「景気加速」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:米国回復は後半戦へ、限られるFRBの政策余地

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, LtdEconomic Research Group (New York)+1(212)782-5701July 18, 2014<FOCUS>米国回復は後半戦へ、限られる FRB の政策余地 2009 年 6 月の景気底入れから 5 年が経過するなか、米国経済の景気回復も漸く後半局面に入りつつあるようだ。回復局面における前半・後半という定義は無いものの、経験則的には消費者マイ

2014年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年2月) ~経済構造が景気の勢いに差を生み、跛行色が強まると予想される~

1/9Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年2月)~経済構造が景気の勢いに差を生み、跛行色が強まると予想される~発表日:2014年2月18日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨)アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率2014 年予測中2015 年予測国+7.4%(前回+7.5%)+7.3%(前回+7.3%)ド+5.2%(前

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、早期利上げ示唆も通貨高けん制(Asia Weekly (1/27~1/31)) ~フィリピン景気加速も輸入大幅減の影響が大きく、先行きは不透明~

NZ準備銀、早期利上げ示唆も通貨高けん制(Asia Weekly (1/27~1/31)) ~フィリピン景気加速も輸入大幅減の影響が大きく、先行きは不透明~

2013年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

再び外需頼みの日本と日本株 ~米予算審議がクリアになるまで市場は膠着へ~

Market Watching市場レポートテーマ:再び外需頼みの日本と日本株発表日:2013年11月22日(金)~米予算審議がクリアになるまで市場は膠着へ~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)外需伸び悩みが鮮明となった日本の7~9月期GDP市場予想を大幅に上回る10月の米雇用統計が発表されて以降、市場ではQE3の早期縮小観測を背景にしたドル高(円安)と株高が一旦進み、ドル/円相場は1ドル=100円、日経平均株価は15,000円を上回ってきた。チャート面から見

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年10月)~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~発表日:2013年10月29日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国景気の減速基調が続いてきたが、先進国の景気底打ちを受けて外需に回復感が出ており、インフラなどの投資拡大も景気を押し上げている。ただし、従来型の成長モデルを脱していない上、不動産市況の高騰懸念も

2013年10月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標実現の意欲を示したGDP統計 ~7-9月期の予想外の加速を加味し、今年の成長率見通しを上方修正~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、政府の成長率目標実現の意欲を示したGDP統計~7-9月期の予想外の加速を加味し、今年の成長率見通しを上方修正~発表日:2013年10月18日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 過去数ヶ月中国景気の底入れを示唆する経済指標が出ていたが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+7.8%に加速、前期比年率も+9%を上回る水準に加速するなど力強さが確認された。外需の回復や投資の拡大

2013年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年8月) ~リスクマネーの変調で、かさ上げされた成長率の下押しは避けられない~

1/10Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年8月)~リスクマネーの変調で、かさ上げされた成長率の下押しは避けられない~発表日:2013年8月13日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨)アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率2013 年予測中2014 年予測2015 年予測国+7.4%(前回+7.8%)+7.0%(前回+8

2013年6月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年7月

みずほアジア・オセアニア経済情報2013年7月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2013年1~3月期、中国では在庫調整から成長率が低下した。中国の在庫調整や世界的なパソコンの販売不振を背景に輸出が伸び悩んだことなどから、NIEs・ASEAN5の成長率も、多くは低下した。◆中国経済は、2013年後半以降、投資・輸出が牽引して持ち直す見通し。NIEs・ASEAN5の景気も、主要輸出先国の成長持続を背景に、輸出主導で拡大基調となる見込み。金融緩和の効果等で、インドの景気は2014年に小幅加速。[目次]ア

2013年3月14日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年4月

みずほアジア・オセアニア経済情報2013年4月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2012年10~12月期は、公共投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に、中国の景気が加速した。対中輸出の増加を背景に、他のアジア諸国の景気も回復基調となった。◆2013年の景気は、中国が主導する形で、当面底堅く推移する見込み。2014年に入ると、先進国経済の持ち直しやインドの金融緩和を背景に、景気は加速する見通し。半面、金融引き締めで中国の景気は小幅減速へ。[目次]アジア経済概況・・・・・・・・・・中国・・・・・・・・・

2013年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN諸国は軒並み予想外の景気加速(Asia Weekly (2/18~2/22))

1/5ASIA Indicators~タイ中銀は政府の圧力に負けず、金利据え置きを決定~ ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど (タイ)10-12 月期実質 GDP(前年比) 2/20(水) (タイ)金融政策委員会(政策金利) (マレーシア)1 月消費者物価(前年比) 10-12 月期実質 GDP(前年比) 2/21(木) (香港)1 月失業率(季調済) 2/22(金) (シンガポール)10-12 月期実質 GDP(前年比/改) (香港)1 月消費者物価(前年比) (台湾)10-12

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ