「景気変動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「生産性が低い」論は何が問題か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「生産性が低い」論は何が問題か経済理論・現実データ・日常用語の食違いが招く混乱 ◆「日本経済の成長には生産性の向上が課題」、「サービス産業の生産性が低い」、「あの人は生産性が高い」、などのように「生産性」はよく言及される。しかし、経済理論、現実のデータ、日常用語の間にはかなりの食違いがみられ、意識されないまま混乱が生じている可能性がある。◆経済理論における生産性は、生産可能量・生産能力を労働投入量で割

失業率(2)

連載米国の経済指標を斬る!<第 2 回>失 業 率 (2)趙 玉亮要因別にみる失業率の種類降、FRB は失業率の上昇に対応するため失業を要因別にみると、循環的失業、量的緩和策を実施し、景気悪化時に減少構造的失業と摩擦的失業に分けることがした雇用を創出しようとしている。狙いできる。循環的失業とは、景気変動によ通り、循環的失業率が低下し、失業率もって生じた失業である。一方、構造的失順調に低下してきた(図表 2)。このよう業とは、求人先が求める人材と求職者のに、失業率を構造的失業率に近づかせよ特性(年

地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正

地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正 | ニッセイ基礎研究所 地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正 経済研究部 主任研究員 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 最新の2012年度決算までのデータを用いた分析を通じて明らかになった点は、以下のとおりである。第1に、名目GDPがピーク時の水準

2013年5月21日大和総研フィードバック数:1社会/政治

地方税の税収構造と景気変動

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方税の税収構造と景気変動景気拡大が地方に拡がるか、財政面では個人所得の増加がポイント ◆平成25年度の名目GDPが前年度比約2.7%増加するとの政府経済見通しを受けて、地方財政計画において地方税収は前年度比約1.1%増収するとの見通しが出された。個人住民税の寄与度が高いことから、地方税収の増加には個人所得の増加が実現するかどうかがポイントとなる。◆過年度において、地方税収は名目GDPの変動以上に増減

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ