「有権者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月19日Twitter★★フィードバック数:0社会/政治

2016年 #参院選 を振り返って

第24回参議院議員通常選挙は与党の自民党・公明党が改選過半数を大幅に上回るという結果で終わりました。今回の選挙においてTwitter上でどのような議論やトピックがなされたのか振り返った結果をご紹介いたします。Twitterで話題になった政党 選挙期間中、Twitterで話題になっていた上位三政党は「自民党」「民進党」「共産党」でした。期間中に各政党についてツイートした方が、各政党について何回ツイートしているかを調べてみました。1人平均9回以上ツイートされている政党もあれば、3回程度の政党もあった

ネット時代に生きる10代有権者の意識調査

「Ameba」がネット時代に生きる10代有権者の意識調査を実施 候補者・政策の情報収集において 「ブログやTwitterなどのソーシャルメディアは有用」 60%超が回答ブログでの言葉遣い、コメント欄への反応、Twitterでの検索結果など、“10代有権者”ならではの情報収集術とは 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」のブログサービス「アメブロ」では、2016年7月10日(日)に投開票される参議院選挙に

2016年5月30日GMOメディアフィードバック数:0社会/政治

プリキャンティーンズラボ 選挙に関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「選挙に関する調査」を実施 〜ティーンの有権者約半数が選挙へ行くことに前向き〜GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ()」は、10代の女の子を対象に「選挙に関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ 選挙に関する調査■ 調査対象10代女子■ 調査期間2016年4月28日〜2016年5月9日

2015年5月6日日本青年会議所フィードバック数:0社会/政治

憲法についての意識調査

全国一斉!有権者意識醸成プロジェクト アンケート調査結果 2015年5月3日 全国一斉!有権者意識醸成プロジェクト アンケート調査結果 5月3日公益社団法人 日本青年会議所 憲法論議推進委員会全国一斉!有権者意識醸成プロジェクト アンケート調査結果日本青年会議所が、47都道府県で10,913名に憲法についての意識調査を実施 憲法について、「まずは議論をつくすべき」との回答が約半数! 憲法について、今こそ考えようという国民の意識の高まり! 「憲法について、どのようにすべきと考えるか」という問い

2015年1月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易自由化実現のための補償措置は支持されるのか?―調査実験による実証分析―

ノンテクニカルサマリー 貿易自由化実現のための補償措置は支持されるのか?―調査実験による実証分析―このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度) 「FTAの経済的影響

2015年1月9日インターネットコム★フィードバック数:0社会/政治

選挙において影響の大きかった媒体を聞いています。

ネット選挙の総括、各媒体のうち投票で最も有効だったのは新聞、ネット活動のなかでは各党ホームページ

ネット選挙の総括、各媒体のうち投票で最も有効だったのは新聞、ネット活動のなかでは各党ホームページ 昨年の衆議院選挙で、有権者との新しいタッチポイントとして各政党や候補者が活用を本格化したインターネット選挙。インターネットコムと NTT コムリサーチでは「インターネット選挙運動」に関する調査を行った。 昨年12月2日から14日までおこなわれた衆議院選挙の運動期間で、インターネットを活用した政治活動が再び注目を浴びた。有権者との新しいタッチポイントとして、各政党や候補者が本腰をいれて活用を始めて

2014年12月15日ステージグループ★フィードバック数:0社会/政治

ネット選挙についての調査です。

インターネット選挙運動についての調査

インターネット選挙運動についての調査、ネット上の公式情報が「参考になる・・85%」、SNS活用に「好感が持てる・・50%」法人向けウェブ制作の『オールインターネット』(運営:ステージグループ/東京都)が、第47回衆議院議員総選挙を機に、インターネット選挙運動に関する調査を実施。働く20代~50代が期待することは、他人の意見よりも正確な情報。ブログ・SNS活用では、全年代の50%以上が「好感が持てる」と回答する結果に。インターネット選挙運動についての調査、ネット上の公式情報が「参考になる・・85%

2014年12月15日Twitter★フィードバック数:0社会/政治

Twitterのまとめです。

2014年 #総選挙 を振り返って

第47回衆議院選挙が終わりました。地域によっては大雪に見舞われながらも、多くの方が投票所に足を運んだ今回の選挙。結果、与党の自民党と公明党あわせて300議席を超える議席を獲得して勝利しました。選挙期間中の総ツイート数選挙期間中、Twitter上では候補者や政党に関する様々な情報が飛び交い、政策を巡る活発な議論が起こっていました。12月2日の公示日から12月14日の投票日まで総選挙関連のキーワードを含む総ツイート数は1,310万ツイートでした。Twitterで話題になった政党期間中のツイートを振り

2014年11月29日日経BPフィードバック数:0社会/政治要登録

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数電撃解散、有権者はこう見る※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  「アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか。それを問う選挙だ」。11月21日、安倍晋三首相は衆院解散後の記者会見で今回の選挙を、自身の経済政策を継続するか否かが最大の争点であると強調した。 消費再増税の延期をきっかけに「国民に信を問う」として突然の解散・総選挙に踏み切った安倍首相。第2次安倍政権発足後の中間評価とこの選挙を位置付ける構えだ

2014年11月27日エルテス★フィードバック数:0マーケティング

ネット選挙、ソーシャルメディアについての調査です。

ネット選挙における有権者の利用意向調査~ソーシャルメディアの影響力~

NEWSネット選挙における有権者の利用意向調査 ~ソーシャルメディアの影響力~Webリスクマネジメントサービスを提供する株式会社エルテス(本社:東京都港区、代表取締役:菅原貴弘)は、2014年12月に予定されている衆議院選挙を前に、有権者(全国の20歳~60歳の男女1,090名)を対象に、選挙情報に関するネット利用意向調査を行いました。[調査方法]調査対象 :20代~60代の有権者1,090名調査方法 :インターネット調査(NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションを利用)調査期間 :

2014年10月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中間選挙が示唆する米国の論点~そして2016年大統領選挙への扉が開く~

みずほインサイト米 州2014 年 10 月 17 日中間選挙が示唆する米国の論点欧米調査部そして 2016 年大統領選挙への扉が開く03-3591-1307部長安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 米国で議会中間選挙の投票日が近付いてきた。変化を求める有権者の期待は、2016年の大統領選挙に持ち越されそうな雲行きである○ 2016年にかけて米国政治の通奏低音となりそうなキーワードとして、安保・経済等でのSecurity(安全)や、政府を堅実に運営するCompet

2014年10月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国中間選挙の行方は、もやもやだ

リサーチ TODAY2014 年 10 月 2 日米国中間選挙の行方は、もやもやだ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国の今年11月4日に予定される議会中間選挙は、共和党・民主党いずれの政党にも強い追い風が吹かないままにある。現在の戦況のまま推移した場合、たとえ共和党が上下両院を制したとしても、躍進とまでは言えない結果だろう。報道機関の見通しは「共和党が上下両院で議席を増やす」という点では一致している。多数党の行方について、下院では共和党が多数党を維持するとの見方は揺るがない。上院では拮

2014年2月14日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

投票後の調査です。

第15回政治山調査「2014年東京都知事選挙に関する意識調査2」

第15回政治山調査「2014年東京都知事選挙に関する意識調査2」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2014年2月14日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第15回政治山調査「2014年東京都知事選挙に関する意識調査2」を発表~ 支持政党別、年代別、職業別など、各候補者に投票した有権者を徹底分析 ~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード38

2014年2月2日NHK★フィードバック数:0社会/政治

政治意識調査の分析です。

自民大勝の背景と有権者の受け止め方

自民大勝の背景と有権者の受け止め方~「参院選後の政治意識・2013」調査から~第23回参議院選挙では自民党が大勝し、非改選を含めて与党が過半数を確保した。この結果、衆参のねじれが3年ぶりに解消された。選挙の2か月後に実施した世論調査の結果から、自民大勝の背景などについて分析する。▽安倍政権の経済政策について比例で自民党に投票した人の84%が『評価する』と答えるなど、自民党の勝利には経済対策への評価が大きく影響していた。▽今回初めて解禁されたインターネット選挙運動については、情報に触れなかったとい

2014年1月22日ドワンゴフィードバック数:0社会/政治

都知事選等に関するアンケート

PRESS RELEASE-niconicoネット世論調査「都知事選等に関するアンケート」に90万6千人が回答-●東京都の有権者:「脱原発」などの原発問題は都知事選の争点だと思うか「思わない」56.2%、「思う」21.9%、「どちらともいえない」21.9%●安倍首相の靖国参拝について妥当だと思うか「思う」62.7%、「わからない」19.2%、「妥当だと思わない」18.1%株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ2014年1月21日 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株

2014年1月19日(個人)★フィードバック数:0社会/政治

「Chikirinの日記」のアンケートです。

都知事選に関する緊急アンケート

社会派ブログとして人気の「Chikirinの日記」が、ブログの読者らを対象に都知事選に関する緊急アンケートを行った。3日間で 1773名から回答があり、うち 743名は今回の都知事選の有権者である。ただし非有権者の 1030名の中にも、昼間は都内で働いているなど、「投票権はないけれど、都の運営には直接的な影響を受ける」層が、含まれると考えられる。最初の質問は、「現在、立候補している候補者の中に支持したい候補者がいますか?」<有権者の回答><非有権者の回答>既に多くの候補者が立候補表明をしているが

2013年9月30日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

政治山の調査です。

第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」

「政治山」、第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年9月30日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」を発表~ 賛否は拮抗、年収や内閣支持による相違が判明 ~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、2013年9月

2013年8月1日中央調査社フィードバック数:16社会/政治

政治変動期の団体政治 ―主要団体リーダーによる歴代政権評価の分析―

■「中央調査報(No.669)」より ■ 政治変動期の団体政治―主要団体リーダーによる歴代政権評価の分析― 久保 慶明(筑波大学・助教)辻中豊(筑波大学・教授)1.社会の視点から政治を捉えるために2009年8月、民主党を中心とする連立政権が誕生した。これにより、1990年代以降政治改革を進めてきた日本は、その目標の一つであった選挙による政権交代を実現した。しかし、民主党は2012年の衆院選で敗北し、自民党と公明党が再び政権の座に就いた。有権者は2つの衆院選で続けて政権を交代させることになった。2

2013年8月1日NHK★フィードバック数:3社会/政治

2013年3月の調査です。

再び政権交代を選択した有権者の意識

再び政権交代を選択した有権者の意識~「衆院選後の政治意識・2013」調査から~第46回衆議院選挙は、戦後最低の投票率を記録する中、自民党の圧勝という結果となり、民主党から自民党へ再び政権が交代した。選挙の2か月後に実施した世論調査の結果から、政権交代を再度もたらした有権者の政治意識を過去の調査結果も活用して分析する。「投票で重視したこと」(複数回答)は、「候補者や政党の政策(34%)」「政権担当能力(32%)」が多く、比例で自民に投票した人では特に「政権担当能力」が56%と半数を超えている。今回

2013年7月30日パイプドビッツ★フィードバック数:1社会/政治

ネット選挙の振り返りです。

第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」

「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年7月29日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表~ネット選挙解禁、有権者の利用はまだ限定的、ネット投票できず期待外れとも~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証

2013年7月3日Jetrunテクノロジフィードバック数:0社会/政治

都議選のカキコミに関する調査

2013年7月3日選挙事務所向けにビッグデータから「有権者の声のみを抽出したレポート」を提供 Jetrunテクノロジ株式会社(ジェットランテクノロジ 東京都港区 代表取締役社長:野武 浩、以下Jetrun )ではかねてよりネット選挙に関する問い合わせや相談が多く寄せられており、それを受けて有権者の意見がより取り入れられる公正な選挙の実施を目的とし、選挙事務所向けにビッグデータから有権者の声を抽出したレポートとして、「ポストレポート・ハイパー(ポスレポ・ハイパー)」を期間限定で提供する。概要 ネ

SNSでつながりたいかどうかは別問題かもしれません。

Facebookユーザーに聞く ネット選挙に関する意識調査

Facebookユーザー4,000人に聞いた「ネット選挙に関する意識調査」 ~57%が「友達の『いいね!』や『シェア』の影響で投票先が変わる可能性がある」と回答86%が「政党や政治家のFacebook活用で政策を知るきっかけが増える」、 38%が「Facebookで選挙活動の情報を受け取りたい政党がある」 ~Facebookがネット選挙運動に与える影響が浮き彫りに~2013年06月27日 ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社

2013年3月19日アイレップ★フィードバック数:10社会/政治

情報源にフォーカスしています。

有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査

アイレップ デジタルマーケティング レポート 有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査 ネット選挙解禁で、情報収集にネットを活用する有権者が8割に! ~SNSを活用して候補者・政党と関わっていきたい有権者は約3割 候補者・政党からのメールを受け取りたい有権者は約1割 検索エンジンによる検索結果上位20件が選挙に影響する可能性大~この記事をシェアするTweet プレスリリース 平成25年3月18日株式会社アイレップJASDAQ(証券コード:2132) 広告主のマーケティングを最適化

2010年7月12日言論NPOフィードバック数:30社会/政治

2010年参議院選挙 候補者アンケート

2010年参議院選挙 候補者アンケート 候補者の回答内容を選挙区・比例区ごとに全て公開します  私たち言論NPOでは、日本の政治が、この国が抱える課題の解決に取り組み、未来に向かって競争を始めてほしいとの考えから、今回の選挙の立候補者に対して以下のアンケートを行うことといたしました。代表的な候補者約200名から回答を得ることができ、その全結果を公開いたします。⇒比例区のアンケート結果はこちら 言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。寄付をする Facebookアカウントでコ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ