調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 春闘賃上げ

「春闘賃上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

【2015年春闘の展望と課題(1)】持続的賃上げに向けた2つの条件

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年2月 20 日No.2014-051≪2015 年春闘の展望と課題①≫持続的賃上げに向けた2つの条件調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》 2015 年春闘(春季労使交渉)は、労使ともに賃上げの必要性を認めた上でのスタートとなった。この背景にあるのは、業績の改善で企業の支払能力が出てきていることに加え、2年目となる政労使会議において政府から賃上げ要請が行われきたことの影響も指摘でき、政府主導の賃上げを「官製

2015年1月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2015年1月(全体版)

平成 27 年(2015 年)1 月 29 日【経済概況】Ⅰ.日 本~春闘での高めの賃上げ実現は、企業の成長期待の改善度合いが左右~Ⅱ.米 国~家計消費は底堅さを示すも、油価下落の賃金等への波及には注視が必要~Ⅲ.西 欧~デフレリスクが一段と高まるなか、ECB は国債購入含む追加緩和策を発表~Ⅳ.ア ジ ア~資源価格の下落は景気を下支え、一部財政面からの下押しには留意~Ⅴ.中 国~緩やかな減速傾向が続くなか、金融政策は選択的な対応を継続~Ⅵ.オーストラリア~資源価格の下落を受け輸出の減速が続く~

2014年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~今年の春闘では、昨年とは打って変わって多くの企業が定昇などに加えてベースアップ(ベア)にまで踏み込んだ回答を行った。新聞報道ではベースアップに応じた企業の割合は回答企業の約7割に及んでいるが、未だ景気の先行きが不透明でベースアップの回答割合が1割強であった昨年とは様変わりとなっている。もっとも、ベースアップ企業が少なかった昨年でも、定昇などにより平均賃上げ率は1.8

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ベアってなんだっけ?

よく分かる!経済のツボベアってなんだっけ?経済調査部ベアとは?資料1大塚 崇広ベースアップと定期昇給ベア(ベースアップ)とは、基本給の引き上げのことです。ただし、勤続年数等によって変化する部分(定期昇給)は除かれます。例えば、ある企業で 2013 年の基本給が 25 歳の人で 20 万円、26 歳の人で 21 万円であったとします。2014年になって、基本給が 25 歳の人で 20 万 2,000円、26 歳の人で 21 万 2,000 円に変化しました。この場合、2013 年に 25 歳であっ

2014年3月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金は上昇に転じるか~ベア回復で所定内給与は9年ぶりに増加へ~

みずほインサイト日本経済2014 年 2 月 28 日賃金は上昇に転じるか経済調査部エコノミストベア回復で所定内給与は 9 年ぶりに増加へ03-3591-1294千野珠衣tamai.chino@mizuho-ri.co.jp○ ボーナスや所定外給与は増加しているものの、賃金の中核を成す所定内給与は、非製造業を中心に依然として減少を続けている。○ 2013年の非製造業の所定内給与をみると、公務員給与の減額、長時間労働者に比べて相対的に賃金の低い短時間労働者の増加などが全体を押し下げている。○ 来年

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

公務員給与削減“終了”の影響 ~民間企業におけるベア以上のインパクトに~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート公務員給与削減“終了”の影響発表日:2014年2月20日(木)~民間企業におけるベア以上のインパクトに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○国家公務員と地方公務員の給与削減措置が今年度をもって終了する。終了に伴う給与の増加額は年間で0.8 兆円程度とみられ、これは名目雇用者報酬を+0.33%pt 程度押し上げる効果をもつ。○今回の給与削減措置の終了は、民間企業におけるベア以上のイ

2014年2月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

歴史的ターニングポイントとしての2014年春闘の課題

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 2 月 20 日No.2013-039歴史的ターニングポイントとしての2014 年春闘の課題調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》 形骸化が指摘されてきた春闘に久方ぶりに注目が集まっている。その背景には、昨年秋に政労使協議が開催され、政府主導で賃上げの雰囲気作りが行われてきたことが指摘できる。近年「ベアは論外」として賃上げに慎重姿勢を示してきた経団連も、賃上げの必要性を認めるスタンスに転換、ベアも事実

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

企業も賃上げに歩み寄り? ~2014年の春闘賃上げ率は2%台乗せの可能性が高まる~

企業も賃上げに歩み寄り? ~2014年の春闘賃上げ率は2%台乗せの可能性が高まる~

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘賃上げ率の見通し ~2001年以来の2%台を予想~

春闘賃上げ率の見通し ~2001年以来の2%台を予想~

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の賃金は本当に上がらないのか

リサーチ TODAY2013 年 11 月 27 日日本の賃金は本当に上がらないのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のTODAYで、円安にも関わらずなぜ輸出の伸びが鈍いのかという論点を取り上げた。今日、さらに日本経済に関し議論になる論点の一つに、日本の賃金は本当に上がらないのかという点がある1。足元、日本企業の収益は改善が示され、安倍政権は政労使協議の場などで産業界に賃上げを要請している。また、一部の企業経営者からは賃上げに前向きな発言も聞こえている2。下記の図表に示されるように春

2013年8月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

基本給にも生じてきた賃金上昇の兆し ~非製造業・フルタイム給与やパート給与に薄明かり~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート基本給にも生じてきた賃金上昇の兆し~非製造業・フルタイム給与やパート給与に薄明かり~発表日:2013年8月27日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(要旨)○残業時間の増加、夏のボーナスの増加を背景に、賃金に徐々に明るさがみられてきた。そして、減少が続いている所定内賃金についても、一部に下げ止まりの動きが生じてきた。○労働形態別に所定内賃金をみると、パート労働者の時給が上昇傾向を辿っ

2013年7月18日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル

春闘と賃上げ:高い「次元」の視点が必要?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 春闘と賃上げ:高い「次元」の視点が必要? 2013年の春闘も、例年であればやがて厚生労働省による最終的な集計結果が公表される頃となった。かつて春闘では、金属労協の鉄鋼、造船、電機、自動車の賃上げ交渉が先行し、次いで主要民間産業大手企業が続き、それらが国営企業等(当時)の賃金決定、さらには中小企業、未組織労働者の賃上げにも反映されると言われていた。下図を見ると、1997年頃までは(厚生)労働省調べの春闘

2013年2月9日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘賃上げ率の見通し ~賃金改善は期待薄

春闘賃上げ率の見通し ~賃金改善は期待薄

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ