「最低水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月2日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

アメリカ: 住宅販売の動向

今週の指標 No.1113 アメリカ: 住宅販売の動向 ポイント2015年2月2日アメリカでは、景気は回復しており、雇用情勢の改善や生産の増加等が続いているが、こうした中、住宅市場の回復は遅れている。住宅市場の活発化は、家具や家電といった耐久消費財の需要、建築業界の雇用等への波及効果を持つことからも、その動向が注目されている。中古、新築住宅販売件数をみると、いずれも2013年後半の金利上昇や14年初頭の寒波による下押しは一巡しているものの、14年通年では中古は減少(前年比▲3.1%の493万件

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル、政策の矛盾を理由に格付引き下げ ~「投資適格」の最低水準に。他の格付機関が追随する可能性あり~

ブラジル、政策の矛盾を理由に格付引き下げ ~「投資適格」の最低水準に。他の格付機関が追随する可能性あり~

2013年5月28日大和総研フィードバック数:4社会/政治

歴史は繰り返す?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月の質的・量的金融緩和の導入以降、長期金利の変動が激しくなっている。緩和の直後には10年債利回りは低下し、過去最低の0.315%まで低下した。しかし、その後上昇に転じ、5月23日に、10年債利回りは1年2ヶ月ぶりに一時1%を超えた。一般的に、金融政策の波及経路を考える上では、長期金利の低下は貸出の動向や資産価格、為替レートに影響を与え、実体経済の浮揚につながると想定されている。そのため、金融緩和は基

2013年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない

リサーチ TODAY2013 年 4 月 18 日「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創国債を中心とした債券は多くの金融機関にとって運用の「おコメ」、「主食」として筆者は過去10年以上にわたって重視してきた。「おコメ」の味は、キャリーとして長短金利差で決まるが、昨今の長期金利の大幅低下の環境下、「おコメ」の味は随分と薄くなってしまった。4月5日に10年国債金利は一時0.315%まで低下した。このような極端な水準では、O/N金利との長短金利差は

夏のボーナスの見通しです。

2013年夏のボーナス見通し

2013年04月03日○ 2012年冬のボーナスの一人当たり平均支給額は365,687円(前年比-1.5%)と4年連続で減少した。すべての事業所規模で減少している。また、産業別にみると2012年度上期の企業収益が悪化した「製造業」で減少に転じるなど、幅広い業種で前年の水準を下回っている。○ 2013年夏のボーナスは3年連続で減少すると予測する。民間企業(パートタイム労働者を含む)の一人当たり平均支給額は357,400円(前年比-0.3%)と、過去最低水準を更新する見込みだ。もっとも、2012年夏

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ