「景気判断」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

平成28年7月調査(平成28年8月8日公表):景気ウォッチャー調査

平成28年7月調査(平成28年8月8日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式) 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2016年5月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

平成28年4月調査(平成28年5月12日公表):景気ウォッチャー調査

平成28年4月調査(平成28年5月12日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式) 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2016年2月12日内閣府フィードバック数:0社会/政治

平成28年1月調査(平成28年2月8日公表):景気ウォッチャー調査

平成28年1月調査(平成28年2月8日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式)(別掲)甲信越 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2015年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査にみる平成26年度の企業の景況感

過去の「シリーズ日本経済を考える」については、財務総合政策研究所ホームページに掲載しています。http://www.mof.go.jp/pri/research/special_report/index.htmlシリーズ日本経済を考える48法人企業景気予測調査にみる平成26年度の企業の景況感*1財務総合政策研究所次長高田 潔連載1.はじめにる。第3章では調査開始以来のデータを活用して日本経済を考える2014年4月の消費税率引上げ前の駆け込み需要約10年間の企業行動の変化をみる。第4章では特とその

2015年5月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「債券マーケット・ビュー」(2015年4月)

時の動き3M O V EM E N T債券マーケット・ビュー(2017年5月)大和証券 金融市場調査部 日銀は、4月の金融政策決定会合で、景気の総括判断を向けたモメンタムは維持している」との判断を据え置き、「緩やかな拡大に転じつつある」と、従来の「緩やかな回復現行のイールドカーブ・コントロールを淡々と続けつつ、基調を続けている」から一歩前進させた。景気判断に「拡大」長期にわたり様子見姿勢を貫きそうだ。金融・経済が何らの表現を用いたのは9年振りで、「需給ギャップのプラスかのショックに見舞われた場合

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 | ニッセイ基礎研究所 さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 経済研究部 研究員 岡 圭佑・景気判断は全9地域中3地域で上方修正・業況判断は5地域で改善も、先行きは全地域で悪化・製造業の業況判断は4地域で改善、先行きは7地域で悪化・非製造業の業況判断は8地域で改善、先行きは全地域で悪化4月14日に日本銀行が公表した「地域経済報告(さくらレポート)」によると、全9地域中3地域(北陸、東海

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気拡大のシグナルを検討する ~景気ウォッチャー調査と鉱工業生産統計に着目~

Economic Trends景気拡大のシグナルを検討する~景気ウォッチャー調査と鉱工業生産統計に着目~経済関連レポート 発表日:2015年3月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 政府が月例経済報告で景気判断を上方修正した。すでに、生産統計は景気上向きのシグナルを発してい て、焦点はさらにそれが加速するかどうかにかかっている。景気ウォッチャー調査についても、株価上昇に よって消費者マインドが改善している側面もあるが、海外経済の拡大と連動して

本格回復が遅れる消費税増税後の国内景気~先行き景気懸念が残る中、円安・株高傾向が強まる~

情勢判断国内経済金融本 格 回 復 が遅 れる消 費 税 増 税 後 の国 内 景 気∼先 行 き景 気 懸 念 が残 る中 、円 安 ・株 高 傾 向 が強 まる∼南 武志要旨消費税増税前の駆け込み需要からの反動減が想定以上に大きかったが、実質所得の目減りなどもあり、持ち直しの動きは相変わらず鈍い。頼みの綱である設備投資についても、消費などの低調さに加え、輸出の伸び悩みが継続すれば、景気の下支え役としての期待ができなくなる恐れもある。年度下期にかけて国内景気の足踏み感が意識される展開が続くと予

GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか

GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか | ニッセイ基礎研究所 GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 景気は、消費税率引き上げ後に駆け込み需要の反動からいったん大きく落ち込んだ後、反動の影響が和らぐ夏場にかけて持ち直すという見方がコンセンサスとなっている。民間エコノミストの2

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額を100億ドル縮小し月額650億ドルに(1月FOMC予想) ~ファワードガイダンスは変更しない見込み~

U.S.Trends米国 資産購入額資産購入額を100億100億㌦縮小し縮小し月額650月額650億650億㌦に(㌦に(1月FOMC予想FOMC予想)予想)~ファワードガイダンスはファワードガイダンスは変更変更しないしない見込見込み変更しない見込み~発表日:201発表日:20142014年1月28日28日(火)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ バーナンキFRB議長が参加する最後のFOMCが1月 28、29 日に開催される。経済成長な

2013年12月19日経済同友会フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(第107回)景気定点観測アンケート調査

2013年12月18日公益社団法人 経済同友会2013年12月(第107回)景気定点観測アンケート調査結果調査期間:2013年12月4日~12月13日調査対象:2013年度公益社団法人経済同友会幹事、諮問委員会委員、その他委員会登録の計599名経営トップマネジメント(526名)および各地経済同友会代表幹事(73名)集計回答数:213名(回答率=35.6%)〔製造業63名、非製造業150名〕〔公益社団法人経済同友会会員167名、各地経済同友会代表幹事46名〕*本調査は年4回(3月、6月、9月、12

2013年12月17日内閣府★フィードバック数:0大型消費/投資

外国人観光客数と景況感の推移には相関があるようです。

外国人観光客が景況感に与える影響

今週の指標 No.1085 外国人観光客が景況感に与える影響ポイント2013年12月16日東日本大震災以降大きく落ち込んだ海外からの観光客数は、その後着実な回復をみせ、2013年は訪日外国人数が初の1,000万人に達するとも報じられている。政府は2030年までに訪日外国人数を3,000万人とすることを目標とするなど、外国人観光客がもたらす経済効果に期待しており、その規模の大きさからも外国人観光客の増加は景況感にも影響を与えていると考えられる。実際、景気ウォッチャー調査においても外国人観光客につい

今月の経済・金融情勢2013年10月25日号

2013.10.25今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年10月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 1 0 月1.米国では、9月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、月額850億ドルの資産を買い入れる量的緩和策第3弾(QE3)の規模縮小開始を判断するとの見方が強まっていたが、予想に反して先送りが決定され

マレーシア、フィリピン、タイにおけるCQM構築の可能性調査

2012年度の報告書 -マレーシア、フィリピン、タイにおけるCQM構築の可能性調査-が完成しました。2013-05-14 日米の超短期経済モデル(CQM*)が日米経済の現状の景気判断に適し、それが政策当局(特に金融政策者)、エコノミスト、投資家、経営者等の政策決定に役立つことから、日米―ASEAN CQM LINKの構想が生まれました。経済のグローバル化が急速に進展している今、ハイフリークエンシー(High Frequency)統計に基づく現状の景気判断が常に数値とトレンドで客観的になされるこ

2013年2月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

政府を中心とする各機関から発表される統計についてのまとめです。

経済指標を見るための基礎知識 第10回 統計制度、景気判断や予測など

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第10回統計制度、景気判断や予測など 4 統計制度、景気判断や予測など今回は、統計に関する国の制度や、統計を用いた景気判断や予測などについて説明します。4.1 統計に関する国の制度・組織4.2 景気動向の判断、統計発表値の予想、経済予測等12月から10回にわたり連載してきました「経済指標を見るための基礎知識」は、今回が最終回となります。次回からは、新シリーズ「これならわか

2011年11月10日内閣府フィードバック数:1社会/政治

景気ウォッチャー調査(平成23年10月調査)

平成23年10月調査(平成23年11月9日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式)(別掲)甲信越 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2011年9月9日内閣府フィードバック数:5社会/政治

景気ウォッチャー調査(平成23年8月調査)

平成23年8月調査(平成23年9月8日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式)(別掲)甲信越 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ