「昭和45年」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

戌年生まれの神奈川県内企業と社長

2017/12/15戌年生まれの神奈川県内企業と社長戌年生まれの県内企業は5551社、社長は4512人はじめに干支は古代中国の思想で日本でも暦や時間、方角を表すために使われていた。年を数える十二支をわかりやすくして広めようと、絵・文字の形や訓読み、音読みで似ている動物の名前を当てはめた。2018年は十二支では11番目に当たる「戌」だが、日を数えるための十干では5番目に当たる「戊」。丙午(ひのえうま)など60種(還暦は干支・十干の60の組み合わせが一回りしたことを意味する)ある中で35番目の「戊戌

2018年1月18日香川県フィードバック数:0社会/政治

香川県の干支別推計人口(平成30年1月1日現在)

サイト内検索サイト内検索(未入力では実行できません)サイト内検索(未入力では実行できません) お問い合わせ政策部 統計調査課 電話:087-832-3145FAX:087-806-0224メール:tokei@pref.kagawa.lg.jp 香川県の干支別推計人口(平成30年1月1日現在) 戌年生まれは73,300人 平成30年1月1日現在の干支別人口を推計すると、戌(いぬ)年生まれは73,300人で、香川県の同日現在の推計人口967,100人に占める割合は7.6%となっています。男女

2018年1月12日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

「戌(いぬ)年生まれ」と「新成人」の人口-平成30年 新年にちなんで- (「人口推計」から)

ここから本文です。平成29年12月31日総務省統計トピックスNo.107「戌(いぬ)年生まれ」と「新成人」の人口-平成30年 新年にちなんで- (「人口推計」から) 総務省統計局では,新年を迎えるに当たり,平成30年1月1日現在における「戌(いぬ)年生まれ」の人口と「新成人」の人口を推計しました。要約男性は475万人,女性は502万人昭和45年生まれが最も多い十二支の中で最も少ない新成人人口(平成9年生まれ)は123万人で前年と同数男性は63万人,女性は60万人新成人人口の総人口に占める割合は8

2013年7月10日内閣府★フィードバック数:32社会/政治

鉄道、船舶、飛行機も含まれます。

交通安全白書(平成25年版)

交通安全白書平成29年版交通安全白書を公表しました。交通安全白書とは交通安全白書は、交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第13条の規定に基づき、毎年国会に提出することとされている年次報告書。昭和46年から報告しており、今回は47回目となる。(参考)交通安全対策基本法第13条政府は、毎年、国会に、交通事故の状況、交通の安全に関する施策に係る計画及び交通の安全に関して講じた施策の概況に関する報告を提出しなければならない。白書の構成平成28年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況特集「高齢者

2013年6月26日内閣府★フィードバック数:118社会/政治

今年も発表されました。

障害者白書(平成25年版)

障害者白書障害者白書とは障害者白書は、障害者基本法(昭和45年法律第84号)第13条に基づき、平成6年から政府が毎年国会に提出する「障害者のために講じた施策の概況に関する報告書」です。 白書の構成平成29年版障害者白書第1編 共生社会の実現に向けて「第1節 共生社会の実現に向けた取組」及び「第2節 相模原市の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止」から構成。第2編 障害者支援の充実に向けた動き「第1節 障害者総合支援法の改正」及び「第2節 発達障害者支援法の改正」から構成。第3編 障害者施

2012年6月11日内閣府★フィードバック数:121社会/政治

障害者の現状と障害者のために講じた施策の概況です。

平成24年版 障害者白書

障害者白書障害者白書とは障害者白書は、障害者基本法(昭和45年法律第84号)第13条に基づき、平成6年から政府が毎年国会に提出する「障害者のために講じた施策の概況に関する報告書」です。 白書の構成平成29年版障害者白書第1編 共生社会の実現に向けて「第1節 共生社会の実現に向けた取組」及び「第2節 相模原市の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止」から構成。第2編 障害者支援の充実に向けた動き「第1節 障害者総合支援法の改正」及び「第2節 発達障害者支援法の改正」から構成。第3編 障害者施

2012年5月30日内閣府★フィードバック数:30社会/政治

船舶や航空機、鉄道も含めた交通事故、交通安全についての白書です。

平成24年版 交通安全白書

交通安全白書平成29年版交通安全白書を公表しました。交通安全白書とは交通安全白書は、交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第13条の規定に基づき、毎年国会に提出することとされている年次報告書。昭和46年から報告しており、今回は47回目となる。(参考)交通安全対策基本法第13条政府は、毎年、国会に、交通事故の状況、交通の安全に関する施策に係る計画及び交通の安全に関して講じた施策の概況に関する報告を提出しなければならない。白書の構成平成28年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況特集「高齢者

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ