1月単月では前月から減少消費総合指数・・・・

日銀短観(2015年3月調査)結果

2015/04/01調査部 藤田 隼平 業況判断は大企業製造業で横ばい、大企業非製造業で緩やかな改善が続く本日発表された日銀短観(3 月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014 年12 月調査)と同じ12 となった。素材業種は2 ポイント上昇の8、加工業種は1 ポイント上昇の15 と 小幅改善したものの、製造業全体で見ると横ばいにとどまった。素材業種では、原油価格の下落による コスト低下を受けて「化学」が9 ポイント上昇の16 と大きく改善した一方、「非鉄金属」が1

2015年4月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月業種別計数、「企業の物価見通し」の概要、調査全容)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2017年3月)2017年4月4日日本銀行公表データ時系列データ 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2015年4月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2015年3月調査)の結果について

経済情報:日銀短観(2015年3月調査)の結果について

2015年4月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連のDIはいずれも改善 ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2015年3月調査結果が発表された。企業金融関連DIは、資金繰り判断DIが前回調査から2%pt高い12%pt、金融機関の貸出態度判断DIが前回調査から2%pt高い20%pt、借入金利水準判断DIが前回調査から1%pt低い-11%pt(最近)となった。いずれのDIからも、企業の資金調達

2015年4月1日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

短観です。

日銀短観(2015年3月概要、要旨)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2017年3月)2017年4月3日日本銀行公表データ業種別計数(4月4日に掲載)「企業の物価見通し」の概要(4月4日に掲載)調査全容(4月4日に掲載)時系列データ 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観3月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回調査比で横ばいとなり、景況感の回復の遅れが示

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年3月の日銀短観は横ばい ~収益環境は良くなっても自信は強まらず

2015年3月の日銀短観は横ばい ~収益環境は良くなっても自信は強まらず

日銀短観(2015年3月調査)予測

2015年03月19日○4月1日に公表される日銀短観(2015年3月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(14年12月調査)から2ポイント上昇し、14になると予測する。「自動車」など円安の恩恵を受けやすい業種を中心に業況感の改善が見込まれる。一方、「紙・パルプ」など円安によってコスト上昇に直面する業種のほか、原油価格の下落で業績が悪化している「石油・石炭」などでは業況感が悪化すると考えられる。もっとも、製造業全体で見ると、円安と原油安は業績にプラスに働き、業況感は緩やかに改善

2015年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観の予測 ~リバウンドの強さを問う~

2015年3月日銀短観の予測 ~リバウンドの強さを問う~

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の改善が示されると予想する。大企業非製造業

日銀短観(2014年12月調査)結果

2014/12/15調査部 藤田 隼平 業況判断は大企業製造業で2四半期ぶりに悪化も、大企業非製造業は改善本日発表された日銀短観(12月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014年9月調査)から1ポイント低下し12となった。業況感は足踏みが続いている。11月以降、日本銀行による追加金融緩和を受けて円安が進んでおり、円安の悪影響を受けやすい素材業種は3ポイント低下の6と悪化した。「繊維」、「紙・パルプ」が低下したほか、原油価格の下落で市況が悪化している「石油・石炭製品」

2014年12月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(12月業種別計数、「企業の物価見通し」の概要、調査全容)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年12月)2016年12月15日 日本銀行公表データ時系列データ 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年12月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

12月短観はまだ小幅悪化 ~円安メリットが表れるのは少し先~

Economic Trends経済関連レポート12月短観はまだ小幅悪化発表日:2014年12月15日(月)~円安メリットが表れるのは少し先~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)日銀短観の 12 月調査は、大企業・製造業の業況判断が前回比▲1 ポイント悪化した。期待された円安効果はまだ十分には反映されていない。もっとも、企業収益は大企業・製造業でようやく 2014 年度増益計画に転じて、前向きな変化と捉えられる。また、中小企業・製造業などでは設備投資計画が積

2014年12月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2014年12月調査)の結果について

経済情報:日銀短観(2014年12月調査)の結果について

2014年12月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年12月概要、要旨)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年12月)2016年12月14日 日本銀行公表データ概要 [PDF 528KB]要旨業種別計数(12月15日に掲載)「企業の物価見通し」の概要(12月15日に掲載)調査全容(12月15日に掲載)時系列データ 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回9月調査比で1ポイント低下

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年12月調査)予測

PRESS RELEASE日銀短観(2014年12月調査)予測2014年12月8日株式会社富士通総研当社は、12月15日に発表される日銀短観(2014年12月調査)の業況判断DIと設備投資計画の予測を行いました。業況判断DI(大企業)は、9月調査に比べ、製造業、非製造業とも悪化すると見込まれます。2014年度の設備投資計画(全規模・全産業)は、9月調査から上方修正されると予想されます。業況判断DI:大企業・製造業 12%ポイント、大企業・非製造業 12%ポイント設備投資計画:全規模・全産業 20

2014年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観の予測 ~景気後退リスクを引きずる~

2014年12月日銀短観の予測 ~景気後退リスクを引きずる~

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予

日銀短観(2014年12月調査)予測

2014年12月02日○12月15日に公表される日銀短観(2014年12月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(14年9月調査)から1ポイント上昇し、14になると予測する。日本銀行による追加金融緩和を受けて円安が進んでおり、「自動車」や「電気機械」など円安の恩恵を受けやすい業種では業況感の改善が見込まれる。設備投資や公共投資も底堅く、「生産用機械」などの一般機械類や「窯業・土石」など建材関連の業種も上昇しよう。一方、「紙・パルプ」など円安の悪影響を受けやすい業種などでは業況感

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/10/22~11/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆9月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+2.9%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+1.1%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+2.9%と4ヶ月連続で増加した。◆9月の家計関連の指標は、個人消費では反動減から緩やかに回復していることが示され、雇用環境に関しては回復ペースが鈍化していることが

2014年10月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年9月業種別計数、「企業の物価見通し」の概要、調査全容)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年9月)2016年10月4日日本銀行公表データ時系列データ〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年10月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2014年9月調査)の結果について

経済情報:日銀短観(2014年9月調査)の結果について

2014年10月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年9月調査)

日銀短観(2014年9月調査)

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志大企業製造業の業況判断D.I.が13と前回比で1ポイント上昇し、2四半期ぶりとなる景況感の改善が示された。一方、大企業非製造業の業況判断D.I.は13(前回比6ポイント下落)と製造業との間で方向感が分かれた。前回調査以降も消費の低迷が色濃く残り、生産や出荷も減少が続いている。大企業製

2014年10月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年9月概要、要旨)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年9月)2016年10月3日日本銀行公表データ概要 [PDF 525KB]要旨業種別計数(10月4日に掲載)「企業の物価見通し」の概要(10月4日に掲載)調査全容(10月4日に掲載)時系列データ〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年9月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月29日~10月3日)

経済指標解説2014 年 9 月 26 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測松浦大将(9/29~10/3)hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1435)内はみずほ総研予想30日 :8月の鉱工業生産指数(前月比+0.5%、前年比▲1.0%):8月の全世帯実質消費支出(前年比▲2.6%)、勤労者世帯実質消費支出(前年比▲2.8%):8月の小売業販売額(前年比▲0.4%)、大型小売店販売額(前年比▲0.2%):8月の完全失業率(

日銀短観(2014年9月調査)予測

2014年09月18日○10月1日に公表される日銀短観(2014年9月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(2014年6月調査)から横ばいの12になると予測する。設備投資や公共投資の底堅さに支えられて、「はん用機械」などの一般機械類や「鉄鋼」など建材関連の業種は上昇すると見込まれる。しかし、個人消費の持ち直しの動きは弱く、「食料品」は低下が続き、「自動車」も増税後の大幅な落ち込みからは持ち直すものの、そのテンポは緩やかにとどまるだろう。足元では在庫の積み上がりや輸出の伸び悩み

2014年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年9月の日銀短観の予測 ~2期連続での悪化が予想される~

Economic Trends経済関連レポート2014年9月の日銀短観の予測発表日:2014年9月18日(木)~ 2期 連 続 で の 悪 化 が 予 想 さ れ る ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)10 月1日の日銀短観では、大企業・製造業の業況判断 DI が▲2 ポイント悪化の予想である。消費税増税の反動減が長引いているほか、夏場の天候不順、輸出拡大のもたつきが悪化の原因である。消費税の影響を見極める上では、2014 年度の売上・収益計画がどのよ

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観9月調査では、注目度の高い大企業製造業で2四半期連続となる景況感悪化が示されると予想

2014年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り引き続き堅調な企業金融関連DI 2014年7月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%pt高い10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査と同じ15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的

2014年7月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月業種別計数、「企業の物価見通し」の概要、調査全容)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年6月)2016年7月4日日本銀行公表データ時系列データ〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は12と前回3月調査比で5ポイント下落し、6四半期ぶりに景況感の悪化が示された。大

2014年7月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月概要、要旨)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2016年6月)2016年7月1日日本銀行公表データ概要 [PDF 527KB]要旨業種別計数(7月4日に掲載)「企業の物価見通し」の概要(7月4日に掲載)調査全容(7月4日に掲載)時系列データ〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年6月の日銀短観の予測 ~消費増税後、初回答で自信は取り戻せているか~

2014年6月の日銀短観の予測 ~消費増税後、初回答で自信は取り戻せているか~

日銀短観(2014年6月調査)予測

2014年06月19日○7月1日に公表される日銀短観(2014年6月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(2014年3月調査)から3%ポイント低下の14%ポイントに悪化すると予測する。素材業種、加工業種ともに業況感は悪化するだろう。もっとも、増税の影響を受けやすい「自動車」では低下幅が大きくなる一方、底堅い設備投資や堅調な公共投資に支えられて、「はん用機械」などの一般機械類や「鉄鋼」など建材関連の業種では、水準を高める可能性もある。先行きは改善が見込まれるものの、大企業製造業

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月調査)予測

日銀短観(2014年6月調査)予測

2014年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年6月号

統計情報2017 年 4 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 4 月号)データバンク課[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に上方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月比+2.0%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・先行指数の伸びは鈍化機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1月単月では前月から減少消費総合指数・・・・

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(短観) 3月調査日銀短観から、「企業の物価見通し」の集計・公表が開始された。物価見通しの平均値は前年比で1.5%~1.7%という結果であった。日銀が掲げる2%の物価目標には届いていないものの、近い水準が示された形だ。ただし、回答分布を見ると、2%近いインフレ期待が企業に幅広く浸透しているとは言い難い面もあ

2014年4月4日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

経済金融動向(2014年2月)

時の動き2M O V EM E N T経済金融動向(2017年3月)みずほ総合研究所 経済調査部景気は緩やかに回復 2月の輸出数量指数(みずほ総合研究所による季節調整値)は前月比+3.3%(1月同0.0%)と、3カ月ぶりに上昇した。一般機械などがプラスに寄与し、米国・EU・アジア向けがそろって上昇した。先行きについては、世界経済の緩やかな回復やITサイクルの改善に伴い、輸出は回復基調を維持するだろう。  2 月 の 鉱 工 業 生 産 指 数 は 前 月 比 +2.0 %( 1 月 同 ▲0.4

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連DIは堅調だが、先行きに不透明感 ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査と同じ8%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%ptプラスの15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。業況判断の改善に伴い、企業の資金繰りも安定してい

日銀短観(2014年3月調査)

現状は改善が続くも、先行きは大幅な悪化を見込む本日発表された日銀短観(3月調査)における大企業の業況判断DI(「良い」-「悪い」)は、製造業では前回調査から1ポイント上昇の17、非製造業では4ポイント上昇の24と、ともに前回調査時点では先行き悪化が見込まれていたが、5四半期連続で改善が続いた。製造業については、素材業種では17と横ばいにとどまった。市況や内外需要の持ち直しを受けて「鉄鋼」では景況感が改善したものの、住宅着工が頭打ちとなる中で「窯業・土石製品」は業況が大きく落ち込むなど、業種によっ

2014年4月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年3月業種別計数、「企業の物価見通し」の概要、調査全容)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 短観(2017年3月)2017年4月4日日本銀行公表データ時系列データ 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)Copyright Bank of Japan All Rights Reserved.

2014年4月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2014年3月調査)の結果について

経済情報:日銀短観(2014年3月調査)の結果について

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の17、先行きは予想以上の悪化

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の17、先行きは予想以上の悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の17、先行きは予想以上の悪化 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は17と前回12月調査比で1ポイント上昇し、5四半期連続の景況感改善が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ