「暴風雪」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月25日ウェザーニューズ★フィードバック数:0社会/政治

降雪傾向

ニュース 2016年11月16日 今シーズン雪はどのくらい降る?ウェザーニューズ、降雪傾向を発表ラニーニャ現象の影響で、今冬の雪は平年並〜多い予想〜各地のゲレンデは良質な新雪に期待も、年末年始に予想される大雪には各地注意〜モバイル/インターネット >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、今冬の降雪傾向を発表しました。今シーズンは、弱いながらもラニーニャ現象の影響で、寒気の流れ込みは平年並か強く、気温は平年並か平年より低い日が多くなりそうです。各地の降雪量

2015年4月2日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

今冬の爆弾低気圧の振り返り

ニュース 2015年04月02日 ウェザーニューズ、今冬の爆弾低気圧の振り返り発表発生数は過去3年で最多、今冬は日本の周辺で猛発達の傾向~ 歴代最強クラスの爆弾低気圧により北日本で暴風雪、高波や高潮など海上でも大荒れ ~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、4月2日、12月〜3月までの爆弾低気圧に関する振り返りを発表しました。今冬は日本付近で13個の爆弾低気圧※1が発生し、過去3シーズンで最多となりました。中でも、2014年12月16日〜18日に発生した爆

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

春よ来い 早く来い ~天候要因からの雪解けを待つ米国経済~

US Trends春よ来い早く来い発表日:2014年2月24日(月)~天候要因からの雪解けを待つ米国経済~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 米国ではこのところ寒波による経済指標の下振れが続いている。ただ、平均気温や降雪のデータを見る限り、今年の冬は例年に比べて厳しいが、突出して厳しい訳ではない。2001年や2010・11年の方が平均気温は低く、積雪も多かった。◇ 他方、航空便のキャンセル率は統計開始以来の最悪を更新する勢いだ。寒波の影響に加えて、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ