調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 景気ウォッチャー

「景気ウォッチャー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月14日岩手経済研究所フィードバック数:0社会/政治

「いわて景気ウォッチャー調査」 ―平成28年10月調査―

「いわて景気ウォッチャー調査」 ―平成28年10月調査―

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年5月)

2015年06月08日○6月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の5月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.7ポイント上昇の53.2となった。6ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を4ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、5月は、前月差1.7ポイント上昇の53.2となり、6ヶ月連続で上昇した。企業動向関連と雇用関連からなるDIは、5月は、前月差1.4ポイント低下の53.2と2ヶ月連続

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年4月)

2015年05月13日○5月13日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の4月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差1.5ポイント上昇の52.5となった。5ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を3ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、4月は、前月差3.5ポイント上昇の51.5となり、5ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、4月は、前月差2.1ポイント低下の54.6とな

世界一安いディズニーランド - 円安のメリットを生かす努力を

世界一安いディズニーランド - 円安のメリットを生かす努力を | ニッセイ基礎研究所 世界一安いディズニーランド - 円安のメリットを生かす努力を 経済研究部 常務取締役 部長 宮垣 淳一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月1日から東京ディズニーランドの入場料が値上げされた。6400円から6900円へ500円の値上げである。しかし、海外に目を転じると東京ディズ

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

<要 旨>1月の鉱工業生産指数は前月比+5.8%と2カ月連続の上昇。生産の基調は緩やかな回復である。2月関西の貿易は、輸出は24カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同増加。結果、貿易収支は2カ月連続の赤字となり、赤字幅は同870億円悪化した。2月の消費者態度指数は3カ月連続の前月比改善。同月の景気ウォッチャー現状判断DIも3カ月連続の改善。春節もあり訪日外国人消費が改善に寄与。消費者心理に改善の動きがみられる。11月(関西2府4県)、12月(関西コア)の現金給与総額の伸びは前月から加速。賃金

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2014年1月) ~増税後の景気に対する懸念が表れ始める~

景気ウォッチャー調査(2014年1月) ~増税後の景気に対する懸念が表れ始める~

2013年9月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2013年8月) ~高水準だが、年前半の勢いはない~

Economic Indicators指標名:景気ウォッチャー調査(2013年8月)定例経済指標レポート発表日 2013年9月10日(火)~高水準だが、年前半の勢いはない~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526原数値12年13年78910111212345678景気の現状判断(方向性)景気の先行き判断(方向性)合計合計季節調整 家計動向 企業動向季節調整 家計動向 企業動向雇用関連雇用関連値関連関連値関連関連44.242.042.844.85

2013年8月1日内閣府フィードバック数:4社会/政治

業種別・地域別にみた景気ウォッチャーの判断について

今週の指標 No.1075 業種別・地域別にみた景気ウォッチャーの判断についてポイント2013年7月31日景気ウォッチャー調査の現状判断DIは、本年3月に57.3と史上最高値となった後に低下したものの、直近の6月調査で53.0となるなど、依然として50を上回って高い水準にある。この背景には、同調査において、百貨店における高額品販売は好調とのコメントがみられる等、現内閣による政策の効果の発現があると考えられる一方で、政策効果は感じられないとのコメントもみられる。こうしたことから、サンプルが少ないと

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2013年5月) ~現状判断DIは2ヶ月連続の低下も景況感は高水準~

Economic Indicators指標名:景気ウォッチャー調査(2013年5月)定例経済指標レポート発表日 2013年6月11日(火)~現状判断DIは2ヶ月連続の低下も景況感は高水準~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524原数値12年13年12345678910111212345景気の現状判断(方向性)景気の先行き判断(方向性)景気の現状判断(水準)合計合計合計家計動向 企業動向家計動向 企業動向家計動向 企業動向雇用関連雇用関連雇用関連

2012年12月26日内閣府★フィードバック数:5大型消費/投資

エコカー補助金についての分析です。

エコカー補助金と景況感

今週の指標 No.1056 エコカー補助金と景況感 ポイント2012年12月25日エコカー補助金は自動車の販売台数を押し上げたが、関連する企業の景況感にも大きな影響を与えたと考えられる。エコカー補助金は2009年4月から10年9月までと、11年12月から12年9月までの2回実施され、ここでは1回目と2回目のエコカー補助金が景況感に与えた影響の違いを比較する。このため、景気ウォッチャー調査の現状判断の理由から、エコカー補助金に関するコメント数を集計し、コメントをした回答者について、景況感に関する5

2012年6月12日内閣府フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念

今週の指標 No.1034 景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念ポイント2012年6月11日 昨年の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故に端を発した電力問題について、今夏も多くの地域で電力不足が懸念されている。そこで、今回「景気ウォッチャー調査」を利用し、2~3か月先の景気の先行きに対する判断(先行き判断)について回答されたものの中から、電力不足等に関するコメントについて集計を行った。 先行き判断における『電力不足』または『節電』に関するコメント(以下、電力関連コメ

2011年9月9日内閣府フィードバック数:3社会/政治

家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかに

今週の指標 No.1009 家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかにポイント2011年9月8日3月の東日本大震災の発生以降、家計や企業の景況感は徐々に持ち直してきたが、ここに来てその動きが緩やかになっている。景気ウォッチャーの景況感をみると、前月(7月調査)は現状判断DIが3.0ポイント上昇して52.6と、2006年4月(54.6)以来の高い水準にまで達していたが、前月の先行き判断DIは0.5ポイント下落して48.5ポイントとなっていた。そうした動きを裏付けるように、今月は、現状判断D

2009年1月19日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割

2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割 景気の現状に関する意識調査 2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割未曾有の金融・経済危機に直面し、経済が劇的に変化した2008年は景気や雇用に大きな影響を及ぼしたが、生活者は景気の変化をどう実感しているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女416名の回答を集計し、2007年12月に内閣府が実施した「景気ウォッチャー調査」の結果と比較した。2008年の景気について、200

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ