「景気改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

足元の欧州景気について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月15日14日に発表されたユーロ圏の4-6月期GDP成長率(速報値)は、前期比横ばいにとどまりました。ドイツやイタリアでマイナス成長となったことが、全体での景気回復の勢い鈍化につながりました。ただし、ユーロ圏景気のけん引役となってきたドイツが今回、マイナス成長に転じた主な背景は、暖冬の影響で1-3月期に高めの成長となった反動の影響と考えられています。また、スペインのように、これまで金融支援を受けてきた国で成長加速を続ける国も確認

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長当面の頼みの綱は輸出増加 ◆2014年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.4%と、2012年7月~9月の7.4%以来の低成長となった。主要経済指標は軒並み減速している。3月の輸入は前年同月比11.3%減となったが、特定品目ではなく多くの品目の輸入が減少していることは、内需減速で企業在庫が積み上がっている可能性や、中小企業の資金繰り悪化が輸入にまで影響を

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年3月日銀短観の予測 ~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~

2013年3月日銀短観の予測 ~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆しユーロ圏企業景況感は2か月連続で改善 ◆ユーロ圏経済は2012年10-12月期に大きく冷え込んだと推測される。中国向けなどの輸出が失速したことを受け、企業が在庫調整のために生産を落としたとみられる。ただ企業景況感は11月に続き、12月も改善した。米国の景気が緩やかながら拡大していることに加え、中国も景気改善へ転換点を迎えたとみられることが、景況感改善を後押ししてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ