調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 時間外労働

「時間外労働」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年7月28日エムステージ?フィードバック数:0キャリアとスキル

7割の医師が「医師の働き方改革」は必要と回答。一方、8割の医師が“期待していない” ~「医師の働き方改革」への医師の本音を調査~

お知らせINFORMATIONホームお知らせ 7割の医師が「医師の働き方改革」は必要と回答。一方、8割の医師が“期待していない” ~「医師の働き方改革」への医師の本音を調査~ 7割の医師が「医師の働き方改革」は必要と回答。一方、8割の医師が“期待していない” ~「医師の働き方改革」への医師の本音を調査~ 医師人材総合サービスを手掛け、「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」を運営する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役社長:杉田 雄二)は、会員医師を対象に「医師の働き方改革」に関するア

2018年1月29日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年10-12月期 転職時の賃金変動状況を発表。「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.4%。前年同期?2.7ポイント上昇。

プレスリリース記事詳細2017年10-12月期 転職時の賃金変動状況を発表。「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.4%。前年同期⽐2.7ポイント上昇。株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⼩林⼤三)が提供する転職支援サービス『リクルートエージェント』における2017年10-12月期の「転職時の賃⾦変動状況」を報告します。「転職時の賃⾦変動状況」では、"転職決定者の賃⾦は転職前後でどのように変化しているのか"という点に着目し、「前職と⽐べ賃⾦が明

2017年11月9日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

長時間労働が減っているのに過労死が注目される意外な理由

長時間労働は 減少傾向にある 電通の新入社員でインターネット広告を担当していた、当時24歳の女性が2015年末に過労により自殺したのを受けて、翌年の秋以降、過労死問題がクローズアップされている。 果たして、過労に結びつく長時間労働は増加しているのか。今回は、この点を統計データで確認するとともに、日本における長時間労働と仕事のストレスの関係を、国際的な比較の中で明らかにしたい。 長時間労働は、統計上、週労働時間49時間以上、ないし60時間以上で区分されていることが多い。過労死ラインは、時間外労働が

2017年5月7日東京都★フィードバック数:0ビジネス

平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」

ここから本文です。平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」 結果がまとまりました労働時間制度の多様化とともに、フレックスタイムなど様々な働き方が広がっています。一方で、正社員を中心として、長時間労働は依然として大きな課題となっています。また、割増賃金の未払いや過重労働といった問題の背景として、労働時間が適切に把握されていないことが指摘されています。東京都では、こうした状況下で、労働時間やその管理の状況、また使用者や労働者の認識を把握するため、都内3,000事業所及

2014年11月11日LiBフィードバック数:0キャリアとスキル

過去到達年収400万超 ハイキャリア女性の”残業”事情調査

「働き方」特集 業務の効率化と残業事情調査過去到達年収400万超 ハイキャリア女性の”残業”事情調査 ハイキャリア女性の約65% は月の残業時間が30時間以下! 〜 業務の効率化、時間の有効活用でメリハリのあるワークスタイルに 〜 2014年11月11日厚生労働省は先日、働きすぎ防止のための取組強化および過労死等防止対策推進法の成立を受けて、長時間労働対策に取り組むための「長時間労働削減推進本部」を設置しました。 安倍政権が「働き方」に関して様々な施策を行う背景を受け、仕事もプライベートも多忙な

労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?―

労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?― | ニッセイ基礎研究所 労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?― 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2011年の韓国人1人あたりの総実労働時間は平均2090時間で、OECD諸国34

2013年6月26日常盤薬品工業フィードバック数:5キャリアとスキル

残業(時間外労働)に関する調査

眠眠打破委員会【調査】アベノミクス効果!?新橋近隣エリア*で...| 眠眠打破委員会【調査】アベノミクス効果!?新橋近隣エリア*で働く人 1年前より「残業が増えた」約3割。内半数が業績向上による残業。 残業を“乗り切る”お供は、定番の「コーヒー」より「機能性ドリンク」 ノエビアグループ常盤薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)が運営する『眠眠打破(みんみんだは)委員会』は、仕事で頑張る男女の実態を把握するため、「残業(時間外労働)に関する調査」を実施しました。 グラフ1 ◆調査期間:2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ