調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 有効求人倍率

「有効求人倍率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第3四半期の有効求人倍率と雇用動向ダイジェスト

Cookieの使用について本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを受信することに同意したものとみなします。ご希望であれば現在のCookieの設定はいつでも変更することができます。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。 第3四半期の有効求人倍率と雇用動向ダイジェスト ロバート・ウォルタ

第2四半期の有効求人倍率と雇用動向ダイジェスト

Cookieの使用について本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを受信することに同意したものとみなします。ご希望であれば現在のCookieの設定はいつでも変更することができます。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。 第2四半期の有効求人倍率と雇用動向ダイジェスト ロバート・ウォルタ

労働関連統計にみられる人口減少と高齢化の影響 ~九州地域の場合~

労働関連統計にみられる人口減少と高齢化の影響 ~九州地域の場合~ | ニッセイ基礎研究所 労働関連統計にみられる人口減少と高齢化の影響 ~九州地域の場合~ 日本大学経済学部教授 小巻 泰之 ■要約本稿は、少子高齢化や人口流出などの人口の変化が及ぼす地域経済への影響を労働関連の経済統計から検討する。人口の変化は直接的に労働力人口に影響を与えると考えられる。全国ベースでは均されて確認が難しいことから1、分析の対象は地理的に一つの経済圏と捉えられる九州7県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢

雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から横ばいの3.3%・改善を続ける雇用情勢総務省が6月26日に公表した労働力調査によると、15年5月の完全失業率は前月から横ばいの3.3%となった。労働力人口が前月から21万人の増加となる中、就業者数が前月から19万人増と労働力人口とほぼ同じ増加幅となったため、失業者数は前月から1万人減とほぼ変わらなかった。3月、4月は労働力人口の減

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年5月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月雇用統計就業者の増加により、着実な改善が続く ◆労働力調査によると、2015年5月の完全失業率(季節調整値)は、前月から横ばいの3.3%となった。失業者数は、前月差▲1万人と4ヶ月連続で減少し、就業者数は+19万人と3ヶ月ぶりに増加した。また、非労働力人口は同▲22万人と4ヶ月ぶりに減少した。◆一般職業紹介状況によると、2015年5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から+0.02pt上昇の1.1

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年4月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月雇用統計全体的にはポジティブな内容だが、非労働力化の動向に留意が必要 ◆労働力調査によると、2015年4月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt低下し3.3%となった。失業者数は、前月差▲2万人と3ヶ月連続で減少し、就業者数は▲28万人と2ヶ月連続で減少した。他方、非労働力人口は+35万人と3ヶ月連続で増加した。◆一般職業紹介状況によると、2015年4月の有効求人倍率(季節調整値)は前

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度 多摩地区企業の雇用動向に関する意識調査

2015/4/282015年度 多摩地区企業の雇用動向に関する意識調査正社員採用「予定あり」が約6割〜 非正社員採用意欲が急上昇 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15 倍と、1992年3月以来22年9ヵ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として差異がみられる。帝

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査正社員採用、6年連続で改善〜 非正社員も半数近くが「採用予定あり」 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の全国の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、正社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格差

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年2月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月雇用統計内容は悪くないが、新規求人倍率の悪化が懸念材料 ◆労働力調査によると、2015年2月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt低下し3.5%となった。雇用者数は、前月差▲10万人と2ヶ月連続で減少したものの、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ると、同+2万人と2ヶ月ぶりに増加した。非労働力人口は同+4万人と増加した。非労働力人口は増加したものの、失業者数は減少し、就業者数が増

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月雇用統計失業率は悪化も、内容は悪くない ◆労働力調査によると、2015年1月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.2%pt上昇し3.6%となった。雇用者数は、前月差▲3万人と2ヶ月ぶりに減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲2万人と2ヶ月ぶりの減少であった。単月では悪化した形だが雇用者数・就業者数は前月大幅に増加しており、均してみれば雇用の拡大傾向が続いている。◆一般職業紹

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年12月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆労働力調査によると、2014年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下の3.4%となった。雇用者数は、前月差+49万人と3ヶ月ぶりに増加し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+43万人と3ヶ月ぶりの増加となった。今後、緩やかに景気拡大が続く中、雇用者数・就業者数は、増加基調が続く見込みだ。◆一般職業紹介状況によると、2014年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年11月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆労働力調査によると、2014年11月の完全失業率(季節調整値)は、前月から変化せず、3.5%となった。雇用者数は、前月差▲9万人と2ヶ月連続で減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲10万人と2ヶ月連続の減少となった。雇用者数・就業者数は、高水準の推移が続いているものの、増加基調に陰りが見えている。◆一般職業紹介状況によると、2014年11月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

最近の統計調査結果から-2014年11月分

 統計調査報告新規学卒者の離職状況(平成23年3月卒業者の状況)平成23年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内離職率は、大学32.4%(前年比1.4ポイント上昇)、短大等41.2%(同1.3ポイント上昇)、高校39.6%(同0.4ポイント上昇)、中学64.8%(同2.7ポイント上昇)となった。(注)事業所からハローワークに対して、雇用保険の加入届が提出された新規被保険者資格取得者の生年月日、資格取得加入日等、資格取得理由から各学歴ごとに新規学校卒業者と推定される就職者数を算出し、更にその離

グラフで見る和歌山県経済指標(2014年11月分)

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp グラフで見る和歌山県経済指標(平成26年11月)内閣府の月例経済報告(11月25日公表)では、日本国内の「景気は、緩やかな回復基調が続いている」との基調判断を据え置いたが、消費者マインドの弱含みを受けて、「個人消費などに弱さが見られる」との文言が加えられた。需要面(全国)に関しては、消費者マインドの

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月雇用統計ヘッドラインほどには内容は良くない ◆労働力調査によると、2014年10月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下し、3.5%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が改善しているが、内容はそこまで良くない。雇用者数は、前月差▲20万人と大幅に減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲11万人と3ヶ月ぶりの減少となった。これまで増加が続いてきた雇用者

国内の人材市場動向数値 (建設業界編) 2014年11月まとめ

国内の人材市場動向数値 (建設業界編) 11月まとめ ヒューマンタッチ ヒューマンホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤朋也)の事業子会社で、人材紹介・エンジニア派遣・行政自治体向けアウトソーシング事業などを行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸)は、このたび、最新の人材市場に関する公的データをまとめたレポート 『ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2014年11月』 を発表しました。今回から、建設業に特化した人材関連の

2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年9月) ~雇用者数は増加持続も、求人は頭打ち~

Economic Indicators~雇用者数は増加持続も、求人は頭打ち~定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2014年9月)発表日:2014年10月31日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 新家 義貴 TEL:03-5221-4528(%) 5.65.4 5.2 5 4.8 4.6 4.4 4.2 4 3.8 3.6 3.40.5 0.7 0.6 0.9 0.8 1.1 1完全失業率(季節調整値)(倍) 1.2求人倍率の推移 (季節調整値) 有

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年9月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月雇用統計内容は悪くないが、雇用環境の改善ペースは鈍化傾向 2014年10月31日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年9月の完全失業率(季節調整値)は、前月から+0.1%pt上昇し、3.6%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が悪化しているが、内容はそれほど悪くない。雇用者数は、前月差+20万人と大幅に増加し、増加傾向が続いている

2014年10月17日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10月度 ヒューマンタッチ総研 Monthly Report

ヒューマンタッチ総研 Monthly Report2014 年 10 月1. 今月の概況 ◆8 月の完全失業率は 月の完全失業率は 3.5% 3.5% と 3 カ月ぶりに改善、有効求人倍率 カ月ぶりに改善、有効求人倍率は 、有効求人倍率は 1.10 倍で横ばい総務省が発表した労働力調査 2014 年 8 月分(2014 年 9 月 30 日発表)によると、8 月の完全失業率(季節調整値) は 3.5%で前月から 0.3 ポイント低下し、3 カ月ぶりの改善となった。 完全失業者数は 231 万人(

雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも

雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から0.3ポイント低下の3.5%・企業の求人意欲に陰りも総務省が9月30日に公表した労働力調査によると、14年8月の完全失業率は前月から0.3ポイント低下の3.5%となった。労働力人口が前月から9万人の減少となる中、就業者数が前月から9万人増加したため、失業者数が前月に比

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年8月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年8月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.3%pt低下し、3.5%となった。失業率は6月、7月と上昇が続き雇用環境の改善に足踏みが見られていたが、前2ヶ月の失業率の悪化を取り戻した格好である。雇用者数は前月差▲7万人と4ヶ月ぶりに減少したものの、自営業主・家族従業者の増加により、就

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(8/20~9/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎永井 寛之◆7月の企業関連の指標は、緩やかな持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲0.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+3.5%と2ヶ月連続で増加。先行きは、輸出の増加が生産を下

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は地方経済回復の証し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 80年代末の土地バブルの頃、労働需給が逼迫し、人手不足にいかに対処すべきかが盛んに議論されていた。中小企業の人手不足倒産が社会問題となり、テレビの討論番組では移民を受け入れるべきかどうかを巡って激論が交わされていたことを思い出す。あれから20数年がたち、再び人手不足が問題となっている。図表1は、雇用環境が急速に改善した北海道、青森県、高知県、沖縄県の有効求人倍率の推移を表している。6月の時点で青森では

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年6月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月雇用統計失業率は10ヶ月ぶりの上昇だが、雇用環境は改善基調 2014年7月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年6月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.2%pt上昇し、3.7%となった。失業率の上昇は2013年8月以来、10ヶ月ぶり。雇用者数は前月差+14万人と2ヶ月連続で増加したものの、自営業主・家族従業者が減少したことで就業

雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続

雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は10ヵ月ぶりに悪化も、内容は悪くない・有効求人倍率は22年ぶりの高水準総務省が7月29日に公表した労働力調査によると、14年6月の完

2014年7月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

増えにくい若者の労働需要 ~バブル崩壊以降、最高の有効求人倍率の陰で~

増えにくい若者の労働需要 ~バブル崩壊以降、最高の有効求人倍率の陰で~

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年5月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月雇用統計就業者数の大幅な増加が失業率を押し下げ ◆2014年5月の完全失業率(季節調整値)は3.5%となり、前月から0.1%pt低下した。失業者数は前月差▲3万人と減少するなか、就業者数は同+35万人と増加した。非労働力人口は同▲30万人と減少した。労働需給が極めてタイトな状況のなか、失業者数が減少し、就業者数が大幅に増加しており、良好な結果であった。◆2014年5月の有効求人倍率(季節調整値)は

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から0.1ポイント低下の3.5%・雇用情勢は改善傾向が継続総務省が6月27日に公表した労働力調査によると、14年5月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下し3.5%となった。労働力人口が前月から35万人の増加となる中、就業者数も35万人増加し、失業者数は前月に比べ3万人の減少となった。労働市場への参加者が増える中でも失業

2014年6月3日土地総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

就業地別の有効求人倍率の公表

就業地別の有効求人倍率の公表

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年4月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2014年4月の完全失業率(季節調整値)は3.6%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月と同水準、就業者数は前月差▲23万人と減少、非労働力人口は同+22万人と増加した。◆2014年4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求人数が増加する中、有効求職者数は減少した。有効求人倍率に先行する新規求人倍率は1.64倍となり、前月から0.02pt低

2014年5月6日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度の「就業地別の求人数を用いた有効求人倍率」について

平成25年度の「就業地別の求人数を用いた有効求人倍率」について

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年3月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2014年3月の完全失業率(季節調整値)は3.6%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月差+3万人、就業者数は同+14万人と増加した。非労働力人口は前月差▲18万人と減少した。◆2014年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.07倍と前月から0.02pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月から減少した。有効求人倍率に先行する新規求人倍率は1.66倍となり、前月から0.01

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から横ばいの3.6%・4月以降は雇用情勢の改善が足踏みとなる可能性も総務省が5月2日に公表した労働力調査によると、14年3月の完全失業率は前月から横ばいの3.6%となった。労働力人口が前月から15万人の増加となる中、就業者数が14万人増とそれを若干下回る増加となったため、失業

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年2月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月雇用統計就業者数の増加が失業率を押し下げており、極めて良い内容。 ◆2014年2月の完全失業率(季節調整値)は3.6%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月差▲9万人の減少、就業者数は同+13万人と増加した。非労働力人口は前月差▲4万人と減少した。◆2014年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.05倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月か

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・需要不足失業はほぼ解消・足もとの労働市場は前回の増税前よりもかなり良好総務省が3月28日に公表した労働力調査によると、14年2月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下の3.6%となった。労働力人口が前月から3万人の増加となる中、就業者数が13万人増とそれを上回る増加となったため、失業者数は前月に比べ9万人の減少となった。また、失業者の内

2014年3月25日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

急回復する地方の有効求人倍率

急回復する地方の有効求人倍率

雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず

雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から横ばいの3.7%・新規求人倍率はリーマン・ショック前のピークに並ぶ総務省が2月28日に公表した労働力調査によると、14年1月の完全失業率は前月から横ばいの3.7%となった。労働力人口が前月から34万人の減少となる中、就業者数も30万人減少したため、失業者数は前月に比べ2万人減とほぼ変わらなかった。失業率

2014年2月28日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

求人倍率についての分析です。

平成25年の有効求人倍率と過去との比較

平成25年の有効求人倍率と過去との比較

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年1月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月雇用統計完全失業率は横ばいも就業者数は大幅減 ◆2014年1月の完全失業率(季節調整値)は3.7%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月差▲2万人、就業者数は同▲30万人と減少した。非労働力人口は前月差+33万人と増加した。◆2014年1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.04倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月から増加した。有効求人倍率に先行す

2014年2月21日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

北海道の有効求人倍率の特徴について

北海道の有効求人倍率の特徴について

雇用関連統計13年11月~有効求人倍率は6年1ヵ月ぶりの1倍台

雇用関連統計13年11月~有効求人倍率は6年1ヵ月ぶりの1倍台 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年11月~有効求人倍率は6年1ヵ月ぶりの1倍台 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は前月から横ばいの4.0%・有効求人倍率は6年1ヵ月ぶりの1倍台総務省が12月27日に公表した労働力調査によると、13年11月の完全失業率は前月から横ばいの4.0%となった(QUICK集計・事前予想:3.9%、当社予想は4.0%)。労働力人口が前月から20万人の増加となる中、就業者数が23万人増とそれ

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月雇用統計建設業の就業者数が3ヶ月連続で増加 ◆2013年10月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月から3万人の増加、非労働力人口は同16万人の減少となった。就業者数は前月から8万人増加した。10月の有効求人倍率(季節調整値)は0.98倍と前月から0.03pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月ぶりに前月から減少、有効求人数は13ヶ月連続の増加と

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年9月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年9月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月から9万人の減少、非労働力人口は同9万人の減少となった。就業者数は前月から19万人増加した。9月の有効求人倍率(季節調整値)は0.95倍となり前月と同水準であった。内訳を見ると、有効求職者数は4ヶ月ぶりに前月から増加、有効求人数は12ヶ月連続の増加となった。有効求人倍率に先行する新規求人倍率は1.5

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・失業率は0.1ポイント低下の4.0%・製造業の新規求人数が大幅増加総務省が10月29日に公表した労働力調査によると、13年9月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下し4.0%となった。労働力人口が前月から11万人の増加となる中、就業者数が19万人増とそれを上回る増加となったため、失業者数は前月に比べ9万人の減少となった。雇用者数

2013年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢

雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・改善が続く雇用情勢・製造業の新規求人数は減少が続く総務省が6月28日に公表した労働力調査によると、13年5月の完全失業率は前月から横ばいの4.1%となった(QUICK集計・事前

2013年6月30日厚生労働省フィードバック数:6キャリアとスキル

求職者の重複を除いた有効求人倍率(試算)

求職者の重複を除いた有効求人倍率(試算)

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・改善する雇用情勢・3%台の失業率が視野に入る総務省が5月31日に公表した労働力調査によると、13年4月の完全失業率は前月から横ばいの4.1%となった。労働力人口が前月から6万人の増

2013年5月1日厚生労働省★フィードバック数:3キャリアとスキル

都道府県別の数字です。

就業地別の有効求人倍率(試算)

就業地別の有効求人倍率(試算)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ