「景気回復」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月25日エン・ジャパン★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「2016年 中小企業の冬季賞与」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「2016年 中小企業の冬季賞与」実態調査22%の企業が「昨年より賞与増額予定」と回答。 「増額予定」と回答した割合が高い業種は、 「メーカー」「IT・インターネット関連」「サービス関連」。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―「2016年 中小企業の冬季賞与」実態調査22%の企業が「昨年より賞与増額予定」と回答。「増額予定」と回答した割合

2015年6月23日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

夏のボーナスについての調査です。

民間企業における「2015年 夏季賞与」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 民間企業における「2015年 夏季賞与」実態調査夏のボーナス、33%の企業が「昨年より増額予定」と回答。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」( https://partners.en-japan.com )上でサイトを利用して

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月調査短観では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想。大企業

投資鈍化等で景気減速が続く中国~ただし、夏場以降は緩やかな景気回復へ~

投資鈍化等で景気減速が続く中国~ただし、夏場以降は緩やかな景気回復へ~

2015年5月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【全国自治体アンケートNo.4】地方創生-景気動向・経済政策に対する見方-景気回復遅れる小規模自治体/広域連携と人材の流動化に活路

【全国自治体アンケートNo.4】地方創生-景気動向・経済政策に対する見方-景気回復遅れる小規模自治体/広域連携と人材の流動化に活路

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

2015年3月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか:金融政策運営への含意に関する一考察池田大輔、黒住卓司(日本銀行) No.15-J-2, 2015年3月24日キーワード:金融危機後の緩慢な景気回復、全要素生産性の低迷、社会厚生最大化金融政策JEL分類番号: E52、O33:takushi.kurozumi@boj.or.jp(黒住)要旨先般の世界的金融危機に限らず、これまでの金融危機の歴史を振り返ると、危機後の景気回復は、通常の回

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性マインドは改善してきたが、実体経済の回復は道半ば ◆ユーロ圏の2014年10-12月期のGDP成長率は前期比+0.3%に加速した。内需(個人消費と固定資本形成)と外需が揃って改善しており、唯一、在庫変動が成長率の押し下げ要因となった。原油安、金利低下、ユーロ安が、景気回復の追い風になったと考えられる。消費者と企業の景況感は2015年に入っても改善傾向にあり、ユー

金融緩和を背景に堅調な世界の株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日世界的な金融緩和などを背景に、足元で、世界の株式市場は堅調に推移しています。各国・地域で経済情勢は異なりますが、景気回復の足どりが鈍いことや、原油安に伴なうインフレ率の低下などを受けて、今年に入り、10以上の国・地域で金融緩和が実施されました。一般に、景気が停滞すると株式市場は軟調となりますが、景気対策などで金融緩和が行なわれると資金が余る状態となり、実際に景気回復が進む前に、将来の企業業績改善を見越して株価が上昇するこ

2015年2月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第2回2002~2007年の景気回復局面との比較 ~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第2回2002~2007年の景気回復局面との比較 ~

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年12月) ~基調判断は「改善」に上方修正。景気回復局面入りを示唆~

景気動向指数(2014年12月) ~基調判断は「改善」に上方修正。景気回復局面入りを示唆~

2015年1月5日VSN★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年についての調査です。

ビジネスパーソンによる2015年 新年の意識調査

 2015年1月5日株式会社VSN ビジネスパーソンによる2015年・新年の意識調査TOPICS2014年よりもさらに拡大しそうなのは「景気回復実感の無さ」今年こそ年始から“真剣に取り組みたい”と思うものは「仕事」「健康な身体づくり」2015年、新たに購入したいモノは「スマートフォン」 人材サービスの株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、全国・男女20~50代のビジネスパーソンを対象に、「ビジネスパーソンによる新年の意識調査」を実施しました。調査手法はインター

アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く

アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域の7-9月期の成長率は前年同期比+4.6%と、前期の+4.9%から鈍化した。2011年10-12

2014年11月18日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場分析です。

需給動向レポート(2014年11月)(1)産業総合 -当面は内需主導の景気回復が続くも、中長期的な成長投資が不可欠-

需給動向レポート(2014年11月)(1)産業総合 -当面は内需主導の景気回復が続くも、中長期的な成長投資が不可欠-

2014年11月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続

2014年11月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、中堅・中小企業の景況感は依然厳しい(Asia Weekly (11/1~11/7)) ~タイ中銀、次回会合までに景気回復の兆候なければ追加利下げの可能性も~

中国、中堅・中小企業の景況感は依然厳しい(Asia Weekly (11/1~11/7)) ~タイ中銀、次回会合までに景気回復の兆候なければ追加利下げの可能性も~

伸び悩む輸出とユーロ圏経済の今後~景気回復は緩慢なものにとどまる可能性~

伸び悩む輸出とユーロ圏経済の今後~景気回復は緩慢なものにとどまる可能性~

2014年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~

【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は8月29日に14年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は8月18日に2014年4-6月期の国内総生産(GDP

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 内・外需の動きにみえるジレンマ ~輸出主導の景気回復の一方、内需にはリスクが山積~

中国 内・外需の動きにみえるジレンマ ~輸出主導の景気回復の一方、内需にはリスクが山積~

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

先行きも緩やかな景気回復が想定される中国経済

先行きも緩やかな景気回復が想定される中国経済

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ドイツの減速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ドイツの減速は一時的低インフレが長期化するユーロ圏 ◆ユーロ圏の景気回復を牽引してきたドイツの5月の生産、輸出、小売売上高がそろって前月比マイナスとなった。ドイツの景気回復が息切れしてしまった場合、現在のフランスやイタリアにドイツの代わりを務める力はなく、ユーロ圏全体でも景気失速を懸念せざるを得ない。ただ幸いなことに、米国と中国という2大輸出相手国でこのところ景況感改善がみられる。また

2014年7月16日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

ボーナスが"増えた"分、何に使う?--やっぱり「貯蓄」!!

すでに7月に入り、夏のボーナスが支給されるシーズン、という人も多いだろう。メディアなどで報道されている"景気回復"の影響で、支給額が増えそうだという方もいるかもしれない。そこでマイナビニュースでは、『今夏のボーナスの使い道』に関する緊急アンケートを実施。果たしてその"意外"な結果とは…。アンケートは、勤続2年以上の会社員の方を限定に実施。500人から有効回答を得た。ボーナスが増えそうな人でも「アベノミクス効果」と認識している人は少数最初の質問は、「今年の夏、あなたの会社でボーナスは支給されそうで

2014/2015年世界経済見通し(2014年7月改定)~緩慢な景気回復にとどまる一方で米中リスクに注意を要する~

2014/2015年世界経済見通し(2014年7月改定)~緩慢な景気回復にとどまる一方で米中リスクに注意を要する~ ○2014年前半の世界景気は、年初(2014年1月)に発表した『世界経済見通し』で示したシナリオに沿って概ね推移しており、緩慢な回復が続いている。もっとも、米国景気が大寒波を受けて一時的に失速したことや新興国景気の立ち上がりが遅れていること、そして各国ともに輸出が低迷していることが、世界景気の下押し要因になっている。そのため、2014年前半の世界経済の実質成長率は、年初の『世界経済

緩やかな景気回復に向かう中国経済

緩やかな景気回復に向かう中国経済

持ち直しの動きが強まる米国経済

情勢判断海外経済金融持 ち直 しの動 きが強 まる米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、雇用・所得環境の改善を背景に家計部門が底堅く推移しているほか、生産増などを反映して企業マインドも改善するなど企業部門にも好調さが波及しつつある。こうしたなか、米金融当局(FRB)は量的緩和策をさらに 100 億ドル減額することを決定した。経済指標は改善の動きしており、製造業の活動が活発化する可能性を示している。最近発表された米経済指標は、総じて改善の動きを示している。まず、雇用関一方、住宅関連では、5 月の

中国経済:最近の景気回復は本物なのか?~需給両面や電力消費・貨物輸送など景気10指標でチェックして見ると・・・

中国経済:最近の景気回復は本物なのか?~需給両面や電力消費・貨物輸送など景気10指標でチェックして見ると・・・ | ニッセイ基礎研究所 中国経済:最近の景気回復は本物なのか?~需給両面や電力消費・貨物輸送など景気10指標でチェックして見ると・・・ 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国で景気動向を示す代表的な指標としては以下の

景気回復を確実にするため、利下げを実施したメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月9日景気回復を確実にするため、利下げを実施したメキシコ メキシコ中央銀行は6日、昨年10月の利下げ以来の政策変更に踏み切り、政策金利を3.5%から過去最低の3.0%へ引き下げました。市場は金利据え置きとの見方一色だったことから、予想外の利下げを受け、同国の株価や国債の価格が上昇しました。一方、メキシコ・ペソは、同日発表された米国の5月の雇用統計が堅調だったこともあり、対米ドルで前日比約0.5%程度の下落にとどまりました。今回

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年6月9日~) ~世界的な景気回復感の強まりが支えに~

Weekly Market Report(2014年6月9日~) ~世界的な景気回復感の強まりが支えに~

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は良いことです

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 労働需給が次第にタイトになり、人手不足に悩む企業が増えているようだ。3月の完全失業率は3.6%に低下。性別では男性が3.7%、女性が3.4%と、前回の景気回復期でもっとも失業率が改善した水準に男女とも並んだ。失業者数は雇用情勢が大きく悪化した2009年7-9月期から2014年1-3月期までに122万人減少し、237万人となった。このまま労働市場が引き締まっていけば、やがて広範囲で賃金は上がり始めるはず

2014年5月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げを乗り越えて、景気回復は持続へ~

2014・2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げを乗り越えて、景気回復は持続へ~

2014年5月16日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治海外

アジア圏の経済見通しです。

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年5月) ~高外需依存国を中心に景気回復は進むが、その勢いは近年に比して乏しい~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年5月) ~高外需依存国を中心に景気回復は進むが、その勢いは近年に比して乏しい~

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、景況感改善も景気回復の裾野は狭い(Asia Weekly (4/28~5/2)) ~タイでは外需の回復力が乏しいなか、インフレ圧力は徐々に高まる~

中国、景況感改善も景気回復の裾野は狭い(Asia Weekly (4/28~5/2)) ~タイでは外需の回復力が乏しいなか、インフレ圧力は徐々に高まる~

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

2014年4月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

夏場の景気回復を左右するエルニーニョ ~93年並の日照不足で、7-9月期の経済成長率を▲0.9%押し下げる可能性~

夏場の景気回復を左右するエルニーニョ ~93年並の日照不足で、7-9月期の経済成長率を▲0.9%押し下げる可能性~

景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月7日景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT グローバルREITは、2014年に入り堅調な推移となっています。これは、イエレン新FRB(米連邦準備制度理事会)議長が、バーナンキ体制下での金融政策を維持する方針を示し、超低金利政策の長期化観測が拡がったことなどを受けて、米国を中心にREIT価格が大きく上昇したことが背景と考えられます。昨年を振り返ると、米国で量的緩和の早期縮小懸念が強まるなか、長期金利の上昇

Market eyes No.125【『豪ドル』相場~景気回復を織り込む展開~】

Market eyes No.125【『豪ドル』相場~景気回復を織り込む展開~】

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

企業業績の前回増税時との比較

1.今月のグラフ ~拡大する非正規雇用の実態と課題2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:企業業績の前回増税時との比較 ~好調な企業業績を背景に、増税後も景気は底堅さを維持できるか? (1)企業業績の現状~97年増税時との比較(2)増税後の早期景気回復に必要なもの~求められる企業の利益還元

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

2014年2月18日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

投資環境レポート 2014年2月

Vol.18920142欧州の景気回復の意味○2013年4-6月期からユーロ圏経済は、外需主導で景気後退局面から脱した。○景気回復は、債務の返済可能性の改善を通じて、これまで忌避されてきた周辺国の見直しにつながりやすい。○低インフレの持続、景気回復の脆弱さに配慮して欧州中央銀行(ECB)は、低金利政策を維持しよう。一方、景気拡大局面でのデフレ懸念には行き過ぎの面がある。○ECBの包括的銀行資産査定は、銀行同盟を通じた十分なバックストップを欠き、不徹底なものにとどまる恐れがある。○景気拡大で危機が

2014年2月11日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本政策金融公庫のレポートです。

注目される給与の動向 ~減少が続いた背景と、景気回復に伴う増加への期待~

注目される給与の動向 ~減少が続いた背景と、景気回復に伴う増加への期待~

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気回復が持続~

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気回復が持続~

2013年11月29日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスです。

冬のボーナス、企業規模より“業界”によって明暗分かれる

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 冬のボーナス、企業規模より“業界”によって明暗分かれる。― 経営者・人事担当者向けサービスサイト「[en]パートナーズ倶楽部」アンケート ―人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、経営者・人事担当者向けサービスサイト「[en]パートナーズ倶楽部」( )上でサイト利用者444名を対象にアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。 ■調査結果概

2013年11月14日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

マイナビ転職 中途採用状況調査 2013

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択~ 企業の人材不足が拡大傾向。経験者を中心に積極的な中途採用ニーズが高まる ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()では、全国の企業を対象にした「マイナビ転職 中途採用状況調査」の結果を発表しました。なお、企業向けの中途採用状況調査は、2012年から実施しており、今回が2回目となります。概要は以下の通りです。

2013年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル高へのけん制姿勢をあらためて強調 ~景気回復の後押しに豪ドル安による「経済のリバランス」を求める~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、豪ドル高へのけん制姿勢をあらためて強調~景気回復の後押しに豪ドル安による「経済のリバランス」を求める~発表日:2013年11月5日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 3四半期連続で潜在成長率を下回るなど景気低迷が続いた豪州だが、過去の利下げの効果や中国経済の回復期待、金融市場の混乱一服、政権交代による政策変更などを背景に内需に底打ちの兆候が出ている。企業の資金需要は依

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ