「日銀総裁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

量的・質的金融緩和とその行方

〈レポート〉経済・金融量的・質的金融緩和とその行方主席研究員 南 武志1  黒田総裁就任とレジーム・チェンジからの完全脱却という目標を達成していない1990年代後半以降、わが国はデフレ経済が段階で緩和措置を解除するなど、中途半端な進行し続けたが、対処法などを巡って永らく政策運営であったことは否めない。こうした論争が繰り広げられてきた。一方はインフ行動によって、日本国内ではデフレ継続予想レ・好況期にはともかく、デフレ・不況期にが定着してしまった可能性は高い。おいては金融政策でできることには限界があ

米国経済(週次)予測(2013年4月5日)

米国経済(週次)予測(2013年4月5日)<ウォール・ストリート紙は黒田新日銀総裁の政策発表を“バーナンキの日本銀行”と評価>2013-04-08 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年3月13日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

日銀の次の一手を考える~「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点~

みずほインサイトマーケット2013 年 3 月 12 日日銀の次の一手を考える市場調査部シニアエコノミスト「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 政府は、白川総裁の後任に財務省出身の黒田アジア開銀総裁を提示した。G20会合を受け、日銀の金融政策に対する海外からの目を強く意識したことが、判断材料の一つになったと考えられる。○ 日銀は、4月の金融政策決定会合で追加緩和策を決定する可能性が高い。緩和策とし

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済1 月 29∼30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利 0∼0.25%を引き続き据え置くことを決定した。今後も、失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、長期インフレ期待が引き続き十分抑制されている限り、政策金利を異例の低水準とすることが適切であるとした。また、政府支援機関の住宅ローン担

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ