「景気予報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グラフで見る景気予報(2015年6月)

2015/06/02 【今月の景気判断】景気は持ち直しているが、そのペースは緩慢である。設備投資や住宅投資が増加に転じるなど明るい動きがある一方で、足元で個人消費に弱い動きがみられるほか、輸出の増加ペースが鈍化しており、公共投資も対策効果の息切れにより減少に転じている。雇用情勢の良好な状態が維持され賃金が持ち直していること、物価の伸び率が緩やかであることは、個人消費を下支えすると期待される。また、企業業績の順調な改善を背景に、設備投資は増加基調に転じであろう。このため、今後も景気の持ち直しは続こ

グラフで見る景気予報(2015年5月)

2015/05/07 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出、生産とも振れを伴いながらも持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるが、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

グラフで見る景気予報(2015年4月)

2015/04/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、振れを伴いながらも輸出、生産ともに持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また

グラフで見る景気予報(2015年3月)

2015/03/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出が増加基調に転じ、生産も持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

グラフで見る景気予報(2014年12月)

2014/12/02 【今月の景気判断】景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる。輸出が増加し、設備投資が増加基調にあるなど、一部に明るい動きが出てきており、生産にも持ち直しの動きがみられる。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラスが続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調を維持するため、生産も持ち直していくと考えられる。

グラフで見る景気予報(2014年11月)

2014/11/05 【今月の景気判断】景気は弱含んでおり、後退局面入りした可能性がある。個人消費は反動減から持ち直しているが、このところ動きは鈍っている。また、輸出が持ち直しているものの、設備投資は一時的に減少している。さらに、雇用情勢の改善の動きにも足踏みがみられ、賃金は持ち直しているものの実質では大幅なマイナスの状態にある。一方、生産に下げ止まりの動きがみられるものの、在庫の積み上がりが抑制要因となり、持ち直しのペースは緩やかなものにとどまるだろう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転

グラフで見る景気予報(2014年10月)

2014/10/02 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。個人消費は反動減から持ち直しているが、このところ動きは鈍っている。また、設備投資が一時的に減少し、円安にもかかわらず輸出の弱含みが続いている。さらに、雇用情勢の改善の動きにも足踏みがみられ、賃金は持ち直しているが実質では大幅なマイナスの状態にある。こうした中、内外需の低迷による在庫の積み上がりを背景に生産が減少しており、景気がすでに後退局面入りしている可能性が出てきた。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じること、2013年度補正予

グラフで見る景気予報(2014年9月)

2014/09/02 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。反動減によって大きく落ち込んだ個人消費に持ち直しの動きがみられ、賃金も持ち直しつつある。しかし、輸出が弱含んでいるうえ、設備投資が一時的に減少するなど、一部に弱い動きが広がっている。また、内外需の低迷によって生産が弱含んでおり、積み上がっている在庫が先行きの生産を抑制する懸念があるほか、雇用情勢の改善の動きにも、このところ足踏みがみられる。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じること、2013年度補正予算の執行が本格化してくること、

グラフで見る景気予報(2014年8月)

2014/08/04 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。反動減によって大きく落ち込んだ個人消費に持ち直しの動きがみられ、賃金も雇用情勢の改善を受けて持ち直しつつある。しかし、輸出が弱含んでいるうえ、設備投資が一時的に減少する可能性があるなど、一部に弱い動きが広がっている。また、内外需の低迷によって生産が弱含んでおり、積み上がっている在庫が先行きの生産を抑制する懸念がある。雇用情勢も、足元で持ち直しが一服している。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じ、2013年度補正予算の執行が本格化し

グラフで見る景気予報(2014年7月)

2014/07/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動によって大きく落ち込んでおり、景気下押し圧力が一時的に強まっている。しかし、雇用情勢が緩やかに改善していることを受けて賃金が持ち直しつつあり、個人消費の深刻な悪化は回避されよう。設備投資が緩やかに増加していることや、2013年度補正予算の執行が本格化してくることから、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元で弱含んでいる輸出が、世界経済の回復を背景に持

グラフで見る景気予報(2014年6月)

2014/06/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動によって大きく落ち込んでおり、景気下押し圧力が一時的に強まっている。しかし、雇用情勢が緩やかに改善してきたことを受けて賃金が下げ止まっており、個人消費の深刻な悪化は回避されよう。設備投資が緩やかに増加していることや、2013年度補正予算の執行が本格化してくることから、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世界経済の回

グラフで見る景気予報(2014年5月)

2014/05/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。経済対策の効果により公共投資が増加しており、回復が遅れていた設備投資も緩やかに増加してきた。今後、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動減によって大きく落ち込むと見込まれ、景気下押し圧力が一時的に強まると予想される。しかし、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることから、個人消費の深刻な悪化は回避され、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世

グラフで見る景気予報(2014年4月)

2014/04/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。経済対策の効果により公共投資が増加傾向にあり、回復が遅れていた設備投資も緩やかに持ち直してきた。個人消費は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって増加した後、反動によって大きく落ち込むと予想されるが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることから、落ち込みは一時的にとどまると見込まれる。このため、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世界経済の回復を背景に持ち直しに向かうこともあって、景気が後退局面に入ることは回

グラフで見る景気予報(2014年3月)

2014/03/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の動きが弱いが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費が増加している。また、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、回復が遅れていた設備投資も緩やかに持ち直してきた。生産も駆け込み需要により増加している。年度末にかけては、駆け込み需要で個人消費の勢いが強まると予想され、景気の持ち直しの動きは続こう。増税後は個人消費を中心に反動減が表れ、景気は一時

グラフで見る景気予報(2014年2月)

2014/02/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の持ち直しが一服しているが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費が増加している。また、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数も駆け込み需要により高水準にある。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては増税前の駆け込み需要で個人消費の勢いが強まると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。増税後は個人消費を中

グラフで見る景気予報(2014年1月)

2014/01/07 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資や輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直している。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては消費税率引き上げ前の駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。増税後は個人消費を中心に反動減

グラフで見る景気予報(2013年9月)

2013/09/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が増加しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。こうした内外需要の持ち直しを背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設

グラフで見る景気予報(2013年8月)

2013/08/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が増加しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。こうした内外需要の持ち直しを背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設

グラフで見る景気予報(2013年7月)

2013/07/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移しているほか、生産の持ち直しが続き、輸出も世界経済の回復を背景に持ち直しの動きがみられる。また、公共投資は増加が続き、雇用は緩やかに改善し、住宅着工が増加している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与してくると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設備投資も増加基調に転じると期待される。一方、賃金の弱含みが続

グラフで見る景気予報(2013年6月)

2013/06/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移しているほか、生産の持ち直しが続き、輸出も世界経済の回復を背景に持ち直しの動きが出てきた。また、公共投資は増加が続き、雇用には持ち直しの動きがみられる。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与してくると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、足元では弱含んでいる設備投資も、増加基調に転じると期待される。一方、賃金の

わかりやすいまとめです。

グラフで見る景気予報(2013年4月)

2013/04/02 【今月の景気判断】景気に持ち直しの動きがみられる。公共投資が順調に増加しているほか、自動車の増産などを背景に生産が持ち直しており、輸出も世界経済の回復ペースの高まりを背景に下げ止ってきた。賃金は弱含んでいるものの、雇用に持ち直しの動きが見られ、消費者マインドも改善し、個人消費にも持ち直しの動きがみられるようになってきた。今後は、引き続き公共投資が増加基調で推移して景気を下支えするとともに、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気の持ち直しの動きが強まってこよう。

グラフで見る景気予報(2013年3月)

2013/03/04 【今月の景気判断】景気に持ち直しの動きがみられる。公共投資が順調に増加しているほか、自動車の増産などを背景に生産が持ち直しており、輸出も世界経済の回復ペースの高まりを背景に下げ止ってきた。賃金の弱含みを背景に個人消費が横ばいにとどまっているものの、雇用に持ち直しの動きが見られ、消費者マインドも改善している。今後は、2012年度補正予算によって公共投資が増額され、震災後の復旧・復興工事と合わせて景気を下支えするとともに、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気の持

わかりやすい資料です。

グラフで見る景気予報(2013年2月)

2013/02/04 【今月の景気判断】景気は下げ止っている。公共投資が順調に増加していることに加え、自動車の増産などを背景に生産が持ち直しつつあり、景気の底打ち感が強まっている。設備投資が弱含んでおり、雇用情勢の回復の遅れや賃金の弱含みを背景に個人消費が一進一退で推移するなど、内需に弱さは残っているものの、円安や株高が進んでいることもあって、景気の先行きに対する期待感が高まっている。輸出も、世界経済の回復ペースの高まりを背景に下げ止りの動きがみられる。今後は、2012年度補正予算において公共投

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ