調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 最低賃金引き上げ

「最低賃金引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、景気への配慮が必要と判断 ~8会合連続で利上げ実施も、利上げ幅縮小で景気に配慮~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、景気への配慮が必要と判断~8会合連続で利上げ実施も、利上げ幅縮小で景気に配慮~発表日:2014年2月27日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中銀は25~26日に開催した金融政策委員会で8会合連続の利上げを決定したが、景気減速が続く中、利上げ幅を25bpに圧縮した。利上げ局面の終了が近いことを示唆する姿勢をみせたが、賃金や年金、公共料金引き上げなどインフ

2014年2月21日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金引き上げ論争 ~インフレの亡霊に怯える必要はなさそう~

US Trends最低賃金引き上げ論争発表日:2014年2月19日(水)~インフレの亡霊に怯える必要はなさそう~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ オバマ大統領は最低賃金の引き上げを目指している。伝統的な経済学では、最低賃金の引き上げは雇用の減少を招くと考えられてきた。だが、最近の実証研究の中には、最低賃金の引き上げが雇用の増加をもたらすことを示唆するものもあり、経済学者の間で論争が繰り広げられている。◇ 最低賃金の引き上げが物価に及ぼす影響も注目

2014年1月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ASEANで相次ぐ最低賃金引き上げ~生産性向上や周辺国・地域展開を迫られる日本企業~

ASEANで相次ぐ最低賃金引き上げ~生産性向上や周辺国・地域展開を迫られる日本企業~

2013年度の最低賃金の引き上げ額が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?

2013年度の最低賃金の引き上げ額が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013年度の最低賃金の引き上げ額が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?2013年度の最低賃金の引き上げ額が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は? 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知

2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?

2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は? 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

2013年8月13日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国習近平体制の所得分配政策-最低賃金引き上げの限界

中国習近平体制の所得分配政策-最低賃金引き上げの限界

2013年8月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?-

2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?- | ニッセイ基礎研究所 2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?- 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会小委員会は、8月6日

2013年2月1日日本総研フィードバック数:5社会/政治海外

賃金上昇が続くタイ

賃金上昇が続くタイ―高賃金政策の影響―調査部 研究員 熊谷 章太郎   要 旨1.2011年後半以降、タイでは賃金が上昇傾向にある。本稿ではその要因を整理するとともに、マクロ経済への影響を展望した。2.賃金上昇には、国内労働市場の需給逼迫の他、最低賃金の引き上げ、公務員給与の引き上げ、籾米担保融資制度の再導入といった政策的な要因が大きく影響している。これらは、今後も賃金上昇圧力として作用し続ける見込みである。3.短期的な影響としては、賃金上昇にもかかわらず、雇用環境は大きく悪化せず、物価上昇率も

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ