「最高水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月28日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度 新入社員 春の意識調査

【お詫び】 掲載しておりました資料の集計表のクロス集計の一部に誤りがありましたため、本日訂正版に差し替えさせていただきました。集計表の赤字の部分が訂正箇所になります。関係の皆様方にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申しげます。(2017年7月10日)<主なポイント>1.【新設質問】 上司が外国人であろうが日本人であろうが関係ない48.8%日本語でよいなら上司は外国人でも構わない40.0%2.第一志望での入社が2000年代で最高の79.5%を記録「条件の良い会社があれば

2014年11月11日世界平和研究所★フィードバック数:0ビジネス

中国進出についての調査です。

日系企業の中国進出に関する現状と展望

研究ノート2014/11/10日系企業の中国進出に関する現状と展望豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF)--------日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、台湾・韓国の後塵を拝している。日本から世界への海外直接投資額は、円安傾向にも関わらず2013年には過去最高水準となっているが、中国向けは減っ

景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に

景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは6ヶ月ぶりに低下・先行き判断DIは2ヶ月ぶりの上昇5月10日に内閣府から発表された2013年4月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断

第21回 マンション購入に対する意識調査

「今は買い時」という意識は大幅に上昇、調査開始以来の最高となった「購入意欲」も上昇しており、「今は買い時」と同様に過去最高を更新した物件価格の上昇懸念も過去最高となり、インフレ期待で前倒し購入を考える層は4割を超えた不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位

2013年4月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ

景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは5ヶ月連続の上昇・先行き判断DIは5ヶ月ぶりの低下4月8日に内閣府から発表された2013年3月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ