「有価証券」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月20日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2017年3月期 預証率調査」(単独決算ベース)

銀行114行「2017年3月期 預証率調査」(単独決算ベース) 公開日付:2017.07.10 銀行の資金運用状況を示す「預証率」が2017年3月期は26.9%に低下した。2013年3月期から5年連続で前年同期を下回り、調査を開始した2006年3月期以来、最低を記録した。これは各行がマイナス金利で金利リスクの抑制策として国債売却を進め、保有する有価証券額が大幅に減少したこと。さらに、業績回復で手元資金が厚くなった企業、将来に備えた高齢者などの個人資金が貸出金の増加を上回るペースで預金として流入し

2016年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2016年3月期 預証率調査」(単独決算ベース)

銀行114行「2016年3月期 預証率調査」(単独決算ベース) 公開日付:2016.08.04 銀行114行の2016年3月期の預証率は31.0%で、4年連続で前年同期を下回った。要因としては、大手銀行を中心に国債残高を減らしていることが挙げられる。「国債」残高は2009年3月期以来の100兆円割れで、約8割の銀行で預証率が低下した。ただし、「貸出金」の増加より「現金預け金」の増加が目立つなど、預証率の低下が必ずしも貸出金の拡大につながっていない。本調査は、国内銀行114行を対象に2016年3月

2015年1月4日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

東洋経済のランキングです。

今度は「借金が多い企業」200社ランキング

今度は「借金が多い企業」200社ランキング1位トヨタ、2位ソフトバンク、3位東京電力 トヨタ自動車も入居する名古屋駅前の大型ビル「ミッドランドスクエア」写真(TMAE / Imasia) いよいよ2014年も本日で終わり。この1年を振り返り、新たに迎える年の抱負を考えている人も少なくないのではないだろうか。家計も企業も何かと物入りになる年の瀬。東洋経済オンラインは、企業の財務健全性を示す指標として、ネットキャッシュ(現預金+短期保有有価証券-有利子負債)の多い会社のランキング「最新!これが『

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0ビジネス

地方銀行の資産運用の動向と今後の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方銀行の資産運用の動向と今後の課題 ~現状の金融政策とその波及効果が地方銀行に及ぼす影響は?~ ◆地方銀行の本業はあくまでも預貸業務である。拠点を置く地域において期待される金融仲介機能を発揮し、資金循環を活発化して、地域の実体経済の成長に寄与することが重要である。◆日銀の現状の非伝統的な金融政策、持続可能な収益維持を軸とした金融庁の監督指針、政府の地方創生の政策も、上記を実現するために推進されている

2014年10月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

国内銀行114行の預証率35.4% 4年ぶりの40%割れ

国内銀行114行の預証率35.4% 4年ぶりの40%割れ 公開日付:2014.10.08 国内銀行114行の2014年3月期の預証率が4年ぶりに40%を割り込んだ。これは日本銀行による積極的な買い入れなどで国債残高が2割減ったことが影響したもので、預証率の低下が必ずしも貸出増加につながっていない。本調査は、国内114行を対象に2014年3月期単独決算ベースの預証率を調査した。預証率は預金残高に対する有価証券残高の比率で、金融機関の資金運用状況を示す指標の一つ。預証率=有価証券÷(預金+譲渡性預金

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感

二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費増税による反動減も落ち着き、個人

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方銀行が担う"貯蓄から投資へ"の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方銀行が担う"貯蓄から投資へ"の現状~都道府県別の家計の有価証券保有状況と地方銀行の対応~ ◆“貯蓄から投資へ”の促進における銀行の重要性が高まっている。2014年7月末の株式投資信託の純資産総額は70兆円と、1998年に銀行窓販が解禁されてから、7倍程度に増加した。このうち銀行等を通じて販売された純資産総額は全体の4割超を占める。◆しかし、金融庁は「投資信託による運用は家計金融資産の4.8%にとど

なんだかんだ言ってもアップルが依然として強いことを示す2つのデータ

なんだかんだ言ってもアップルが依然として強いことを示す2つのデータ(株)情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 清水 憲人 先月23日にアップルは、2013年4月〜6月期決算(注1)を発表した。 前年同期比で、売上高は1%増、営業利益は21%減、当期純利益は22%減となり、1月〜3月期に続いて増収・減益であった。 概ね予想されていた結果とはいえ、2四半期続けて減益となったことは、アップルの驚異的な成長が終わりを告げつつあることを裏付ける象徴的なニュースである。 もっとも「アップル、失速鮮

2013年6月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成25年1-3月期)

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

2013年3月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年10-12月期)

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

2012年12月4日財務省フィードバック数:19社会/政治

法人企業統計調査(平成24年7-9月期)

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

2012年9月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年4-6月期、平成23年度 年次別調査)

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

2011年11月1日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成22年度 年次別調査)の結果

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

2011年9月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成23年4-6月期)の結果

調査の結果(最新5年分) (最新の結果が表示されない場合は、ブラウザ上で更新を行ってください。) 調査結果の詳細については、「財政金融統計月報ダウンロード『法人企業統計年報特集』」のページをご覧下さい。(各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「損益」、「人件費」などの項目について、1960年以降のデータをCSV形式で掲載しています。) (各業種ごと、資本金階層別に、「資産」、「負債及び純資産」、「固定資産増減」、「損益」、「人件費」などの項目について、1954年4〜6月以降の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ