「普通会計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年11月9日東京都フィードバック数:0社会/政治

「都職員の給与の状況」(第37回)

ここから本文です。「都職員の給与の状況」(第37回)の概要について1 公表の経緯給与の公表は、昭和56年10月以降、自治事務次官通知に基づき行っており、今年で37回目になります。平成17年8月に総務事務次官通知の全部改正があり、原則として総務省指定の公表様式により、各団体のホームページ上にて公表することとなりました。平成18年3月には、総務省の「地方公共団体給与情報等公表システム」が稼動し、東京都を含む全国の地方公共団体が総務省のホームページにリンクを貼ることにより、団体間の比較分析が可能となり

2014年9月16日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都の財政です。

25年度「東京都年次財務報告書」

平成25年度「東京都年次財務報告書」の作成について平成26年9月12日財務局 複式簿記・発生主義会計による平成25年度普通会計決算がまとまりました。この新たな公会計制度により作成された財務諸表を用いて、都全体の財務の実態をマクロ的な視点から分析した「東京都年次財務報告書」を作成したのでお知らせいたします。なお、本報告書は、民間企業でいえば、会社の経営状況を株主や投資家に報告する「アニュアル・レポート」に相当するものであり、これまでの官庁会計と合わせて、より多面的に都の財政状況を示すものとなります

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方公共団体の財政面の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方公共団体の財政面の現状強い地方を作るための足元再確認 ◆わが国が直面する諸課題に対応するためには、総合的な国力の増強が重要であり、国力増強の基礎は各地域が強くなることにある。その前提として、本稿では地方公共団体の財政面に焦点をあて、まずは大枠の現状把握を試みた。◆地方公共団体純計の普通会計と国の一般会計を過去約四半世紀さかのぼって比較すると、歳入規模は地方公共団体純計の方が大きい年度が大半である。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ